DISK SHOP MISERY
新入荷
再入荷
RECOMMEND
セール商品
すべての商品を見る
IMPORT
PUNK/OI
HARD CORE/CRUST
OLD/NEW SCHOOL
EMOTIONAL
CHAOTIC
MELODIC/POP PUNK
ROCKA/PSYCHOBILLY
ALTERNATIVE/ROCK etc
SKA/REGGAE
GARAGE
DOMESTIC
PUNK/OI
OLD/NEW SCHOOL
HARD CORE/CRUST
MELODIC/POP PUNK
SKA/PSYCHOBILLY
ROCK/ALTERNATIVE
EMOTIONAL
GARAGE
CLUB MUSIC
TシャツGOODS
DISC SHOP MISERY
電話 082-241-0782
FAX 082-241-0782
広島県広島市中区袋町2-7 プレイグラウンドビル2F
BLOODSUCKER recordsの商品は
これまでどおり消費税はいただきません
HOME About US
アーティスト頭文字検索(serach by Initial)
数字 日本語
トータル件数:418件1-25次の25件

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17

全件数は(total records)418です。 全ページ数は(pages)17です

DOMESTIC:MELODIC/POP PUNKカテゴリの中から表示中

DOMESTIC:MELODIC/POP PUNKのなかから検索します

    で のものを
写真 買物カゴ アーティスト名 アルバム名 値段 メディア コメント
DAIEI SPRAYBehind The Wall
3月13発売!
1800円CD2004年青森にて結成、2008年に東京に拠点を移し活動する「DAIEI SPRAY」の現在着地点、永き制作期間にて完成されたフルアルバムがDEBAUCH MOODとバンド主催SAKANADE RECORDSの共同リリースにてドロップ!
幾許のバンドがその存在に思い焦がれるHüsker Dü、Naked Raygun、Dag Nastyからの「影響」「音楽的過程」を昇華し80年代後期〜90年代初頭までのPost/Emotional Hardcore Punk、Alternative Rockへ移行する前段階に存在したUS Hardcore Punk/Punkバンド群の味わい・突然変異性を「日本的解釈」(とはいってもかなり濃い個性でまとめられた)にて今に凝固させた「壁」的音源となっている。
収録曲、何故か謎のVoodoo教現地録音の切り抜きから口火は切られ、一気にうねり叩きつけられる楽曲は立て続けに連続。以前よりもアダルト的な落ち着きと爆発力が共存する各楽曲は「独特の渋み」と奇妙な「愛嬌」すら在り、大胆なアレンジ〜コーラスの入れ込みに至るまで絶妙な意図を持ち進む。各メンバーの持ち合わせる灰汁を魅力的に光らせる見せ場がそれぞれ用意され、一筋縄では終わらせない展開の作りから、パワーバンド然としたロッキンなナンバー、持ち前の疾走トラックや情報量多きリリックを衝撃的に編み込む挑戦、メロウ且つ枯れたソングスなど含めバリエーション多くアルバムは構築されている。
当然にバンドとして根をはるVerbal Assault、American Standard、Swizよろしくな基本要素はより中間期7 SecondsやHonor Roleの展開性に近くグルグルとうねらせ、一般的なUSバンドへの解釈とは別軸の形を感じ取る探求と拘りは非常に興味深く響く。Lemonheads、Cinecyde 、Moving Targets等の弦楽器感覚はPUNKとしてのR&R要素も重点として置かれながら誇示され、「作曲」としての根幹に燻され枯れた感情性と切なさも注ぎ込まれていく。
各メンバー、随所に切り込む各弦楽器隊が引率するアレンジ力は成せられるべき技として大々的に披露され、毎回自由度を思わせるお馴染みのGt痛快感は今作でも当然最高に健在し、研究度の高いキラーさの入り込み方はやはり彼の表現ならでは。PUNKファン観点からHARD ROCKの要所をピックアップするかのセンス含め本当に感服させられる。Baの充実感も筆舌に尽し難く、展開を舐め回すようにある種グラマラス且つ畳み掛ける楽曲のテンションを引き上げる極めて音楽的なプレイは、実際の演奏する画を思い浮かべられるほどに曲の存在を際立て、バンドに立体感を与える。特に楽曲の流れを作り出しているのは彼のベース奏法に他ならない。上記2名の強烈な個性をまとめ上げる骨として、確実に安定感と細やかな攻めを随所随所で演出する土台としてのDrの力は非常に大きい。それはバンドの厚みある楽曲を実現する為の柱として、全てを整合させる大きな役割を示している。一打一打にバンドを乗せる輝きあるドラミングだという印象が強い。
そして重要中の重要、バンドの核であるVoの全体的なバリエーションを独自な歌唱として紐づける存在感は、とにかく語感と韻を強すぎず滑らかに踏み込む手法にて、この東の終わりの土地に存在するバンドとしての独創性に拍車をかけていく。
場面場面で上ずる箇所や情熱的に増強させる喉は歌詞と合わせ聴くことにより脳汁が出るような面白さがあり、タフ且つある意味詩人的に様々な観点の内容意味を含み進むその白昼夢感は、唾棄すべき権力側(人から与えられた権威を傘に似非国粋主義ごっこを楽しむブルジョワの屑共、一方的な意識統一の夢想に酔った屑共、罪悪感の放棄と矜持を履き違える屑共、金の亡者)白痴共に対する批判性さえも含まれるように読める。かと思えばポジティブな心象の表現などが入り混じるなど、リリックがとぐろを巻くような面白さは非常に今作の肝となっている。その文字列詰まり追う事で認識できる喜びが用意されている感触は、地続きな歌謡感的塩梅の手段に則りながらも「明らかに違う何か」として響かせる日本のオルタナティブバンドとしての一つの形となり披露される。(くどいが歌詞読みながら聴くことを推奨)
