DISK SHOP MISERY
新入荷
再入荷
RECOMMEND
セール商品
すべての商品を見る
IMPORT
PUNK/OI
HARD CORE/CRUST
OLD/NEW SCHOOL
EMOTIONAL
CHAOTIC
MELODIC/POP PUNK
ROCKA/PSYCHOBILLY
ALTERNATIVE/ROCK etc
SKA/REGGAE
GARAGE
DOMESTIC
PUNK/OI
OLD/NEW SCHOOL
HARD CORE/CRUST
MELODIC/POP PUNK
SKA/PSYCHOBILLY
ROCK/ALTERNATIVE
EMOTIONAL
GARAGE
CLUB MUSIC
TシャツGOODS
DISC SHOP MISERY
電話 082-241-0782
FAX 082-241-0782
広島県広島市中区袋町2-7 プレイグラウンドビル2F
BLOODSUCKER recordsの商品は
これまでどおり消費税はいただきません
HOME About US
アーティスト頭文字検索(serach by Initial)
数字 日本語
トータル件数:2712件1-25次の25件

全件数は(total records)2712です。 全ページ数は(pages)109です

DOMESTIC:HARD CORE/CRUSTカテゴリの中から表示中

DOMESTIC:HARD CORE/CRUSTのなかから検索します

    で のものを
写真 買物カゴ アーティスト名 アルバム名 値段 メディア コメント
DORAIDTHE SAVAGE YEARS 2011-2012 - Discography Archives Vol.4-
2月上旬入荷予定
2200円CD●東京Apocalyptic Evil Metal Punk『DORAID』のディスコグラフィーシリーズ第4弾がBLACK KONFLIKよりリリース!! ディスコグラフィーシリーズ第4弾!! 2011年から2012年リリースのEP、SPLIT等の廃盤・レア音源10曲を収録。日本語帯付き・限定400枚プレス。
収録曲:
■The Savage Beast Of Three head ( DÖRAID / Birth Ritual / Parasite ) 3 way split LP
1. X- Rated
2. Goatsheep
3. Bondage
4. Virgin Princess Mary
■Alive At The Inferno Vol.04 - Demon Revival
5. Demon Revival
6. Liberation Song
7. Human Allergy = 人間アレルギー
■Battle Of The Pagan Evil Deities ( DÖRAID / Disgraphia ) Split EP
8. Black Hole
9. Underdog
■Grind Bastards Vol. 6
10. Act As The Feelings
SWARRRM偽​救​世​主​共 + AGAINST AGAIN
2月17日発売
2200円CD●SWARRRMの初期重要作、廃盤となっていた『偽救世主共』+『AGAINST AGAIN』が編集盤として復活!
90年代後半から活動を始め、2020年代に入った今でも止まることなく、むしろ以前にも増して創作スピードを加速させ、次々とインパクトのある作品を生み出している神戸のグラインドコアSWARRRM。現在でもそのサウンドは作品毎に更新と進化を続けており、2010年代に入ってからのアルバム『Flower』(2014年/Daymare Recordings)、『こわれはじめる』(2018年/3LA)、『ゆめをみたの』(2021年/3LA)でも確実に新しいリスナーを獲得しており、この世代のバンドの中ではもはや奇跡的とも言える存在感を発している。そんなSWARRRMの活動初期とも言える2000年代前半期に発表された2枚のアルバムをカタログとして復活させる、そしてこれらの名作達の意義を現代に再提示してみることが本リリースの主たる目的となる。現在のSWARRRMを聴き込んでいるリスナーが聴いても新たな刺激を感じることができ、また当時のリスナーにとっても改めて聴くだけの価値はある作品なので、この機会に是非一聴して頂きたい。
