DISK SHOP MISERY
新入荷
再入荷
RECOMMEND
セール商品
すべての商品を見る
IMPORT
PUNK/OI
HARD CORE/CRUST
OLD/NEW SCHOOL
EMOTIONAL
CHAOTIC
MELODIC/POP PUNK
ROCKA/PSYCHOBILLY
ALTERNATIVE/ROCK etc
SKA/REGGAE
GARAGE
DOMESTIC
PUNK/OI
OLD/NEW SCHOOL
HARD CORE/CRUST
MELODIC/POP PUNK
SKA/PSYCHOBILLY
ROCK/ALTERNATIVE
EMOTIONAL
GARAGE
CLUB MUSIC
TシャツGOODS
DISC SHOP MISERY
電話 082-241-0782
FAX 082-241-0782
広島県広島市中区袋町2-7 プレイグラウンドビル2F
BLOODSUCKER recordsの商品は
これまでどおり消費税はいただきません
HOME About US
アーティスト頭文字検索(serach by Initial)
数字 日本語
トータル件数:1156件1-25次の25件

全件数は(total records)1156です。 全ページ数は(pages)47です

DOMESTIC:PUNK/OIカテゴリの中から表示中

DOMESTIC:PUNK/OIのなかから検索します

    で のものを
写真 買物カゴ アーティスト名 アルバム名 値段 メディア コメント
eastern youth循環バス1400円7EP・バンド結成30周年を迎えたeastern youthの新曲7インチ!
真っ向から突き刺さるポジティヴなエモーショナル・ロック・ナンバー「循環バス」、そしてBサイドは初期イースタンを彷彿させるパンク・チューン「歩いた果てに何もなくても」を収録。
印象的な口笛のイントロから始まる「循環バス」は、孤高感を漂わせる淡々としたAメロから、サビに向かって一気に解放されるシャウトとディストーション・ギターのもたらすカタルシスと哀愁が、実にeastern youthらしい魂を揺さぶるような名曲です。
Bサイドには、ストレートに疾走するパワーポップ~パンク・チューン「歩いた果てに何もなくても」を収録。力強く歌い上げるヴォーカルが爽快な、ライヴで大いに盛り上がりそうな一曲となっています。
THE PRISONER THE VERY BEST OF THE PRISONER 2004-2018
3月6日発売!
2778円CD東京アンダーグラウンド・パンク・ロック・シーンの最終兵器、リアル・ストリート・ロックバンド「THE PRISONER」。リアルで激情的な歌詞が多くの人々の胸を打つ珠玉の名曲の数々全15曲を現在の最新メンバーによる究極の再録音ベスト・アルバム!!!
日本全国縦断ツアーを勢力的に絶え間なく続け、ライヴ・パフォーマンスで見せる凄まじき「歌唱力」と「演奏力」。そして圧倒的な「存在感」と「人間力」に誰もが衝撃を受け、魂を揺さぶられ、全国規模で熱狂的支持者を増殖拡大させるTHE PRISONER。我々の中に絶え間なく立ち上がる「怒り」、「憎悪」、「嫉妬」の先にあるもの、それを超克する「その先の美しき地平」とは何なのか?「明確な日本語によるロックバンド・サウンド」により、常に我々の心の襞を突き刺し続ける、秀絶なる名曲群が揃い踏みした、究極のベスト・アルバム完全最新録音作品。 そして、待望の9枚目最新フル・アルバムを現在制作中、春にはリリース予定。その後、全国縦断ツアーを計画中!!!
収録曲:01 LETTER 02 漂流銀河 03 COLOURS 04 STAY FREE 05 FRIENDSHIP TRAIN 06 CASABLANCA 07 キラリかがやく。 08 I DON'T KNOW WHY -partII- 09 小さな手 10 かくれんぼ 11 ROCK‘N’ROLL PEOPLE 12 BELIEVE IN NOW 13 喜びの歌 14 永遠 15 SONG OF THE FAILURE -2019-
THE STRUMMERS FLAT OUT!2800円CD・日本パンクシーンを代表するバンド「The STRUMMERS」の2019年新作!
IWATA氏の魂と共に立ち止まる事無く走り続ける全新曲フルアルバム!
The STRUMMERS IS HERE!!
TOM AND BOOT BOYSDEMO 1996
3月上旬発売!予約受付中!
1000円7EPPOGO77の101作目!!
14"x14"ポスタージャケット / 1996年未発表音源レコード化 / 東洋化成プレス !
収録曲:
[SIDE-A]FUCKED UP
[SIDE-B]LIAR / FUCK YOU
■時は1996年、パンクス戦国時代真っ只中に彼らは生存していた!!