このバンドが今までに愛して愛して愛し抜いた当時の音楽達は、その産まれた経緯を踏襲され、「情報量の多すぎる追求作」と「独自の自由度」が入り混じる怒涛の新作を制作する上でのヒントとなった。時代の波や流行の変化とは別軸に行き、信じる音楽を演り続けるライブバンドの底意地は温故知新の枠よりも一段階上のメロディックなパンクロックを形作る。パンク天国への階段がいくつかあるとするならば、今作はその内の数段にあたる音源だと思える筈だ。
■DAIEI SPRAY:青森にて結成。2008年頃に拠点を東京に移してからの活動は長きに渡り、現メンバー体制はVo.YAGI、Gt.KYOSUKE、Ba.ONODERA、Dr.SAITO3の4名となる。(KYOSUKEは青森期からDAWNのGtでもあり[現在活動休止中]、ONODERAは現SODOM、DEATHROでのGt。SAITO3はREDNECKS、FIFTHWHEEL etc..のDrでもある...)その濃い布陣にて怒涛のライブは重ねられ、「正統派バンド」としての魅力を誇示。満を持してリリースされた前作名盤『ISN'T BRAZING(10")』のヒットから多くの支持母体は獲得され、熱量溢れるヒーロー感すらも伴うように我々の眼前にバンドの存在は燃え上がった。その活動は充実の直近3年間の出来事であり、その後もバンドの深化は止まらず、新たな楽曲濃厚度を求め肥大した創作意欲は「作曲」として音源制作に舵を切られ今に至る。
DAIEI SPRAYBehind The Wall
3月13発売!
2400円LP+CD2004年青森にて結成、2008年に東京に拠点を移し活動する「DAIEI SPRAY」の現在着地点、永き制作期間にて完成されたフルアルバムがDEBAUCH MOODとバンド主催SAKANADE RECORDSの共同リリースにてドロップ!
幾許のバンドがその存在に思い焦がれるHüsker Dü、Naked Raygun、Dag Nastyからの「影響」「音楽的過程」を昇華し80年代後期〜90年代初頭までのPost/Emotional Hardcore Punk、Alternative Rockへ移行する前段階に存在したUS Hardcore Punk/Punkバンド群の味わい・突然変異性を「日本的解釈」(とはいってもかなり濃い個性でまとめられた)にて今に凝固させた「壁」的音源となっている。
収録曲、何故か謎のVoodoo教現地録音の切り抜きから口火は切られ、一気にうねり叩きつけられる楽曲は立て続けに連続。以前よりもアダルト的な落ち着きと爆発力が共存する各楽曲は「独特の渋み」と奇妙な「愛嬌」すら在り、大胆なアレンジ〜コーラスの入れ込みに至るまで絶妙な意図を持ち進む。各メンバーの持ち合わせる灰汁を魅力的に光らせる見せ場がそれぞれ用意され、一筋縄では終わらせない展開の作りから、パワーバンド然としたロッキンなナンバー、持ち前の疾走トラックや情報量多きリリックを衝撃的に編み込む挑戦、メロウ且つ枯れたソングスなど含めバリエーション多くアルバムは構築されている。
当然にバンドとして根をはるVerbal Assault、American Standard、Swizよろしくな基本要素はより中間期7 SecondsやHonor Roleの展開性に近くグルグルとうねらせ、一般的なUSバンドへの解釈とは別軸の形を感じ取る探求と拘りは非常に興味深く響く。Lemonheads、Cinecyde 、Moving Targets等の弦楽器感覚はPUNKとしてのR&R要素も重点として置かれながら誇示され、「作曲」としての根幹に燻され枯れた感情性と切なさも注ぎ込まれていく。
各メンバー、随所に切り込む各弦楽器隊が引率するアレンジ力は成せられるべき技として大々的に披露され、毎回自由度を思わせるお馴染みのGt痛快感は今作でも当然最高に健在し、研究度の高いキラーさの入り込み方はやはり彼の表現ならでは。PUNKファン観点からHARD ROCKの要所をピックアップするかのセンス含め本当に感服させられる。Baの充実感も筆舌に尽し難く、展開を舐め回すようにある種グラマラス且つ畳み掛ける楽曲のテンションを引き上げる極めて音楽的なプレイは、実際の演奏する画を思い浮かべられるほどに曲の存在を際立て、バンドに立体感を与える。特に楽曲の流れを作り出しているのは彼のベース奏法に他ならない。上記2名の強烈な個性をまとめ上げる骨として、確実に安定感と細やかな攻めを随所随所で演出する土台としてのDrの力は非常に大きい。それはバンドの厚みある楽曲を実現する為の柱として、全てを整合させる大きな役割を示している。一打一打にバンドを乗せる輝きあるドラミングだという印象が強い。
そして重要中の重要、バンドの核であるVoの全体的なバリエーションを独自な歌唱として紐づける存在感は、とにかく語感と韻を強すぎず滑らかに踏み込む手法にて、この東の終わりの土地に存在するバンドとしての独創性に拍車をかけていく。