1stアルバム『AGAINST AGAIN』(2000年/God Door,CH)、そして2ndアルバム『偽救世主共』(2003年/HG Fact)は時折中古CD市場では確認されるものの長らく廃盤になっていた作品で、ジャンル越境的なグラインドコアとしてのSWARRRMの魅力が存分に発揮されており海外でも人気の高い作品だ。本作CDでは両作品の内容を収録しており、どちらの作品もそれぞれに素晴らしい内容だが、当時のシーンへより多大なインパクトを与えた『偽救世主共』のアートワークをベースに若干の調整を入れつつもなるべくオリジナルのテイストを活かした形でリイシューしている。そのため、収録曲順は作品の時系列ではなく『偽救世主共』→『AGAINST AGAIN』という流れとしている。また2014年に3LAからリリースしている『20year chaos』(リリース当時、GtのKapo曰く「遅れてきた3rdアルバムくらいの気持ち」)も、この時期の前後=2000年代前半期の時期のEPやスプリットを厳選し再編集した内容なので、本作と合わせて聴いてみるとバンドの進化、破壊と創造の軌跡をより深く楽しむことが出来るだろう。そしてその軌跡はグラインドコアの"追求"であり、いま現在まで地続きであることを確信できると思います。
Tracklist:
[偽救世主]1.Scilence 2.Disturb 3.Gobblegegook 4.Flummux 5.Don't Mess With Texas 6.Parasite 7.偽救世主共 8.Vanish 9.Herzog 10.Damn 11.Grasser 12.Putrecence
[AGAINST AGAIN]13.Brain 14.Never Believe 15.Illitate 16.Defiant Attitude 17.Hear My Voice 18.Despair 19.Self-Abhorrence 20.H.T.D. 21.Pain 22.Hatred/Intent To Kill 23.Against Again
■以下、各アルバムについて2018年『こわれはじめる』リリース時のBookletに寄せられた行川和彦氏のコメントを紹介します。
●偽救世主共 [HG FACT / 2003年]
曲の持ち味を考慮してメタリックな音、硬い音、熱い音などの“得意分野”を持つ4人のエンジニアに分けて録ったセカンド。初代ヴォーカルのHatadaが5曲で野獣声を轟かせ、二代目ヴォーカルのOka-zが7曲でデリケイトなデス声を震わせているが、むろん混ざっていようとこちらも違和感はない。ライヴのオープニングのSEとしても使われている元RISE FROM THE DEADのMotsu演奏のマンドリンで幕を開け、怒涛のサウンドで劇的に展開。 TRAGEDYの2001年のデビュー盤で良さを再認識したストレートなものを進化させる方向性を打ち出し、中低音が目立つ邪悪なカオティック・ハードコア“パンク”がうなりをあげる。むろん悲しみの旋律も噴き出して畳みかけながら緩急織り交ぜて混沌に突入し、Satokoのピアノも2曲に挿入し、リリカルな音と野太いシャウトで静謐に締め。ほぼ聞き取り不能なヴォーカルの中から不気味な日本語のつぶやき声も漏れてきて、アルバム・タイトルの憤りが燃える。ジャケット・デザインは以降付き合いが続くSOLMANIAのMasahiko Ohnoで、ぺインティングは当時VERMILION SANDSのlkuo Taketani(元НANATARASHI~ZENI GEVA)。
●AGAINST AGAIN [CH (CD), GOD DOOR (LP) / 2000年]
「ブラスト・ビートの可能性への挑戦こそが、グラインド・コアの追求だと考えてます」 という当時のKapo(g)の言葉そのままのファースト・フル・アルバム。原点のサウンドだ。もちろん既にフルスロットル。 SWARRRMのアルバムの中で最もグラインドコアらしいブラストビートの叩き込みながら、 カオティック・ハードコアの佇まいでブラック・メタルのように直進するパートも含んでいる。今よりもギターはパーカッシヴだが、BORN AGAINSTからの影響の“泣き”の感覚が活き、HIS HERO IS GONEを思い出す悲痛なメロディをシャープに突き刺す。 ファンキーなオープニングやブルースっぽいフレーズを絡めながら早くもドラマチックに構成されており、メランコリックに終焉を迎える。 SWARRRM以前からクロスオーヴァー・バンドのGAMYのフロントマンでもある“スラッシャー” Hatadaの暴走ヴォーカルも凄み満点で、 音とせめぎ合いながら猛烈に加速。歌詞は載せていないが、いかつい音と共振して曲名どおりのネガティヴ・メンタル・アティテュードが伝わってくるのであった。なお、Kapoの自主レーベルから出したLPはCDとは別のアートワークだ。
illMilliliter/TG.Atlas900% (Split)1650円7EP●旭川を拠点に活動する「TG.Atlas」と東京を拠点に活動する「illMilliliter」。 熱くイノヴェーティヴでインテリジェンスと強烈なフィジカルエネルギーを結合させたような、コンテンポラリー・パンクとエクスペリメンタル・ロックな2組のバンドによるスプリット作品!