結成当時からバンドスタイルやファッション、ヘアスタイルやアティチュードを一切変えず、自身のパンクプラウドを全面にアプローチしているパンクバンドがTOM AND BOOT BOYSだった!あの劣悪な環境(パンクシーン)の中、最速で目をつけられるのはポゴパンクというジャンルのパンクスだったこともありライブハウスやストリートを闊歩することなんて、そんな簡単な時代ではなかった。この頃のTOM AND BOOT BOYSメンバーはNORI (今村君) / GENMA / CH5で、正確には、1994年に結成されたこの3人こそが最初期オリジナルメンバーのラインナップで間違いない。バンド結成の経緯は、今村君が、TOM AND BOOT BOYS結成前に活動していたTHE DISCOCKS時代に、当時製作したカセットテープをUK EDISONで購入したCH5がスリーブに記載されていた電話番号にコンタクトを取ったことがきっかけでふたりは知り合うことになる。(僕もここで当時のバンドメンバーと一緒にこのカセットテープを購入。販売価格は¥200か¥300だった)
話は少々前後するが、当時今村君はTHE DISCOCKSの活動を志半ばで断念?し、念願??でもあった渡米パンク体験という行動に打って出る!!一年後、アメリカでのパンクライフを大満喫して帰ってきた今村君があらためてTHE DISCOCKSの活動に戻ろうとしたのだが 時すでに遅し。。。新しいギターリストとしてニュージェネレーションパンクスNAKA-CHIN(現在THE ERECTiONS)が抜擢されていたのだ 泣 これがきっかけとなり今村君はCH5と共にTOM AND BOOT BOYSを結成!そんな今村君が渋谷駅/井の頭線の階段下付近で当時パンクスが小遣い稼ぎでよく利用していたりんりんハウス社のティッシュ配りバイト中、声を掛けてきた勇気あるパンクスが後のオリジナルメンバーとなるGENMA君だった!!しかしTHE DISCOCKSのメンバーに返り咲けない今村君の恨みが頂点に達しこれを機に彼の暴走が激しさを増す 笑 (大袈裟に表現してます...)特にTHE DISCOCKSのライブ中や自身のライブプレイ中に酔っ払いながら大声で”俺のディスコックスを返せ”と訳の判らない意味不明な言動を連発していたことだ。まあそれを横目にTHE DISCOCKSの大橋君やHIROiCHI君はやさしく微笑んでいた。僕もあの頃よく通っていた(最初期)渋谷ギガンティックのサタデーナイトやCHAOS CHANNEL襲来の代々木チョコレートシティあたりが悪態のピークだったと憶えていますよ 今村君。
さて本題の作品紹介へ。
1995年に録音されたデモ音源から約一年が経過し満を持して収録されたファーストシングルリリース直前の今作DEMO 1996。
基本的にファックでポゴでドランクするオリジナルパンクスタイルはここでも健在ですが、ファーストレコーディング時とは異なりパンクの醍醐味ともいえるショートソングへの追求、ドライブするスピード感の表現方法と両者の融合をかなり意識していることが窺える。すでにこの作品が現在のTOM AND BOOT BOYSが放つ世界観と方向性を決定付けた重要な音源であることに間違いはない!!
1曲目「FUCKED UP」で今村君のヴォーカルスタイルをチェックいただければこのバンドが多くのオーディエンスから賞賛を浴びる理由が判るはず。パンクロックとハードコアパンクの中間をパフォーマンスするその親しみやすいサウンドを武器に伝わりやすい英語詞がライディングする貴重な未発表曲となっています!
さらに2曲目「LIAR」でもその独特なセンスを多用し聴くもの全てをグイグイと引き込むストロング且つスノッティーなミッドテンポパンクロックソングが煩脳を刺激する。こちらも長い間お蔵入りしていた魅惑の未発表音源です。
ラストを飾るのはこのデモ音源から一年後に正式リリースされる実質上のセカンドシングルPUNKS ARE FUCKED UP EPに収録されていた「FUCK YOU」。今回リリースされる2タイトルの中で最速を誇るファッキンスピードパンクナンバーがとにかくかっこいい。二年ほど在籍していたGENMA君のベースプレイも必聴だが、CH5のコーラスとドラミングに終始耳を奪われてしまうTOM AND BOOT BOYSの代表曲ここに収録!!!
当時、GENMA君脱退後アメリカツアーを控えていたTOM AND BOOT BOYS (with THE DISCOCKS) そんな時期に今村君からお誘いをいただき今は無き下北沢屋根裏の練習スタジオでTOM AND BOOT BOYSのメンバーとして数回ほどバンド練習に参加した衝劇すぎる過去があります。あまり知られていませんが。。。結局一度もステージに立つことはありませんでしたが、これは自分にとって感慨深い思い出でとなっています。迫りくる25年の歴史の中で遅かれ早かれTOM AND BOOT BOYSをクビになった究極のロクデナシは僕だけだと。。。 笑 この先も更なるパンク発展と向上にご貢献いただくとともに自身の老い(Oi)には、くれぐれもご注意を!現在TOM AND BOOT BOYSはNORI / MIYOSHI / TAKA-44という不動のメンバーにて絶賛活動中!!
Oi Oi ATTACK, FUCK OFF
[shimokitazawa KILLERS / inoue]
TOM AND BOOT BOYSDEMO 1995
3月上旬発売!予約受付中!
1000円7EPPOGO77の記念すべき100作目!!
14"x14"ポスタージャケット / 1995年未発表音源レコード化 / 東洋化成プレス !
収録曲:
[SIDE-A]SHUT UP AND DIE
[SIDE-B]UGLY POLICE / WE ARE STILL PUNKS
■そう、それは1995年... その時彼らは確かに存在していた!!