場面場面で上ずる箇所や情熱的に増強させる喉は歌詞と合わせ聴くことにより脳汁が出るような面白さがあり、タフ且つある意味詩人的に様々な観点の内容意味を含み進むその白昼夢感は、唾棄すべき権力側(人から与えられた権威を傘に似非国粋主義ごっこを楽しむブルジョワの屑共、一方的な意識統一の夢想に酔った屑共、罪悪感の放棄と矜持を履き違える屑共、金の亡者)白痴共に対する批判性さえも含まれるように読める。かと思えばポジティブな心象の表現などが入り混じるなど、リリックがとぐろを巻くような面白さは非常に今作の肝となっている。その文字列詰まり追う事で認識できる喜びが用意されている感触は、地続きな歌謡感的塩梅の手段に則りながらも「明らかに違う何か」として響かせる日本のオルタナティブバンドとしての一つの形となり披露される。(くどいが歌詞読みながら聴くことを推奨)
このバンドが今までに愛して愛して愛し抜いた当時の音楽達は、その産まれた経緯を踏襲され、「情報量の多すぎる追求作」と「独自の自由度」が入り混じる怒涛の新作を制作する上でのヒントとなった。時代の波や流行の変化とは別軸に行き、信じる音楽を演り続けるライブバンドの底意地は温故知新の枠よりも一段階上のメロディックなパンクロックを形作る。パンク天国への階段がいくつかあるとするならば、今作はその内の数段にあたる音源だと思える筈だ。
■DAIEI SPRAY:青森にて結成。2008年頃に拠点を東京に移してからの活動は長きに渡り、現メンバー体制はVo.YAGI、Gt.KYOSUKE、Ba.ONODERA、Dr.SAITO3の4名となる。(KYOSUKEは青森期からDAWNのGtでもあり[現在活動休止中]、ONODERAは現SODOM、DEATHROでのGt。SAITO3はREDNECKS、FIFTHWHEEL etc..のDrでもある...)その濃い布陣にて怒涛のライブは重ねられ、「正統派バンド」としての魅力を誇示。満を持してリリースされた前作名盤『ISN'T BRAZING(10")』のヒットから多くの支持母体は獲得され、熱量溢れるヒーロー感すらも伴うように我々の眼前にバンドの存在は燃え上がった。その活動は充実の直近3年間の出来事であり、その後もバンドの深化は止まらず、新たな楽曲濃厚度を求め肥大した創作意欲は「作曲」として音源制作に舵を切られ今に至る。
60'whalesOutside The Territory1500円CD※在庫切れです※
・横浜のメロディック・パンク界のスーパー・グループと言われる男女ツインボーカル「60’WHALES」1stフル・アルバム!メロディック・パンクだけでなく90sUSオルタナティヴの香りも感じさせる作品!
昨年、新メンバー村井(from FROTRIP)を迎え入れ5人編成となり、ベース/ボーカルだったHAGAはキーボード/ボーカルへとシフトし、鍵盤サウンドが増えたことにより歌とサウンドにも広がりを見せながら、よりポップなサウンドに仕上がった。PIGEON、MAKEWONDER、SEA OF TIMEと耳に残る特徴的な歌声を聞かせてきたオーノ(AKI)の女性ボーカル、ZERO FASTでもみせた熱くガムシャラで男っぽさバリバリのHAGAの男性ボーカル、この2人のコントラストも鮮やか。哀愁メロディックあり、激熱メロディックパンクあり、じんわり染みるエモいメロディック〜インディロック/ オルタナティヴありと、幅広いアプローチも感じさせる。 今作では一曲、HORROR MOUNTAINを迎え、打ち込みサウンドを取り入れVo.オーノ節の新境地も楽しめる!! スーパーチャンクの名曲"HYPER ENOUGH"のカヴァーも収録の全10曲!
収録曲:1. New Day Rising 2. Ready Go 3. Fuck The Media 4. Ferris Wheel 5. Like The Walking Dead 6. Walking Dead 7. Hyper Enough 8. Rebel For Fantasy 9. Two Little Stars 10. No
Dancebeachreason for the joke2273円LP+CD※including 8songs LP(同内容CD封入)
・ジャパニーズアンダーグラウンドシーンでも一際異彩を放つ、名古屋を代表するミュータントパンクロックバンド、Dancebeachの3rd、4thアルバム、2枚同時リリース!!
こちらは4thアルバムとなります!
“Less than TV”や、”HADRCORE KITCHEN”と言う日本を代表する名だたるレーベルからの数々の作品のリリース、THROAT RECORDSからの同郷”THE T.V. DINNERS”とのsplit7’EP、 Impulserecordsからも2nd album”solid,blast...and swinging emotions”を2012年にリリースし、満を持しての3rd、4th albumを2020年1月11日に同時解放!!
3rd albumは11曲収録のCD、4th albumは8曲収録のアナログレコード&同内容のCDとのセットとなります。
アートワークは3rd albumをTREMATODAのマロ氏が、4th albumはLOSTAGE/五味氏が担当し、両作品ともにそのカラーを色濃く打ち出しています!
レコーディングエンジニアとして、元山ツトム氏に両作品を手掛けていただき、より生々しい質感、ひりっとした空気感、Dancebeachの世界観、ライブ感を凝縮した作品に仕上がっています!
音楽的な説明が不要なほどオリジナルなDancebeachのサウンドですが、敢えて言うならshellac、Gang of Four、FUGAZI等を経由した、ソリッドかつ不穏な世界観、不協和音、強靭な グルーヴと崩壊、エモーショナルでありながらもどこか冷たさを感じさせる世界観、メンバーが吸収してきた圧倒的な量を誇る音楽世界が全て詰め込まれています。
世界中を見ても、類を見ない存在感と、音楽への愛情を感じさせるDancebeach、是非!!Dancebeachの新作に触れてみて下さい!