EP「900%」は、日本で最もアツくイノベーティブ、加えてインテリジェンスと強烈なフィジカルエネルギー結合させたような、コンテンポラリーパンクとエクスペリメンタルロックな2組のバンドがフィーチャーされた作品である。
北海道を旭川を拠点に活動するTG.Atlasは既に3つのアルバムをリリースしており、直近は2018年にImpulse Recordsから発売された「Puzzle City」。彼らの楽曲は、言うならば、エクスペリメンタルロックの伝統ともいえるShellac, The Jesus Lizard、This Heatといったサンディエゴ・ハードコアをミックスしたようなカオスなサウンドだ。更に、調子外れで歪んだサウンドとリズムが爆発的な暴動を創造している。
2017年12月にCall And Response Recordsからデビューミニアルバム「NEW STANDARD」をリリースした東京カルテットバンド、illMilliliter。TG.Atlasと同様、エクスペリメンタルかる遊び心溢れるillMilliliterのハードコアサウンドは、今にも爆発しそうなタイトでえぐられるようなリズム隊と掴みどころのないギターアレンジメントが特徴だ。
奇形児実況録画~青っ洟
2月16日発売
2750円DVD●唯一無二のバンド奇形児。2021年12月に逝去したYASUのラスト・ステージとなった2020年12月10日の無観客配信ライブの模様をノーカットで全編収録したDVD。歌詞、年表付。約80分収録。
カブトとヤス&FRIENDS旅情記~Last Live
2月16日発売
2970円CD+DVD●奇形児と並行して最期まで活動していた、ヴォーカル+ギター+パーカッション+ピアノという変則編成ロックンロール・バンドのストーンズやGSのカバーもグルーヴィーな王道R&R集。DVDは2018年7月14日のライヴ映像、CDは2020年11月28日のラスト・ライヴが収録されている。歌詞、年表付。
PSYCHIサイキ1981~
2月16日発売
2970円CD+DVD●奇形児結成前夜、YASU氏が女性ギタリストでコンポーザーのSylvy、奇形児/G.I.S.Mなどのドラマー廣島徹らと共に活動していた幻のバンド「Psychi(サイキ)」の最初期デモから再結成期までの音源を集めたCD&DVD2枚組。歌詞、年表付。
KRUELTYUntopia
3月17日発売
3500円LP●2017年夏 結成。その後のコンスタントなリリースやライブ活動によりあっという間に国内メタル・ハードコアシーンにおいて最も実績のあるバンドの1つにまで成長した『KRUELTY』。 2020年のトップリリースと名高い1stアルバム 「A Dying Truth」 より3年の時を経てついに 2nd アルバム 「Untopia」 のリリースが決定。 前作にてLP盤のリリースを担当したカナダのProfound Lore Records と今回正式に契約。
2022年1月、新型コロナウイルスの蔓延により海外渡航がまだ難しかった頃、彼らはキャリア初のUSツアーを敢行し大成功を収めた。 今作はそのツアー後にそのままロサンゼルスの 「The Pit Recording Studio (米HC界の名プロデューザー Taylor Young によって運営されるスタジオ)」 にてレコーディングおよびミックスされたものである。 マスタリングにはBrad Boatright (Audiosiege) という鉄壁の布陣。 バンドがこだわり続けている、 「ヘヴィーさとラフさの両立」 をしっかりと体現した作品である。
リリース後には北米、欧州、アジア、オセアニアを含むワールドツアーを予定しており、今後さらなる飛躍が期待される。全7曲入り。
■TRACK LIST:
1.Unknown Nightmare
2.Harder Than Before
3.Burn the System
4.Reincarnation
5.Maze of Suffering
6.Manufactured Insanity
7.Untopia
KRUELTYUntopia
3月17日発売
1500円カセットテープ●2017年夏 結成。その後のコンスタントなリリースやライブ活動によりあっという間に国内メタル・ハードコアシーンにおいて最も実績のあるバンドの1つにまで成長した『KRUELTY』。 2020年のトップリリースと名高い1stアルバム 「A Dying Truth」 より3年の時を経てついに 2nd アルバム 「Untopia」 のリリースが決定。 前作にてLP盤のリリースを担当したカナダのProfound Lore Records と今回正式に契約。
2022年1月、新型コロナウイルスの蔓延により海外渡航がまだ難しかった頃、彼らはキャリア初のUSツアーを敢行し大成功を収めた。 今作はそのツアー後にそのままロサンゼルスの 「The Pit Recording Studio (米HC界の名プロデューザー Taylor Young によって運営されるスタジオ)」 にてレコーディングおよびミックスされたものである。 マスタリングにはBrad Boatright (Audiosiege) という鉄壁の布陣。 バンドがこだわり続けている、 「ヘヴィーさとラフさの両立」 をしっかりと体現した作品である。
リリース後には北米、欧州、アジア、オセアニアを含むワールドツアーを予定しており、今後さらなる飛躍が期待される。全7曲入り。
■TRACK LIST:
1.Unknown Nightmare
2.Harder Than Before
3.Burn the System
4.Reincarnation
5.Maze of Suffering
6.Manufactured Insanity
7.Untopia
DISTURD/ULCER ”Warfare” split CD
2月下旬発売予定
2200円CD●ハードコアキッチンの2023年第1弾リリースは、言わずと知れた神戸/香川の漆黒メタルCRUST SPLIT!