現在も世界中のフリークスからパンクスユナイトされるカルトな支持を活動の糧にし、国内パンクファンからの熱烈なラブコールと終日のアルコールで日々ヘロヘロながら邁進中のジャパニーズポゴ&ドランクパンクの雄 TOM AND BOOT BOYS。あと一歩で結成25年を迎えようとしている彼らの耳に飛び切りイカしたファッキンニュースが飛び込んでくる!なんと旧友MICHIAKI BRISTLE (THE LAST SURVIVORS)宅で、バンドにとってとても重要で謎の多かった初期未発表デモ音源カセットテープが発見された!! との一報。
ちょうどその頃、折りしも自身のレーベルPOGO77 RECORDSが通産100番目の作品製作に意欲を注ぎ込んでいた時期。偶然を味方にした事実は否めないが、酒場での関係者との意気投合がさらなる拍車を掛けとんとん拍子に復刻&リリースが決定された事実がある。もうこれは運命というより事件だ!!
あの記念すべきファーストシングルPUNKS ARE ALRIGHT EPやTHE DISCOCKSとの名作SPLIT EPリリース前夜となる貴重音源の発掘。もうこの情報を得た皆様ならその瞬間、極度の興奮と未知なるパンクソングの存在に心と体を震わせたことでしょう!
さて今作の1曲目「SHUT UP AND DIE」は、ハードコアパンク界では知らない者はいないであろうお馴染みのギターフレーズをファッキンフューチャー!メンバーの趣味が一発でバレてしまう 笑 超ど直球なギターパフォーマンスはあまりにも不完全なアレンジで、ある意味泣けてくる。続けざまにお約束シャウトDixon you’re gone forever !! もしっかりと借りパクしてしまう大胆無敵なポゴアタックソングは説明不要の名曲と言えよう!!
2曲目「UGLY POLICE」は憎っくきポリ公に一撃を喰らわす。PUNK AND LOUD, PUNK AND PROUDな代表曲。この2年後にリリースされるTHE UNSEENとのSPLIT EPが正式リリースとなるのだが、サウンドスタイルは異なれど全盛期VICE SQUADなイメージと初期INSTANT AGONYの衝動を感じとることができる貴重なファーストレコーディングバージョン!
ラストはこれぞTOM AND BOOT BOYSと妙な説得力を放つオールドファン涙腺ユルユル必至な唯一無二の曲展開「WE ARE STILL PUNKS」。残念ながらこの曲はファーストシングル未収録となったのだが、当時ライブでは毎度プレイされていたレギュラーソングでもありました。パンク創世記から1995年の間、国内外問わずこのようなハードコアパンクを演奏するFUCKでPOGOでDRUNKYなパンクバンドは完全皆無だったと断言させていただきたい!極上すぎるミディアムテンポに心地よいシンガロング感とベリースノッティーなパンクロック、古き良きパンク/ハードコア/Oiを愛し継承する絶妙なサウンド形成を実現させたのは、紛れもない先駆者であるTOM AND BOOT BOYSなのだ!!もうパンクが好きで好きでしょうがない今村君のハードコアパンクライフと紆余曲折した性癖が大爆発していたあのクレイジー時代の"奇跡"と"真の姿"を再認識できる絶対的必聴作品がここに堂々完成!!!
当時、週末の東京は勿論、名古屋と大阪、三重や熊谷、ニューヨークにボストンまでご一緒させていただきありがとう 笑 お互い出会ってそろそろ25年。いつまで走り続けるのよ 今村君は!?
Oi Oi ATTACK, FUCK OFF
reviews:[shimokitazawa KILLERS / inoue]
Soloist Anti Pop TotalizationS.A.P.T.(LP +CD)2593円LP+CD・DEBAUCH MOOD19作目のリリース!