TRACK
A
1.セッション
2.或る夕暮れ
3.最後には笑う
4.領域
B
5.パンクは唄う
6.サラダデイズ
7.長距離奏者の孤独
8.宴の跡
SEVENTEEN AGAiN全然きにしない / タイムライン1500円7EP※7インチ+DLコード※LTD.500※
7月発売のSEVENTEEN AGAiN最新アルバム『ルックアウト』が好調の中、週末ごとの全国ツアーの合間を縫って録音された最新曲が早くもリリース!
2020年がバンドにとってビッグ・イヤーになるだろうことを予感させる強いメッセージを疾走感あふれるサウンドにのせたロック・ナンバー!
[■SEVENTEEN AGAiN]00年代中旬からボーカル、ギターのヤブソンを中心に活動を開始。
2009年に1stアルバム『Never Wanna Be Seventeen Again』をリリース、2012年には2nd『Fuck Forever』リリース。国内パンク・シーンにヒーロー不在の時期、彼らの世代の価値観でシーンを再構築するようにアンダーグラウンドなコミュニティーのネットワークを独自で広げながら活動。
2016年夏にベースの大澤とギターのウシが脱退、2017年1月にex フジロッ久(仮)のロッキーがベースで加入し新体制で活動再開。そのサウンドはパンクを軸にしながらもギター・ポップ、現行US、UKインディーから日本語のロックまで幅広い射程で捉える。彼らの世代が日常の生活の中で感じる矛盾や喜びや不安、葛藤までもロック・ミュージックとして昇華させるソング・ライティング、ステージでのメンバーのキャラクター、すべてがメッセージとなっている。
SEVENTEEN AGAiNの音楽とその活動がこれからのシーンの発火点であり指標となるだろう。
BEATSEEKERCENTER OF THE HEART1667円CD・静岡/浜松で活動中の女性ボーカルROCK'N' ROLL POP PUNK"BEATSEEKER"
前作より10年振り、現メンバーとしては初のフルアルバムが限定200枚でリリース!
疾走感溢れるROCK'N'ROLL PUNKにHEARTBREAKERS、80sJAPANESE GIRLS ROCK等の影響、融合を感じさせるサウンド! 歌良し!曲良し!かなりの傑作です!
収録曲:1. ROCK SHOW 2. CENTER OF THE HEART 3. MODERN BOY 4. LOOKER-ON 5. I WANT YOU TO SEE MY EYES 6. IF I COULD PLAY THE GUITAR 7. IMITATION P.P 8. CAT 9. DON'T BE ALONE! 10. SEVENTEEN 11. YOU
the PRACTICEFlowers in your dustbin1852円CD・2002年の結成以来、止まることなく福岡PUNKシーンのダーティー・メロディッ ク・サイドを支え続ける「the PRACTICE」。
6年ぶりとなる3rdアルバムは松田"CHABE"岳二の華麗なるエスコートによりなんとKiliKiliVillaから!!
Punkの地平、Rockの調和、Voice of a generarion、ラストめんたいとしての自負。 その全てを詰め込んだ本作では、よりソウルフルに歌い上げるボーカル、一層深みを増したオルガン、フラッシュバックしそうなギターサウンドでブリティッシュビー卜やOi!へのエチケットをも再確認。ベース、ドラムのリズム隊は一切の無駄を省いたスーパータイトゥンスタイルでバンドの骨格を支える。
何度目かのメンバーチェンジにより組織の若返りに成功した超フレッシュなメンバーで制作された本作は、お家芸であるClashyサウンドを基本にしたオリジナル現行クラシカル・パンクロック・ナンバー9曲と本家THE CLASHのカバーを収録!!
"Flowers in your dustbin"
心にごみ溜めを持ったすべての糞野郎共に花束を。
収録曲:1. FCPM ACAB 2. We Sing 3. Yuck Fou 4. Saints Of Degeneration 5. The Reason That We Run 6. 2017 7. Dudes Like You 8. Had A Hole 9. Otherwise 10. Charlie Don't Surf
BEYONDSThe World Changed into Sunday Afternoon2500円10EP※10インチ+ CD + DVD※
今年5月にリマスター再発した1st『UNLUCKY』は瞬時に完売、90年代のBEYONDSが残したもう一枚のマスター・ピースのアナログ・リマスター再発!
マスタリングは『UNLUCKY』と同じくPEACE MUSIC中村宗一郎が担当。
1993年、『UNLUCKY』リリース後にオリジナル・メンバーであった高杉大地が脱退、後任にBEYONDS解散後にPEALOUTを結成する岡崎善郎が加入。直後にはNukey Pikesと渋谷クアトロでツーマンを決行、その後サンフランシスコのギルマン・ストリートでのライブを含むアメリカ・ツアーを行う。本作はアメリカ・ツアー出発前に録音され、BEYONDSの新機軸となった大作「The World Changed into Sunday Afternoon」をタイトル曲に、初期USオルタナティブ・スタイルを取り入れた意欲作だった。しかし1994年3月にBEYONDSは解散となる。折しもメロコア・サウンドが大ブレイクをする直前のことであった。
日本のパンクのシーンに新しいスタイルを持ち込んだBEYONDSはその後のパンクの世界的なブレイクを見ることなくあゆみを止める。しかし、彼らが残した2枚の音源は25年以上すぎた現在でもリアルに響いている。90年代のBEYONDSの残した影響はその後様々な形で現在まで受け継がれている。今回の再発にはその彼らの最後の勇姿となった94年3月12日に行われた解散ライブの映像収録したDVDを同封。500枚限定生産。
■収録曲:
Side A:01. What’s Going On 02. Revenge of the Lawn 03. The Delayed Young Man
Side B:01. Touch My Life 02. Fantastic Planet 03. The World Changed into Sunday Afternoon
DVD : 1994年3月12日三軒茶屋HEAVEN’S DOORにて行われた解散ライブの映像
VISTAPast Days, Official Incomplete Sessions600円CD・90年代後半から00年代、THIS WORLD IS MINEやLINE、SENSE OF IDENTITYなどが現れ隆盛を誇った八王子DIYメロディックパンクシーンを母体として、04〜08年あたりにかけて活動しつつも、正式な流通音源のないまま解散した「VISTA」のオフィシャル「非完全」ディスコグラフィ!