ジャケットのアートワークはオーストラリアの両バンドの盟友である RekkaenによるWarfareな力作!
■DISTURD:国内外でも評価の高い神戸 DARK METALLIC CRUST!津山から神戸に拠点を移し、数々のバンドにアートワークを提供し、現在IMMORTAL DEATHのボーカルとしても活動中の072と、ex-zyanoseのirieを迎え入れ最強メンバーで活動中。
■ULCER:死国.高松DARKNESS APOCALYPTIC METAL PUNK!国内外でも評価の高いex-EFFIGY、AXEWIELDを経てex-不幸,ex-second to noneのMamiを迎え入れて活動中。

■収録曲:
【ULCER】1.VACANCY 2.BABEL 3.WARFARE 4.FOXES
【DISTURD】5. Shadow 6. Under The Warfare 7. Wave 8. Day 9. Heavy Rain
V.A. TRASH FROM CHAOS #5 COMP
一旦販売停止中
1650円CD※プレス内容にミスが発覚した為、現在一旦発売停止中です。訂正版が到着次第、再度販売開始いたします!※
●男道レコードの2023年第1弾リリース!
(以下レーベルインフォより)
地方の地下音楽シーンにうごめく面倒なハードコアにパンクな奴等を集めてみました(大阪/ソウル等の都会バンドも参加ですが……)
地方ならではの異形、もしくは変異が散りばめられた面白い作品に成ったと思います
全10バンド33曲収録、デジパック+12Pブックレット付
■収録バンド/トラック:
★ KICK YOUR ASS (徳島):01. PANIC 02. FUTURE STORIES 03. ENDLESS 04. FOR ALL THE KIDS
★ SPAZZMATICS (熊本):05. YENJOY 06. DRAG ON
★ num-hum (香川/高知):07. ナスリヤ 08. ENGAWAのギャー 09. 転がる 10. WHITE HOSPITAL 11. ZOMBIE
★ PiCNiC (岡崎):12. REGRET 13. AFTER HOURS 14. CRYSTAL 15. INDIFFERENT 16. KILLIFISH
★ GODFREE HO (高知):17. BESIDE DEATH 18. NO ANSWERS 19. LOST IN LIFE
★ KOROSE (韓国):20. ビビり 21. HOLD BACK YOUR ANGER 22. おかわり 23. WILL NEVER BE LEFT WING AGAIN 24. KUNG-FU FIGHTER 25. I HATE UBASE
★ JUSTICE HOUSE (大阪):26. MORBID WAR
★ Just Kidding (高知):27. カイライノセンダン 28. 足跡と日常
★ VOLT VALIDATION (岐阜):29. YOU CAN GET THE ANYMORE 30. FUTURE
★ SPEED!! NOISE!! HELL!! (高知):31. EMERGENCY 32. JUST DECIDE 33. I HAVE A DREAM
CRUCIAL SECTIONDedication and Friendship1100円CD●前作”Friend in the circlepit" epリリースから9年振りとなる5th EP。
ライブ会場とレーベル通販のみで販売されていた7インチレコードがCDとなって一般流通決定!
現在ライブで定番となっている4曲収録し初の音源化!
盟友HARDA TIDER(スウェーデン)との2018年ジャパンツアー後に感じた思いを曲にし、翌年アルバム用にレコーディング開始したが、コロナ禍によって全ての作業が中断。約3年経過しレコーディング作業再開され様々な思いが詰まったEPとして完成!
この期間もライブ活動を継続し、たどり着いた今作品はまさに現行RAGING THRASH HARDORE PUNK!!HARDA TIDERのボーカルErikが描いたフロントジャケットアートも注目!
■収録曲:
1.Don't be Fooled!