2016年頃より活動を開始。東京にて特有のMinimal Synth/Synth Punk観点からIndustrialを噛み砕いたNWプロジェクトを進行しているSoloist Anti Pop Totalization(以下、S.A.P.T.)ことHATA氏。約10年間The Warmのメンバーとして活動を続けていた氏は、解散後「過去を清算し全てを一から始める」といった方向にて手法を煮詰めてきた。
そこには現在までのリリースとして、Soloist Apartment名義にて『1st Demo(CDR)』※後にイタリアより(12")化、Second Apartmentとしての『Pulse Wave(7")』や、プロジェクトWAR/ZIT『Life is cheap(7")』(w/WOTZIT)への参加。そしてその後のソロ活動名義変更S.A.P.T.でのTAPE『The masses,emotion,nostalgia (TAPE) 』や『Soloist + Nemoto Jun/Document Live at Soup (TAPE)』(w/根本潤)があり、並行して行われてきたライブ企画と合わせ、記憶に新しい人も多いのではないだろうか。
今作LPはS.A.P.T.にとっての最新音源であり、"完璧なカッティング"の上にて、憧れに憧れぬいた80年代の色めくNW名盤群の音質を求め完成された。※是非付属品CDとの比較をして頂きたい。
各楽曲はPulseな反復に覆われ繰り返されるSynth / Rhythm Box / Samplerを一人駆使する制作体系にて表現され、暗く蠢くような音像が浸食・または畳み掛けるハンマービートにて進行、そしてNoiseの間を蝕んでいく虚無感溢れるサウンドコラージュまでと、独特のグルーヴすらも獲得しながら音源の全編は形作られる。前身活動からの種であった偉大なる音楽からの影響=Liaisons Dangereuses、The Normal、初期The Human League等の解釈を強い人力感にてFuturiskが00年代にアップデートされたかのSynth Punk押し進めは当然The Warm期からの継続が成されており、そこから本人曰く意識したというPublic Image Limited.「Metal Box 」の空気を電子音化した渦に近い曲を覆う『幅』と、Cabaret Voltaire 「The Voice Of America」かのような『効果』、そしてDAF、Xao Seffcheque Und Der Rest「Ja - Nein - Vielleicht」等のSynth音構築がスライスされていくような独自の衝動異端現行NWとしても魅力は溶け込み描かれる。そして何よりも外せないであろうThomas Leer/Robert Rental/Daniel Millerが当時コラボレイトにて滲ませた『どこか近所のお兄さん的な』キャッチーさとすぐ隣にある狂気すらも漂い、脳髄垂れまくりな現代的ワンマンSynth Wave/Industrial音源は重心鈍く光る日本のアンダーグラウンド自主制作盤的魅力として溢れていく。
自身のアジトに篭り生み出さた最新作。それは現代的ツールを用いた過去に対する挑戦を含む独自の“和製”シンセウエイブプロジェクトとしても楽しめる事だろう。そんな今後の活動の方向性へも大いに踏み込んだ独特の『奇形』的初Album(LP)を是非ともご一聴を。
※今作のartworkは名古屋で活動するNOISECONCRETE×3CHI5のOno Junji氏が担当。完全なるイカれたコラージュデザインにて応戦。
収録曲:
[Side A] 1.Synthetic introduction 2.Insubstantial 3.Unknown T4.In the body 5.Unknown U
[Side B] 1.Depression(Part2) 2.Unknown V 3.Other 4.Decade 5.Unknown W
JUNIOR 海盜船JUNIOR號 漂流記2500円CD・日本のパンクロックの中に大胆にアイリッシュミュージックテイストを取り入れたパイオニア「JUNIOR」の台湾流通盤ベストアルバムが全国流通!
台湾最大のロックフェス『搖滾台中(Rock in Taichung)』の出演に際し、台湾国内用に特別編集したベストアルバム。日本国内ではライブ会場限定で発売されていました。今では入手困難なライブでおなじみの楽曲を多数収録。
アイルランド民謡、スコットランド民謡にある哀愁漂うメロディ・楽しげなメロディに日本語歌詞が描く一曲一曲がストーリー性のある一つの物語のように描かれている世界で魅了。キルトスカートを纏った7人の『ヤロウドモ』から放たれるライブは破天荒で陽気で初めて観る者も踊らせます。
代表曲「七つの海」「ROCK’n’ROLL PEARLHORBER 2」、東日本大震災後にメンバーのDIYによるチャリティCD-R音源「乙女椿」等も収録された全15曲。
収録曲:01 MOTHER LAND 02 七つの海 03 アディオス 04 ファンファーレ狂詩曲 ~第四十四番 ヘ長調~ 05 ガイコツ島 06 龍門谷のカトレーナ 07 灼熱の中國DRAGON 08 乙女椿 09 CARNIVORE 10 スパゲッティJ.P.N. 11 FRIEND SHIP 12 LUCY McDONALD 13ポパイ・ザ・ベジタリアン 14 ペチカ 15 ROCK’n’ROLL PEARLHORBER 2
V.A.BOOTBOYS STOMP IV -BOOTSTOMP RECORDS 15th ANNIVERSARY2000円CD・BOOTSTOMP RECORDS15周年記念盤!
レーベルコンピレーション「BOOTBOYS STOMP」復活!
北は北海道、南は沖縄まで日本各地のBOOTBOYSがここに集結し、全バンド最新曲を収録したJAPANESE Oi!、SKINHEADS、PUNKS、RUDIES決定版!
【収録バンド / 収録曲】
1. The 69yobsters / CALLING FROM BRIGHTON
2. ANGER FLARES / GO FOR IT!
3. Brasters / TO WESTERN HILL
4. RAISE A FLAG / RUSH AT
5. FUCKIN’ JUNKIES / REALITY FREEDOM
6. BUILD / JUDGE FOR YOURSELF
7. Oi!VALCANS / SNOW IS FALLING IN MY TOWN
8. 室伏 / IT MUST BE TIME
9. THE STRAY MAN / あの夏のルーディ
10. QUESTIONS AND ANSWERS / PROUD BOOT BOYS
11. V.S.HONOUR / MY LIFE
12. COCKNEY COCKS / GAMBLE & LOVE
Passing Truth DriveJuvenile 2500円LP・[LP+DOWNLOAD CODE]
1992年結成以来、地元仙台を拠点に活動を続けるパンクバンド「PASSing truth DRIVE」。ソリッドなサウンドと硬派なメッセージは時代を超え、パンク・シーンから途切れることなく支持されている。
現在入手困難な96年リリースの1st 7インチ、それ以前のDEMO TAPE、コンピレーション参加曲、2005年のDEMOで構成された編集盤がLPでリリース!