THE SMITHSやMANIC STREET PREACHERSなどのUKギターポップとメロディックパンクの合間をたゆたうような、玉手箱的カラフルさが目立つ仕掛けの数々と瑞々しい演奏、そして曇り空をかき分けるような明るくなりきらないメロディの対比がじんわりと沁みる1枚!
マーヴィン・ゲイ&タミー・テレルのカヴァーを含む12曲36分200枚限定プレス。
NOT WONKDown the Valley(2nd press)3000円LP発売後、即完売となっていたアナログ盤が限定300枚プレスで再発!!DLコード付き
2015年、平均年齢19歳でのデビューから驚異的なスピードで音楽的な進化をしてきたNOT WONK。2016年の2ndアルバム『This Ordinary』から3年、歴史を塗り替える可能性を秘めた3rd アルバム『Down the Valley』 がついに完成!
北海道、苫小牧を拠点に活動、週末ごとに全国各地でライブ・ツアーを展開しインディー・ロック、パンク・シーンを刷新してきたNOT WONK。2018年にはFuji Rock 2018、りんご音楽祭、BAYCAMPなど確実にステージを上げ、その音楽性もより多彩なものとなる。
当初からの90年代のパンク、インディ・ロックの影響を濃厚に受け継ぎながら、ブラック・ミュージックの要素も取り入れ始めたサウンドは、このアルバムでより大きなスケールへと飛躍した。
20代前半を北海道で暮らす3人。その目線から広く問いかけるメッセージは現在進行形のロックミュージックを媒介して、2019年、今リアリティーを持つ。
彼らが愛するあらゆる音楽の文脈を受け継ぎながらいまの時代に鳴らす音楽を受け止めてほしい。
収録曲:
Side A
1.Down the Valley
2.Subtle Flicker
3.Of Reality
4.Shattered
5.Come Right Back
Side B
1.Count
2.Elation
3.I Won’t Cry
4.The Bare Surface, I’ve Longed For You
5.Love Me Not Only In Weekends
NOT WONKDown the Valley [初回限定盤 CD+DVD]3000円CD+DVD2015年、平均年齢19歳でのデビューから驚異的なスピードで音楽的な進化をしてきたNOT WONK。2016年の2ndアルバム『This Ordinary』から3年、歴史を塗り替える可能性を秘めた3rd アルバム『Down the Valley』 がついに完成!
北海道、苫小牧を拠点に活動、週末ごとに全国各地でライブ・ツアーを展開しインディー・ロック、パンク・シーンを刷新してきたNOT WONK。2018年にはFuji Rock 2018、りんご音楽祭、BAYCAMPなど確実にステージを上げ、その音楽性もより多彩なものとなる。
当初からの90年代のパンク、インディ・ロックの影響を濃厚に受け継ぎながら、ブラック・ミュージックの要素も取り入れ始めたサウンドは、このアルバムでより大きなスケールへと飛躍した。
20代前半を北海道で暮らす3人。その目線から広く問いかけるメッセージは現在進行形のロックミュージックを媒介して、2019年、今リアリティーを持つ。
彼らが愛するあらゆる音楽の文脈を受け継ぎながらいまの時代に鳴らす音楽を受け止めてほしい。
収録曲:
[CD] 1.Down the Valley 2.Subtle Flicker 3.Of Reality 4.Shattered 5.Come Right Back 6.Count 7.Elation 8.I Won't Cry 9.The Bare Surface I've Longed For You 10.Love Me Not Only In Weekend
[DVD]3月24日東京での初ワンマンライブを収録!
LIMELITE / /Futsukaichi WolfSPLIT1000円7EP・福岡で活動するLIMELITEとFutsukaichi WOLFのSPLIT 7インチ!!
■以下SHOWY (STEP LIGHTLY)コメントより
マイペース過ぎる活動でみんなを困らせてきた(笑)福岡の至高2BANDが福岡の最強良心レーベルimomushiより遂にスプリットシングルをリリース。
LIMELITEとFutsukaichi WOLF。
先輩後輩の関係ながら バチバチのスピリットをぶつけ合うスプリットが遂に完成したんだぜ!