2.Dedication and Friendship(For HARDA TIDER)
3.Uncertain Information
4.Our Time Left,Our Limited Time

PRESSURE PACT(From Netherlands)/CRUCIAL SECTION
"CRUCIAL PACT JAPAN TOUR 2023"
3.17(fri) @ 東京 PiTBar
3.18(sat) @ 大阪 ENVIRONMENT 0g
3.19(sun) @ 名古屋 RED DRAGON
3.21(tue) @ 横浜 BUZZFRONT
3.24(fri) @ 越谷 EAZY GOINGS
3.25(sat) @ 取手 DANDELION CAFE
3.26(sun) @ 東京 PitBar
KRUELTYUntopia
3月17日発売
1650円CD●2017年夏 結成。その後のコンスタントなリリースやライブ活動によりあっという間に国内メタル・ハードコアシーンにおいて最も実績のあるバンドの1つにまで成長した『KRUELTY』。
2020年のトップリリースと名高い1stアルバム 「A Dying Truth」 より3年の時を経てついに 2nd アルバム 「Untopia」 のリリースが決定。 前作にてLP盤のリリースを担当したカナダのProfound Lore Records と今回正式に契約し、国内盤はメンバーの運営するDead Sky Recordingsよりリリースされる。
2022年1月、新型コロナウイルスの蔓延により海外渡航がまだ難しかった頃、彼らはキャリア初のUSツアーを敢行し大成功を収めた。 今作はそのツアー後にそのままロサンゼルスの 「The Pit Recording Studio (米HC界の名プロデューザー Taylor Young によって運営されるスタジオ)」 にてレコーディングおよびミックスされたものである。
マスタリングにはBrad Boatright (Audiosiege) という鉄壁の布陣。 バンドがこだわり続けている、 「ヘヴィーさとラフさの両立」 をしっかりと体現した作品である。
リリース後には北米、欧州、アジア、オセアニアを含むワールドツアーを予定しており、今後さらなる飛躍が期待される。全7曲入り、通常ジュエルケース仕様。
■TRACK LIST:
1.Unknown Nightmare
2.Harder Than Before
3.Burn the System
4.Reincarnation
5.Maze of Suffering
6.Manufactured Insanity
7.Untopia
KANDARIVASBLOOD SURGICAL DEATH LP3080円LP●LTD.200 BLACK VINYL!! 東京下町・神田結成、和太鼓を取り入れたエクスペリメンタル・トライバルグラインドコア。バンドリーダー、トモキがコロナ禍において彼の本業でもある外科医として、医療現場で感じた危機感等を楽曲に向けて吐き出し制作されたコンセプトアルバム(OBLITERATIONより2021年CDリリース)が、イタリアのF.O.A.D.よりアナログ盤リリース!!
アルバムジャケットでは彼自身の血液を抜き取り、ゆっくりと凝血しひび割れていく過程を写真に収め、コロナ禍で社会が不安と恐怖に取り込まれ崩壊していったさまをメタファーとして表現。また日本語歌詞にも拘り、ミュージシャンそして医師としての言葉が綴られ、アルバムのラストは「死体袋」と題された曲で終わる。これまでのKANDARIVASの音源とは違った緊張感に満ちたアルバムに仕上がった。またこのレコーディングを最後にドラムのOnoboneが脱退。楽曲だけでなくバンドとしても転換期となる重要な1枚。 帯付き、インサート付き、限定200枚プレス!
FALSE INSIGHTEnd of Grief1500円CD●静岡STENCH METAL CRUST 『FALSE INSIGHT』の自主リリース2023年新作音源!!
[以下レーベルインフォより]
2010年、静岡にて結成。これまでに自主テープ、STUPID BABIES GO MAD、ASOCIAL TERROR FABRICATIONと共にスプリットEPをリリースし、重厚感あるSTENCH METAL CRUSTCOREな音を軸に地元のみならず関東~関西圏でも勢力的に活動。しかしメンバーの脱退等によりその活動は低迷していきました。
地道な楽曲制作の中、目紛しく変化する情勢、度重なるメンバーチェンジも相まってその音楽性もまたストイックさを増し、より硬質なものへと変化していきました。今作はリズム隊に新メンバーを迎え、本タイトル名が示す通り「再開」の意味も込めた第一歩になります。アートワークは伊勢のオオタマサトシ氏(break down communication)が担当。自主リリースによる5 TRACKS CD作品。
FesterDecayReality Rotten to the Core
3月上旬入荷予定!
1500円CD2015年結成、福岡産初期 CARCASS WORSHIP GORE GRINDERSの 『FesterDecay』 が昨年イタリアの Ever lasting Spew Recordsと契約。 そして今年夏にレコーディングを敢行し、ついに満を持して1stフルアルバムのリリース!