■私としては悲願成就の一枚。ずっと愛し続けてた作品達がリマスターされこうして今新しい旅に出るのは本当に嬉しい。 激しく地を這うタマシイ達。咆哮と絶叫の美しさを初めて知った。身悶えするようなやるせなさの横に気づけば彼らが居てくれた。テメエはテメエだろって背中をさすってくれるようなあたたかさ。‐安孫子真哉 / KiliKiliVilla‐
収録曲:
[Side A]
1. SEARCH & DESTROY 2. TODAY I'M HERE 3. STAND TO YOUR WAY 4. RESOLUTION 5. I*M*T / SPELL 6. CALIFORNIA BLUE SKY
[Side B]
1. LOST 2. LET'S GO TO THE SEA 3. NAKED MOTHERS SOUL 4. 午前三時 5. 108つ 6. 泣き言
COUNTER BLOWLASTMAN STANDING 2315円CD※先着ステッカー付きます!
2000年結成以来精力的に活動中の広島発シンガロングPUNK ROCK「COUNTER BLOW」2018年の終わりを飾る全16曲フルアルバムが登場!!
ストレートな歌詞と胸を打つメロディ、力強いサウンド、圧倒的な唄の力!
しっかりと地に足をつけて前に進み続ける "漢"達の硬派な熱きPUNK ROCK&ROLL!!
WOLF & THE GOODFELLASRIGHT NOW2000円CD・WOLF & THE GOODFELLAS 待望の1年ぶり3rdアルバム!!︎
勢力的なライブ活動、圧倒的なパフォーマンスをそのままに「今」を表現!!︎
ライブでの人気曲である「FREEDOM」を含む全7曲入り。魂はここにある!今しかないこの時、過去ではなく未来でもなく「今」を感じろ!!︎
2013年長い沈黙を破りアコースティックギター一本で活動を再開した孤高のボーカリスト WOLF 。2014年バンド活動を始動、2017年より正式にパーマネントメンバー(G.シズヲ B.HIDE Dr.イダ マコト)での活動に移る。以来、勢力的なライブ、ツアーを展開。その活動が裏付けする圧倒的なサウンドと百戦錬磨のライブパフォーマンス。前作「ROCKIN' SOUL」から1年、ジャンルを超え更にグレードアップした楽曲と演奏、常に「今」を表現し続ける。
Resolute Immortal Partizan (R.I.P.)Rough Age2500円CD・麗し花に魅せられて最後に咲かせた華一輪、散り際間際も大馬鹿野郎です…
神戸の雄、R.I.P.『Resolute Immortal Partizan』14年ぶりに完全復活、16年ぶりとなる渾身の新作は結成30周年記念盤セルフカバーベストアルバム!血肉を分けた愛しき人々に捧げる!
■「道なき道を切り開いた漢の軌跡。この一枚に蘇る。全て含めて神戸クオリティ。喜怒哀楽を共にした兄貴達の復活。俺のバックボーンはここにある。」
YUICHI (ANGER FLARES)
■「高く掲げる拳に呼応するオーディエンス。そうして始まった14年ぶりのライブはブランクなどもろともしない熱量に満ち溢れていた。ザクザクと刻むギターのリフに加速するビート。切れ味鋭いMCは時に笑わせ、そして滾らせる。【俺達のベストはいつでも今や。】感情の往来。だから此処にいるのだと。」
TEPPEI (FIVE NO RISK)
「弛んだこの平成の世を終わらせるべく遂にR.I.Pが我々の魂を震わせに戻ってきた!嗚呼、兄貴!おかえりなさい!」
松原 裕(KOBE太陽と虎 代表/COMING KOBE実行委員長)
■「平成の最後に戦友の復活。共に切磋琢磨したあの頃。すべてが一瞬にして甦える。懐かしさと共に新たなる時代への一枚(メッセージ)。」
近藤浩 (壬生狼)
RAISE A FLAGHISTORY OF FLAG2000円CD・RAISE A FLAGの25周年記念セルフカヴァーベストアルバム!
現メンバーによって再録されたレイズアフラッグの軌跡に加え、同タイトルの新曲「HISTORY OF FLAG 」を収録した全11曲! 全てのスキンズ&パンクス必聴!
収録曲:01.STRONG WILL 02.GENERATION OF Oi! 03.NEVER TO SUBMIT 04.SHAKE MY FIST 05.STRONG BONDS 06.I NEVER YOU NEVER 07.GET OWN WAY 08.WE TAKE OVER THAT TIME 09.SURVIVE 10.旗揚 11.HISTORY OF FLAG
MALiCE PANiCMALiCE PANiC1000円CD+7EP名古屋を拠点に活動中のUK82〜2000年代STREET PUNK/Oi!スタイル「MALiCE PANiC」の初単独作となる7インチがセルフリリース決定!7インチ(CD付き)、300枚プレス!
収録曲:
A-1.Parasite  A-2.Don’t Give Up the Fight
B-1.Blind With Terror  B-2.You Stand By
以下、今村紀康氏(POGO77 RECORDS)より!