A面の先陣切るのはLIMELITE。PUNK,HC,オルタナティヴそして彼らのデッカいbackboneの一つDUBとREGGAEとSKA MUSIC。絶妙なブレンド加減に感じる 完全無敵なオリジナリティー。爆裂サウンドの中に見え隠れする何処か冷めてるクールなマインド。イカすとしか言い様がない。
んでFutsukaichi WOLF。10年以上も我々をほっときながら(笑)活動を再開したPOP PUNKトリオ。イキナリ管楽器が派手に鳴り響くイントロから至高メロディーが爆発しつつ、サーフコーラスも切なめにバリッとキメる一曲目。これまた至高メロディーで スピーディにショートカットにキメる二曲目。様々な音楽のスパイスの効かせ方が今回も無論ハイセンス。
てかさ、LIMELITEもFutsukaichi WOLFも本当マイペースな活動ゆえに、たまーに音源出したと思ったらムチャクチャイカすやん!腹立つやん!俺のジェラシーを眠らせて!!!
収録曲: 
A1. LIMELITE / DAYS WORK
A2. LIMELITE / Murder to the mind
B1. Futsukaichi WOLF / Sitting On The Fence
B2. Futsukaichi WOLF / Merry-Go-Round
TURNCOATMy dear ex...2000円CD・DRIFTAGEやFRAGMENTSを母体として四国を中心に活動する男女混声メロディックパンクバンド、 「TURNCOAT」。SNUFFY SMILE以降の日本のメロディックパンクサウンドを継承しつつも、昨今のUSエモリヴァイヴァル~オルタナティヴロック~インディーロックとも共鳴し、そして根底にある骨太パンクが導き出した傑作NEW ALBUM、『My dear ex...』リリース!!
SNUFFY SMILE以降の日本のメロディックパンクサウンドを継承しつつも、昨今のUSエモリヴァイヴァル~オルタナティヴロック~インディーロックとももろに共鳴していますが、根底にあるのは骨太のパンクなので上っ面のサウンドなんかじゃない!繊細でありつつ力強くダイナミック、熱さの中にも泣きの哀愁、そして彼らの代名詞とも言える男女混声ボーカル。TURNCOATのライブにはパンクロック、メロディック、エモ、ハードコアといった幅広い層の人間が足を運び一緒に歌い、拳をあげ、笑顔が満ち溢れる!
LEARNERSIN THE CUTUP STUDIO AND MORE3000円DVD・2017年2月24日タワーレコード渋谷地下のCUT-UPスタジオのライブ映像を中心に、3月30日の新宿ロフトとバンド史上初のワンマンとなった4月25日新代田FEVERのライブ映像を収録。
2014年に松田CHABE岳二と紗羅マリーの二人でラーナーズをスタートした当時の貴重映像やチャーベがパスポートの期限切れで行けなかった台湾のステージなどの映像もあります!
さらにこれまで作られたオフィシャルMV『I Want You To Be My Baby』『Shampoo Planet』『Water The Flower』をすべて収録。
トータル2時間を超えるLEARNERS初の映像作品。
CHILDISH TONES feat.宇佐蔵べに恋のホワンホワン(Cruel To Be Kind)/ゼア・シー・ゴーズ1500円7EP※在庫切れです。
※ 7’single+DOWNLOAD CODE※
・ソールドアウトとなっていた、CHILDISH TONES feat.宇佐蔵べに『恋のホワンホワン(Cruel To Be Kind)』 が好評につきLTD.300でのリプレス!
トイ楽器のみでロックンロールを演奏する”CHILDISH TONES”が以前から親交のあった”あヴぁんだんど”の”宇佐蔵べに”をVoに迎えてのレコーディング。
”CHILDISH TONES”のトイ楽器のみで演奏されたサウンドは、プリミティブでストレンジ!オモチャの楽器で演奏された、ロックンロールのオモチャ。
今回の作品は、エンジニアとして、カセットテープ・マエストロ、シンムラテツヤ氏を迎えカセットMTRで録音。ゲスト・ミュージシャンとして、THE BOHEMIANSの本間ドミノがトイ・ピアノで参加。
ゼア・シー・ゴーズの訳詞は謎の訳詩家”屋久島黙聴(やくしま・もくちょう)”によるもの。
フィーチャリングされた”宇佐蔵べに”の歌声は、ピュアでチャーミングでありながら10代のSADフィーリングも感じさせる。
オリジネーターへの愛情とリスペクトを込めて、ポップミュージックの歴史からインスパイアされたアイデアがサンプリングされた表現は、影響を受けた音楽へのラブレターのようなものかもしれません。
■ TRUCK LIST
Side A : 恋のホワンホワン(Cruel To Be Kind)
Side B : ゼア・シー・ゴーズ
SOBUTナウセイグッバイ 1500 円カセットテープ・90年代から2000年代初頭、日本を代表するバンドであり、時代を象徴するPUNKアイコンの一つにまでなったSOBUT
主要メンバーの脱退、その後に続くオリジナルメンバーHIDEの病によるベースからボーカルへの転向、という逆風を受けながらも、一度も解散も活動休止せず、歩みを進め続けた。
誰とも群れず、時代に迎合する事もなく、正に孤高の存在と言える彼等は、音源リリースから遠ざかっていた間も、絶え間なくボーダーレスなライブ活動を続け、自らを研磨し続けた。
単独作品としては12年ぶりとなる4曲入りの新音源 “ナウセイグッバイ”
今回、彼等が選択したフォーマットは、なんと、まさかのカセットテープ(DLコード付き)!!
デジタル全盛のこの時代に敢えてカセットテープをリリースするという試みに、彼等の反骨精神のみならず、全ての固定概念を壊そうという鼓動と衝動を感じられる。
カセットテープとDLの音源は収録曲こそ一緒だが、フォーマットに合わせ、それぞれ違うミックスという異常なまでの拘り。
ジャケットはHEY-SMITHやHAKAIHAYABUSA、ABNORMALS等を手がける鬼才イラストレーター、YAZANE氏による渾身のアートワーク!