冒頭の記述の通り間違いなく Reek of Putrefaction時代の CARCASS や Pathologist等からの多大な影響 が伺えるサウンドではあるが、ただそれらの焼き直しにはならないように彼ら独自のエッセンスもふんだんに含まれている。
ハードコア・パンクからの影響を感じる曲展開やドラム、そしてどちらかというと80年代後期のデスメタルのようなフレーバー感じるリフなど、多彩な構成で各曲が作りこまれており、ゴアグラインドファン以外にも十分勧めることができるアルバムとなっている。
音源のプロデュースおよび録音~マスタリングは、KRUETYにて活動する東 航平氏によってバンドの地元である福岡にて行われた。
ジリジリとしたギターや荒いドラムなど、ノイジーな要素は多分に含んでいながらただの当時物の音質や音圧になってしまわないように絶妙なバランスを目指して制作された。これから各地リリースショウや海外ツアーの計画もある彼らの傑作にぜひ一度耳を傾けてほしい。
※ジュエルケース仕様CD
■トラックリスト:
1.Rotten Fester Decay
2.Hash the Tongue
3.Fall in Grind
4.Disintegration of Organs
5.Aborticide
6.Stench of Decay
7.Psychopharmacist
8.From the Dark Tomb
9.Exposing The Skin Tissue
10.Carcasses’ Revenge
11.Cryptic Wounds
12.Liquidized Gallbladder
13.Scum’s Karma
14.Reconstruction of Malignant Miasma 
INTENTIONBRAND NEW STORY
2月1日発売
1650円CD名古屋、三重などを中心に活動をしている注目のバンド、INTENTIONが初となる音源をリリース!
様々な場所でライブを行い、既に現場レベルからジワジワと全国へその名を周知しつつあるINTENTIONですが、この度満を持してのミニアルバムをリリース。
ライブでの評判同様、録音された音は抜群のインパクトを持って世に放たれる。重厚感のある演奏に、ロッキンに唸るギター、そして熱いボーカルとコーラス。血をたぎらせて突き進む、BURNING SPIRITS直系のハードコアサウンドが燃えまくる全7曲。
メインアートワークは世界的に有名なハードコアイラストレーター、SUGI氏による描き下ろしという鉄壁の布陣。
■収録曲:1.BREAK A SPELL 2.INTENTION 3.NASTY PEST 4.未知なる旅路 5.MAD CITY AND CONTROL 6.NOT A SLAVE 7.BRAND NEW STORY
TECHNOCRACYPoison Gift2200円CD●大阪CROSSOVER HARDCORE、前作より10年振りの現体制での初音源となる待望のフルアルバム!初期の名曲"Tormentor"の再録含む全8曲収録。
Artwork By TKKR The Art demon。

後期のNO SIDEと、始動して間もない頃のTECHNOCRACYをたびたび直に体験していた若い頃の私は、そのどちらの2バンドに対しても、音楽性、キャラクター、シーンでの立ち位置などに於いてけっこう感化され、NO SIDEの分裂〜TECHNOCRACYの誕生には、メンバーの旺盛な音楽的好奇心が少なからず影響していたと聞いたその当時、正直ちょっと嫉妬にも近い感情すらあったことを、この新作を聴いて思い出した。

旧友パンクスからの嘲笑みたいな状況もあったであろう、ENGLISH DOGS, SACRILEGE, ONSLAUGHTといったハードコア・パンクのメタル・スラッシュ化によるブリティッシュ・クロスオーバーや、ビリー・ミラノに連れられてプードル・ヘアーのANTHRAXがビクビクしながらCBGBに出入りして世界が開けていったケースなど、パンクとメタルの間に絶対的に存在する壁を、困難も乗り越えながらまたいで生まれた音楽が、その名の通り本来のクロスオーバーだったのに、そのフォロワーは、音楽スタイルとして出来合いのクロスオーバー・スラッシュを演奏するバンドがほとんどになってしまっていたから、音楽的な貪欲さと葛藤が渦巻いた細胞分裂のうえで誕生したTECHNOCRACYに、「2000年代の日本でも、こういうクロスオーバー現象があるのか」と、私が夢中になった80年代のオリジナル・クロスオーバーに近いものを感じていたんだろう、と、今になって思う。