■名古屋を中心に精力的に活動しているMALiCE PANiC、2012年結成以来、3枚のオムニバス「BEYOND ALL BORDERS」(FROM Vo.Pierce Panic)「VILLAINY PRISON PUNK CHARTBUSTERS」(FROM VILLAINY PRISON RECORDS)「NOISE OFMIND vol.3」(FROM -REJECT-)には参加したが、遂に初めて単独音源”MALiCE PANiC”をリリースする。しかも自主7"レコードと来たもんだ!300枚限定4曲入りということで震えながら早速針を落としてみた。全編ボーカルPierce PanicのオリジナルENGLISH(アメリカ人)が心地よいUK82や2000年代STREET PUNK/Oi!を基軸にした楽曲、シンガロングなコーラス、泣きもメロディーも多く速いって訳でないのに勢いを感じるCLOCKWORK HARDCORE PUNKなのだ。まさに日本では絶滅寸前であろう王道のクラシックスタイルSTREET PUNK!簡単に個別にトラック紹介してみよう、A1トラック「Parasite」、掛け合いコーラスが印象深いメロディーのしっかりしたCLOCKWORK HARDCORE PUNK、A2トラック「Don’t Give Up the Fight」、ミドルテンポなFIGHT SONG!、B1トラック「Blind With Terror」、THE BLOOD、日本でいうとHAT TRICKERSを思い出すハードコアであり泣きもあるハードコアパンク、ラストになるB2トラック「You Stand By」、緊張感あるハードコアパンクでボーカルの乗っけ方、ギターの入れ方がやばい!軽く触れたが見た目から感じるよりかなりCLOCKWORK HARDCORE PUNK。あえてバンドを出すとしたら、LOWER CLASS BRATS/THE UNSEEN/CHEAP SEX/THE VIRUS等のPUNK CORE第1世代〜第2世代、古くはTHE BLOODなんかの要素も多分に入ってると思われるな。名古屋で自主企画「FALL DOWN NINE」を不定期に開催予定だったり、「DEAD CHAIN」「SHOUT IT LOUD!!」も開催している。アナログを聴けない人でも、優しいCD付きなので、ぜひ音源を手にとってもらいMALiCE PANiCの魅力を感じてもらいたいのだ!
Ghettos『LIVE AT EARTHDOM』1389円カセットテープ・地元高円寺でもその存在感を急速に拡大中の「ghettos」
2018年3月23日「ザラつく羨望 快受電光三尺剣 ツラみてきめろ Vol.02」 新大久保EARTHDOMにて行われたライブ音源がカセットテープにてリリース!
マスタリングエンジニアに岡本太郎作、太陽の塔館内BGMや、同作のドキュメンタリー映画サントラも担当した新進気鋭のトラックメーカー「JEMAPUR」 が担当。加えてMASTERED HISSNOISEエンジニアによるカセット用のマスタリング&等倍録音で仕上げた力作。
ライブ盤ならではの臨場感と空気感がぎゅっと詰まった作品です!
収録曲:
Side A : opening / Abunjahbun Still Alive / 出口はいらない
Side B : ReBorn To Be Child / なまくら
■私がghettosを知ったのは2017年末Dead Pan Speakers主催「BAUHOUSE」でDJをした際幸運にも彼&彼女達のパフォーマンスをステージ脇で体感する機会を得た時だ。
もちろん私の紹介は不要な位に、その筋&その界隈では既に有名な存在なのかも知れないが前情報や事前の知識も乏しい初見の私にも伝わる、その圧倒的なパワーとパフォーマンス、 願い、訴え、祈りにも聞こえる歌詞、それを叩き込むボーカルglicoの歌唱力と存在感etc、、、 大きな衝撃を受け帰宅後ネットで調べた時に出て来たのが先に挙げた2つの動画だ。
例えばここで「元Suicidal TendenciesのStephen Bruner(Thundercat)がFUNKを基調に昨今支持を得て・・」の様な バイヤーさんの琴線に触れる文言や潮流を羅列し、バンドの音楽性をビジネスの傾向に乗せる事が常道かも知れない。
だが私がここで強くお伝えしたいのは、バンドの周囲に居る方たちの反応や顔ぶれだ。
場所もライブハウスや告知が行き届いたイベントでは無く、何なら別の用事でたまたま通りかかっただけの 私の様に事前の知識や情報が無い方たちがどんどん巻き込まれていく様子が見て取れる。
踊りだす人たちの顔ぶれも老若男女&人種問わず様々で多様で自由で勝手だ。
一方、世間に目を向けてみれば、戦争、暴力、人種差別、偏見は相変わらず蔓延し 人と人を繋ぎ、情報の民主化に一役買うと見られたインターネットも、昨今ではむしろ違いを鮮明にし そこから新たな誤解や不理解を拡散し、結果人と人とを遠ざけ、新たな暴力を生み出す負の側面も際立っている。
音楽ビジネスにおいても大容量でコンパクトが至上の価値のごとく連動し そこには人生をも変えてしまう1曲との出会いやその価値などは過去の遺物へと追いやられる寸前だ。
「デジタルvsアナログ」の様な10年前の論議を今更蒸し返すつもりも無いが デジタル時代においての音楽の在り方、音楽と人との向き合い方、人と人とのつながり方等 現在多くの音楽関係者が直面してるであろうこれらの問題に、ghettosはその活動や姿勢や態度で示し始めた ポストデジタル時代の最先端だと断言したい。