インレイ、テープ本体や歌詞カードまで、全ての細部にまで込められた狂気は、商品を手に取れば感じ取れる事であろう。
収録された4曲も、現体制SOBUTらしい、バリエーション溢れるものである。
メロディックなパンクからシリアスにスラッシュするハードコアなナンバーまで幅広く、正にボーダーレスな活動を気負わず続ける彼等の持ち味が存分に発揮されている。
今作はHIDEが、まだベースを弾けていた時期の未発表テイクを現メンバーが完成させ、正にSOBUTをネクストレベルまで押し上げたと言える会心の作品。
CAFROMLetter To Young Djs1400円7EP・発売と同時に売切れとなった1stシングルですが、2ndシングルリリースのタイミングでリプレス!
"松田CHABE岳二"が送る、シーンへ向けたシンプルだけど大事なメッセージを込めた名曲2曲をカップリング! レベルミュージック=れべるみゅーじっく!
下北沢スリーが生み出した最大のアンセム!
■CAFROM:下北沢のライブハウスTHREEにて毎月9日に行われている9Partyの為にCHABEが身近なバンドマン達に声をかけて始まったバンド。 9日の夜、終電間際、簡単な言葉を真っ直ぐ投げつける平仮名の"れべるみゅーじっく"をDJとDJの合間に鳴らし続けている。
収録曲:Side A : Letter To Young Djs  Side B : 9 Party
CAFROMKKK Took My Baby Away1400円7EP・※7インチ+DLコード
1st EPが瞬間的にレコード屋から無くなった「CAFROM」が放つセカンドEP!
RAMONESとジャポニカソングサンバンチという振り幅あるカヴァー2曲を収録。
収録曲:
Side A : KKK Took My Baby Away (RAMONES Cover)
Side B : 愛を夢を (ジャポニカソングサンバンチ Cover)
■CAFROM:下北沢のライブハウスTHREEにて毎月9日に行われている9Partyの為に松田CHABE岳二が身近なバンドマン達に声をかけて始まったバンド。毎月9日の夜、終電間際、誰でも解る簡単な言葉を真っ直ぐに投げつける"れべるみゅーじっく”をDJとDJの合間に鳴らし続けている。
SCREAMING FAT RATROUND MIDNIGHT, CONGESTED LIFE / COMPLETE SESSIONS 1995-20012000円2CD・疾走するドライヴィンギターに哀愁感満点の歌声が作り出す独自のサウンドが中毒性を生み、活動休止後も語り継がれてきた、90年代福岡伝説のメロディックパンクバンド「SCREAMING FAT RAT」。
6年間の活動の中でリリースされた、今では廃盤となり入手困難で貴重な全ての音源を完全収録!
幻の音源DEMO TAPE1、2、3を含む全48曲2枚組アルバムが18年の時を経て蘇る!!
今もなお福岡の音楽シーンを支え続ける彼らの若さに突き動かされた初期衝動を感じる反抗の音源集。
■『道端で缶ビール片手にPUNK ROCKが生まれてくる。そんな街と時代が確かにここにあったんだ。』 TOSHI-LOW (BRAHMAN)
収録曲:
[Disc 1]
1.SEE WHERE WE LED THE UNDERGROUND RESISTANCE 2.ROUND MIDNIGHT, CONGESTED LIFE 3.EVAPORATED TENCE 4.SINCE I SAW YOUR SMILE LAST 5.LARK CAN'T FAIL : WANNA BE PERFECT 28 6.SOURCE 7.I CAN'T ACCEPT YOU 8.ROOF SAY"WE ARE NOT FREE!" 9.THE KIDS ARE ALL DEAD 10. I'M NOT DOWN 11. WE ARE NOT FREE 12. EVAPORATED TENCE 13. YOU ARE NOT THE ROCKSTAR 14. MY LIMIT HAS COME YET 15. COUCH 16. SUCCESS 17. STAY 18. PARTITION 19. STILL HATE YOU 20. NOVEMBER 21. LOST YOUR VOICE 22. CHOICE 23. 5 MINUTES 24. THE PRISONER
[Disc 2] 1. STAY 2. I CAN'T ACCEPT YOU 3. SELF SATISFACTIONER 4. CHANGE MYSELF 5. ORDINARY THING 6. STANDING ALONE 7. CHOICE 8. IS ALL I DO A WASTE? 9. KILL 10. NEW WIND 11. ORDINARY THING 12. MY LIMIT HAS COME YET 13. NEW WIND 14. SOMETIME DISTURBED WHY? 15. I HATE 16. SOMETHING NEW 17. HESITATE 18. STUFFY LIFE 19. YOU’VE GONE TO FARAWAY ALONE 20. EYES LIKE A ROTTEN FISH 21. DON’T WORRY 22. NEW WIND 23. WHY DO I TRY TO CHEAT? 24. I HAVE NOTHING TO DO FOR YOU ANYMORE
THE STEADYSTHE KEY TO ALL JOY1000円CD・ 逗子をこよなく愛する孤高のPOP PUNKバンド「THE STEADYS」の2年半ぶりとなる6曲入りEPリリース!!
結成10周年となる今作は、POP PUNKというジャンルを越えて進化し続けながらもド直球メロディーで全力疾走しています。お馴染みショートチューン曲や日本語曲、QUEERSのカバーも収録!