あと、W.A.S.P.もSLAYERもDESTRUCTIONもKREATORも曲名にした必殺のメタル・キーワードで雄叫びをあげる "Tormentor"を初めて聴いた時も、「やられたなー」と思った。ファイヤー!だの、イーボォー、だの、死ぬまでに1度はシャウトしておきたい名セリフのような文言がヘヴィメタルやスラッシュには存在するけど、私は別にここで笑い話を挟みたいわけでなく、パンクがそういったサタニックなワードを用いながらも、悪魔崇拝の歌詞ではなく、人間の狂気を表現していたクロスオーバーならではの手法に着目し実践していたTECHNOCRACYを目の当たりにして、やはりまた嫉妬してしまっていたのです。

ダウナーとアッパーを同時進行させるストーナー・スラッシュの手法は、諸刃の剣だとたかをくくっていたわけではないが、TECHNOCRACYはいずれそのバランスが崩れてくるのでは?と危惧した時もあった。しかし今回、その初期の代表曲 "Tormentor"も再録していて、新しいシンガーの攻撃性が、サウンドの切れ味を高めているように思う。私も、共感と嫉妬が渦巻いた、若い時分のあの感情が、この新作でまた呼び戻されるかもしれない。
(RECORD BOY 大倉 了)
恋風ピラミッド爆破指令もしくは21世紀の恋人たちへの福音1100円CD●「純愛系サイケノイズパンクハードコアプログレッシブアニソンニューウェーブ実験歌謡(マジ)」。
東京のノイズユニットVARIATIONS OF SEXのまる山まる子と、アビシェイカーの最後に愛はKATSUMASAの2人によるスペシャルユニット「恋風」のアルバム。
 「唄モノ」「脱既成ノイズ」をキーワードとして繰り広げられた丸山とKATSUMASA、そして音楽との三角関係。三者の二年にも及ぶもつれにもつれた大恋愛(遠距離)の果てに産み落とされた奇形児が今作である。
 灰野敬二や水谷孝(裸のラリーズ)を想起させる丸山の妖しく美しい歌声にアブストラクト/サイケデリックなハーシュノイズ、KATSUMASAの発狂スキャット及び治外法権的サンプリング等両者の個性が暴力と必然との絶妙なバランスで融合したアバンギャルド歌謡。
 また、近年の引き籠もり系ゴアグラインド勢やKUKNACKE等にみられるサンプリング手法を一歩先に進ませたような曲構築のハードコアにボディーコンシャスなその質感は、素材の良さを活かしすぎた日本料理が鈍行のジェットコースターに乗りながら映画を観るような、フランス料理的なコース料理として振る舞われるようで、極度に幻想的である。
 ノイズ、サイケデリック、昭和ロック歌謡からシューゲイザー、グラインド、メタル、ヘヴィロック、果てはヒップホップ、アニメソング、ヴィジュアル系までと、まるでユニット名の由来である血の繋がった兄妹による禁断の恋愛を淡く描いた伝説的深夜アニメのテーマを象徴するかのごとく、あらゆる音楽的禁断とジャンルのボーダーを乗り越えユーモアとシリアスさえも呑み込んで到達した新世紀型唄世界!  シュールなコラージュと緩やかなノイズの嵐の中で「あなたの感情に価値など無い」と囁きかける二曲目、独善的な解釈は、音楽との恋愛が故に必要とされたものなのかと考えさせられる編集系アヴァンギャルドノイズグラインドの三曲目、物音等により侍が、幼児退行願望と女性変身願望をチャンプルーされた筈であるサイケの4曲目、幸福への痛みを表現したかったであろうが結果、意味不明系センチメロディック・ダダな5曲目、歴史的アニメ映画の主題歌に余りにも大胆な解釈と解体再構築を施したカヴァー曲を盛り込んだ20分超にも渡る荘厳なサイケプログレッシブノイズ組曲である6曲目まで、リスナーの聴覚に甘く危うい恋の罠を仕掛ける全6トラック64分。
 大作指向の曲が多く長尺のトラックが続くが、その内容はバラエティに富んでおり最後まで不思議と通して聴ける構造になっていることも特筆すべき点と言えよう。
 KATSUMASAの手がけた秀逸なフルカラー3面見開きのアートワークも見所の一つ。恋風の音楽補完計画が今ここに成就される!
M.O.B.S目醒めたつもりの夢みる者へ
3月15日発売
3300円CD2016年より再始動した『M.O.B.S -Masculinity Or Bull Shit-』活動の集大成とも言うべきアルバム、ついに完成!新曲”能書の錬金術師”他に加え代表曲を新録音し網羅した全14曲収録。
[収録曲]
1. Projection of astral body (intro)
2. 能書の錬金術師
3. Dead people having sex
4. Stormy night
5. Charisma
6. Coward
7. Explode (ultra)
8. Chaos &violence
9. Stead fast
10. Guerrilla
11. Dead head
12. No more hero
13. G.I.JOE
14. 新時代のTHUG LIFEを考察する
PROLETARIART敗色に染まる反逆はブルー1100円CD●愛知は岡崎のポリティカル・ノイジー・クラスト・ハードコアバンド "PROLETARIART"の2023年2nd EPがセルフレーベルD.N.A recordsよりリリース!!