たまたま今はFUNK色の濃い曲が目立つが、この先に音色や奏法が変わってもghettosはFUNKでPUNKでROCKであり続け、 つまりは忘れかけてた音楽そのものを体現し表現するバンドだと確信している。
-DJ Hakka-K-
V.A.Respect Volume One ☆To My Friends☆1705円CD・2000年リリースのPunk, Hardcore, Skaコンピレーション。
収録バンド:
1.Laughin' Nose:Get The Glory-2000
2.Swell:Swell
3.Undown:The Mosh Crew
4.G-Freak Factory:When The Country Was Young
5.Stone Heads:狼煙 Featuring – Bamiuda Dk
6.No End Why:Sing Along The Wind
7.The Line::System Deceptive
8.Dang:Government
9.Engrave:Broken Bones
10.S★Creaters:The Blood Of Prime Minister
11.Bee's Knees:Still Think About You
12.横綱Ichiban:Pretty Vacant(Sex Pistols)
13.The Frisbee:Summer Night Trippin’
YOUR PEST BAND AUTOMATIC ASPIRATION1800円12EP・西東京PUNK「YOUR PEST BAND」の新メンバーでのリリース第2弾となる、2018年作6曲入り12インチ!
ポスト・パンク/ニューウェイヴ色をさらに高めつつもYOUR PEST BANDとしての個性をもはっきりと感じさせる、ジャンル・ミュージックの枠に嵌ることのない、逆説的に普遍的なYPB流R&Rサウンドを45回転12インチでお届け。 DLクーポン付。USのDIRTCULTとの共同リリース。
DIASTEREOMERignition advancer2593円LP・ DENDO MARIONETTE、C.Memiに続きNYCのBITTER LAKE RECORDINGSから更なるJAPANESE SYNTH POP/NWの秘宝がリリース。86年に高校の友人によって結成されたオブスキュア・トーキョーニューウェーブ/シンセポップデュオが、89年に200枚のみプライベートリリースしていた2曲入りシングルに、87-91年にレコーディングされていた未発表6曲をくわえて初の再発、LP化。全8曲。 350枚プレス!既にレーベル在庫なし!ピンときた方はおはやめに!
NEUROTIC DOLLREVEAL -啓示-3000円CD※在庫切れです※
・※特製BOX仕様/完全少量生産限定盤。
カジヒデキ、ヤマジカズヒデ(dip)、ナガタヤスシ(dip)、Seiji(EX-ANS)、Gazelle(ASYLUM)、Yukino(AUTO-MOD)も在籍したポジティヴパンクバンド「NEUROTIC DOLL」幻のアナログ作品がボーナストラックを追加しリリースから実に32年ぶりとなる待望の初CD化!!
1983年結成、VoのNEU!(ノイ)を中心に活動開始。以来1度の解散も無くオリジナルなポジティブパンク・サウンドを追求し続けているNEUROTIC DOLL。その活動初期に8インチ(20cm)という特殊なサイズのアナログ盤にてリリースした幻の4曲入り1st音源「REVEAL -啓示-」。
海外オークションでも高値で取引されている今作品は、今年活動35周年を迎えるニウロティック・ドールの初期メンバーによる貴重な演奏も魅力のひとつ。過去に在籍した豪華メンバー達、とりわけ今作が自身初レコーディングとなるカジヒデキ氏のベースプレイ。他にも本作には直接関わっていないが現dipで活躍するヤマジカズヒデ&ナガタヤスシ両名、復活を遂げたEX-ANS・Seiji氏、ASYLUMのGazelle氏、また現AUTO-MODのYukino氏 etc...挙げ出したら切りが無い程贅沢すぎる歴代メンバー達が現在まで継承、プレイし続けてきたライブ定番名曲に加え、オムニバス等に収録されていたレア音源も追加収録のまさにベスト的決定盤!!
収録曲:1 DEATH LABYRINTH 2 背徳の夜 3 REVEAL -啓示- 4 白夜 5 Cantharella -媚毒夢- 6 鎮魂夜曲(mourning ver.) 7 Corruption -腐敗- (an evil omen ver.) 8 GLORIA -闇の凱歌-
BASILISKBASILISK2000円CD・大阪発Oi!パンクバンド「BASILISK」結成10年、待望の1stフルアルバム!
■BASILISK(バシリスク)-2008年、大阪で結成。ポップかつストロングなサウンドで関西を中心に活動中。今回結成10年目にして初のフルアルバムを自主レーベル「RIDE ON RECORDS」よりリリース。全編SING ALONG必至の全12曲収録。
THE NOUPFLAMING PSYCHIC HEADS2200円CD・岡山PEPPERLAND、CRAZYMAMA STUDIOにて自主企画「NOUP PARADE!」を開催するなど岡山を拠点に活動、多方面への遠征も行う「THE NOUP」の2018年新作!