アートデザインは URBAN SLEEPのサカイユウ氏が担当。
収録曲:1. MAN WHO FINDS SOMETHING BY LOSING SOMETHING 2. OLD SHOES ( & PICTURE POSTCARDS) 3. SIX MONTH HAVE PASSED SINCE I TOLD YOU SO 4. MY HEART FEELS NO FREE 5. AHOTHER GIRL 6. ただいま
BEYONDSUNLUCKY ※在庫切れです※3000円LP+CD※在庫切れです※
・ 1993年にリリースされたBEYONDSの名作『UNLUCKY』のリマスター・アナログ再発が決定! 90年代の初頭のパンク・シーンにまったく新しい感覚を持ち込み、アンダーグラウンドからオーバーグラウンドまでその後のシーンに多大な影響を与えてきたBEYONDSの記念すべき1stがついにリマスターで再発となる。 パッケージには当時ドイツのHEART FIRSTからリリースされた7インチ収録の「Arrogance Or Ignorance」をボーナス・トラックとして収録したCDと貴重なライブ映像を2ステージ収録したDVDを同封。
収録曲
Side A
1. Presence Of Mind
2. Auto Graphic
3. Bobbish Man
4. Surf Nazis Must Die
5. Dear Friends Gentle Hearts
Side B
1. Salad Days
2. She Likes Tube Boy
3. Tools You Can Trust
4. I Can't Explain
5. Feddish Things
◎Arrogance Or Ignorance : CDのみ収録のボーナス・トラック ◎アナログ12インチLP、ボーナス・トラック入りCD、ライブ映像収録のDVD封入、歌詞、訳詞付き!
See Her ToniteCould You Be My Little Movie Star?1600円CD・青くせつない独自の世界観を持つ千葉の重鎮ポップパンクバンド「See Her Tonite」3rdアルバム!全12曲収録。
Killerpassdelayed youth e.p 1000円CD・日本最大のパンク県愛知のシーンを支えている「Killerpass」の、新体制になってからの初リリース!
the原爆オナニーズのTAYLOW氏によるライナー・ノーツ収録。
2009年の結成以来、一貫して日々の思いをパンク・ビートに載せて歌ってきたキラーパス。暮らしの中に見つかる矛盾や生きる上で目をそらすことのできないカッコ悪さを見つめ、怒りではなく素朴な疑問として歌ってきた。
彼らの自然体でのメッセージと独特のパンク感、そしてボーカル林のキャラクターはシーンの中で多くの人々に愛されてきた。
今作は変わらぬスタイルで10年活動を続けてきたキラーパスが新体制となり、自身のサウンドと向き合った転換点となる作品。
収録曲:1.アメリカンドリーム 2.スクールデイズ 3.キリの中 4.あのメロディーをもう一度 5.春のせい
ジャポニカソングサンバンチサンタクラウズ1400円7EP・【7’ single + DL CODE】
東京の夜にフレッシュな華を添える、男女正混合8人組『ジャポニカソングサンバンチ』 前作7inchが即完した勢いのまま、クリスマスアンセムをリリース!!
カリプソ・ラテンフレイヴァー溢れる演奏に乗せて、老若男女オールジェンダー・銭ナシ宿ナシに贈る貧しくても美しいクリスマスソング『サンタクラウズ』が完成。
Operation Ivyよろしくな間奏のパンキーレゲエパートなど、遊び心満載なアレンジでDJ・フロア・お茶の間にもしっかり楽しいクリスマスギフトに仕上がっています。
Side-Bは松田CHABE岳二氏によるファンタスティックなREMIX『CHABE’s CANDY FLIPPP mix』を収録。鈴の音が鳴るバレアリック・チルなハウスミュージック。
■ジャポニカソングサンバンチ:東京で活動する男女正混合8人組、通称JSSB。ホーンセクション・パーカッション・スティールパンなどを擁する賑々しいサウンドと、ボーカル藤田千秋の奇跡のソングライティング、カレッジバンドのようなフレッシュさと退屈を突き破る勢いが同居したステージを展開中。
収録曲:Side A : サンタクラウズ Side B : サンタクラウズ (CHABE’s CANDY FLIPPP mix)
NOWONPop Destroyed Pop2000円CD※再入荷!!
・ 萬人に受け入れられ易いモノ…キャッチーなモノだけがPOPとは限 らない… あらゆる音楽のアンテナを張り巡らせ POPの概念をぶち壊したそ の先にあるPOP…
2011年5月15日新代田FEVERでのMOGA THE ¥5解散ライブから7年 ダブルボギーズのEscargot、ex-ANTI JUSTICE、LAST LAUGHの藤岡 亮ニ ex-cleep,ex-flashlight experienceLAST LAUGHのトシロー EX- FRANTIC STUFFS ,STEALMATE の佐藤ナオキの四人による 甘酸っぱくて、時に切なくPOPに弾け, 喜怒哀楽に満ちた 上質なメロディ溢れるPUNK ROCKサウンドにシニカルで、 でも正直でセンチメンタルで泣き虫で感情的なエッさん節炸裂の 11曲!
ゲストキーボードに羅針盤、渚にて、の吉田正幸氏 エンジニアは前作SUSPECT THREEに続きLMSTUDIO の須田一平氏 ジャケットアートは、説明無用のBID’ah,LIQUID SCREEN,S.O.Bの KAZUHIRO IMAI氏 写真は Ryoichi Tsukada による 完全無欠のデビューアルバム完 成!
曲目
coward
empty hole
salad days
identity
stairway stair
so it goes
欲求の
ミステイク
シンドローム
ツギハギ
紅いシグナル
トータル件数:418件1-25次の25件

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17