2013年より現メンバー岡田高史(vo,dr,syn)、矢野駿典(gt,per)、清原基之(ba,syn)で活動開始。楽曲は主にパルス調のギター、反復する硬質なドラムビートとベースから構成され、そこに囁きかけるかの如きボーカルが加わることで、独特のドライブ感を持ったグルーヴを作りあげる。最近ではアナログシンセサイザーを導入し、ダンスミュージックというカテゴリーではない、よりポリリズミックでミニマルな楽曲も演奏している。自身のイベント「NOUP PARADE!」を岡山でコンスタントに企画しながら、これまでに3つのカセットテープ、2015年に7インチEP『PARADE!』を自主リリース。2017年には「Call And Response records」主宰のコンピレーションCDに参加。
収録曲:1.NOUP PARADE 2.UTOPIA 3.FLOWMOTION 4.MONOCHROME DEAD 5.IMPOTENTS ANAAKI
THE DISASTER POINTSNOTHING BUT ROCK'N'ROLL926円CD・声を 拳を 心を 高く挙げろ!
大阪STREET PUNK BAND「THE DISASTER POINTS」の前作から3年ぶりとなる4th シングルCD!
アクセル全開に疾走するROCK'N'ROLL魂たっぷりの極太PUNKサウンド、そしてシンガロング必至のメロディ&ヴォーカル、コーラスワークも最高です!
4人の漢の生き様そのものを凝縮した濃厚な3曲!!
※ステッカー付きます
獅風丸Born1600円CD・宮崎にて長年活動を続けるスキンヘッドバンド「獅風丸」の3作目となるミニアルバム。
今作は持ち味であるドライブ感に拍車がかかり、より想像を掻き立てるエモーショナルなロックに進化している。
文明社会を嘲笑い、野生に戻りし剥き出しの闘争本能。 灼熱の大地に天は紅。
止まる事無き脈動が残響となりその意味を問いかける。
現世という地獄を生き散らかす獣の生き様をザラついたノイズで叩き付ける6編の散文詩。
収録曲:1.This means war 2.人狼一揆 3.地獄の命の炎 4.ニンゲンサマ 5.心臓直殴リ 6.Born
LEARNERSLEARNERS HIGH (10インチ)2000円10EP・10インチ(45RPM)+ダウンロードコード・限定1000枚プレス。
前作『MORE LEARNERS』より1年半、待望の新作のアナログ盤(+ダウンロードコード)が登場!
60’sから80’sの名曲をよみがえらせるラーナーズならではのアレンジにスーパー・ギタリスト堀口チエのロカビリー・ギターが唸る!
毎回どんな曲をカバーするのか大きく注目される中、今回も音楽好きをうならせる選曲は健在。
86年バングルズの全米bPヒット「Walk Like Egyptian」パーティー・チューンや知る人ぞ知るUKネオ・モッズ、ギター・ポップス・レジェンドThe Looking Glassの名曲、B.B.のフレンチ・ポップス定番曲等に加え、初のテレビ番組主題歌「TAKE A TRIP」等オリジナル曲も充実の全6曲!
収録曲:
A1. CASSIS OOLONG (CHABEオリジナル)
A2. TAKE A TRIP (CHABEオリジナル NHK『海外出張オトモシマス』テーマ・ソング)
A3. WALK LIKE AN EGYPTIAN (BANGLESカバー)
B1. MOI JE JOUE (BRIGITTE BARDOTカバー)
B2. MIRROR MAN feat.カジヒデキ (THE LOOKING GRASSカバー)
B3. ALLELUJAH (FAIRGROUND ATTRACTIONカバー)
LisaloomeR / / 2yaGo / / ニューロマンティックスADLUT SLASH (3Way Split)1000円CD・東京、そして四日市の手練れの面々が2012年以降に活動を始めた新バンド、LisaloomeR、2yaGo、ニューロマンティックスによる3way split CD!
punkをベースに独自解釈を続ける姿はまさにADLUT SLASH!!
■LisaloomeR:2012年札幌で同郷だったギターのカオリとドラムのマサキ(ex THUGS 、UG MAN)を中心に東京で結成。2013年に同郷の先輩、ギターのシャドウ(ex Mensu 魔術の庭)が加入。その後メンバーチェンジを繰り返し、2017年シンセベースの多実子(夜の蝶)を迎え現在に至る。サウンドはPUNK/NEW WAVEをベースにその時々でメンバーの気になった物を取りれている。
■2yaGo:メンバーそれぞれ音楽趣味は噛み合わないけど、ライブとなったら一味違う! 酔いどれ気分で暴走し、破茶滅茶な中でもグルーヴ探検!ロマンチストのいない街で3年の月日が、ロマンチスターに!(意味不)
■ニューロマンティックス:Ds+Vo 吉村由加(ex-DMBQ, CATSUOMATICDEATH/ 現-METALCHICKS, noodles)とG+Vo 天野功(ex- nails of hawaiian, speak for myself)による2ピースロックバンド。ギターのループ音を取り入れたガレージロックを基本に2ピースならではのジャンク&フリースタイルを目指す。結成2016年。都内ライブハウスを中心に活動中!
トータル件数:1156件1-25次の25件