『舌を噛む勢いで喉もとに噛みつく電撃短編集』!!
収録曲:
1.窮鼠の心模様(プロローグ)
2.バック・トゥ・ザ・フューチャー
3.メディアに踊る無様の連鎖でこの有様
4.反骨の骸骨、かく語る反骨の何たるか
5.必衰の理~さようならパンクロック
V.A.(ACUTE, NIGA-ROBO, SLANG, F.U.P,SATANIC HELL SLAUGHTER)THERE ARE STILL MORE!! HARD CORE Live at 1988-1990 SAPPORO DVD (Limited 500) 2750円DVD札幌の80’sハードコアバンド『ACUTE』のディスコグラフィーCDのリリースをきっかけに、当時のLIVEを収録したDVDがマレーシアのBlack Konflikよりリリース!
収録バンドはACUTE, NIGA-ROBO, SLANG, F.U.P,SATANIC HELL SLAUGHTERの5バンド!
(以下、ACUTEのMechy氏によるインフォです)
本作のタイトルとなる【まだまだあるよハードコア-THERE ARE STILL MORE HARD CORE-】このタイトルはACUTE企画のシリーズ化されていたライブタイトルである。
ACUTEの初ライブはコピーバンドなどと同じステージのものだったが、何か違和感を感じていた。
当時ハードコアのバンドは他ジャンルのバンドと一緒にライブをする事が当たり前の感じが個人的に違和感に繋がる部分であった。
「ゴリゴリのハードコアバンドしか出ないライブに出たい、けど無いなら自分で企画しよう」
「札幌にはまだこんなにハードコアのバンドがあるってことを知らせたい」
主にこの2つの思いが、企画、シリーズ化した理由である。
ライブ名は如何にもな横文字のライブ名だと当時は観たいけどハードコアは怖いし...みたいな人が少なからず居ると思ったのもあるし、そもそも格好を付けるのが嫌いな性分もあり考えついたのが【まだまだあるよハードコア】というライブタイトルだった。
今回のDVD作成までの経緯はある日のOICHIN(F.U.P.)との他愛も無い会話の中でDVDの話になり、「今じゃ当時のバンド集められないけど、現在版"まだまだあるよハードコア"みたいに、当時のバンドが当時の映像で集まれたらいいね」 という話になり、元々音源として出す構想はあったが映像の話になった途端に一気に気持ちはそっちに向かった。
それをどこから出すか考えたところ、俺はマレーシアのレーベルからCDを出したのをきっかけに、 レーベルの担当者と頻繁に連絡を取り合うようになっていたので、そのレーベルに話を持ちかけてみる事にした。
「ACUTEと同じ時期に活動していたバンドを集めたライブDVDを作ってみたいんだよね」と話したところ 「それは素晴らしいアイデアです!」と相手は興奮気味、ただ、レーベルとして映像を出すのは初の試みで試行錯誤の中の制作にはなるが、 とにかくこのプロジェクトには興奮してますとの事。
後はバンドを選び、個々に連絡をとり、当時の映像を使用するにあたり問題は無いか確認し許可をもらう作業を進めた。
余談になるが、今回収録されてるバンド以外に3バンドほど声を掛けたが残念ながら諸事情があり参加収録ができなかったが、 明らかに当時の札幌のハードコアシーンには欠かせないバンドであると書き加えておこう。
話を戻すが、ジャケットデザイン、映像の編集などは知人の力を借り、マスターが無事完成しレーベルに渡り今回の発売に至る。
このDVDで当時の札幌ハードコアを感じてほしい。
By : Mechy (ACUTE)
NOVADIESVoice1650円CD●広島の代表的ハードコアバンド、Origin Of [M]でも独特のセンスが光るギタープレイで活躍したMaruが2017年に始動させたバンド、NOVADIES新作CD!
前作より数年の月日が経つが、メンバーチェンジを経て、コロナ禍と呼ばれる時代を乗り越えて完成させた渾身の作だ。各メンバーのバックボーンに力強く存在しているであろう、日本のハードコアのエッセンスは感じさせつつも、タイトなリズム隊は全体を引き締め、Maruの織り成す独特のギターリフがNOVADIESのオリジナリティーを強く打ち出している。歌詞のワードチョイスを含めてハードコア界を刺激するような前衛的な挑戦をはらみ、この先リリースされるであろうフルアルバムへの期待を最大限に高めてくれる。
ソングリスト:01.Voice 02.02.Lifeless shell 03.Insects 04.古時計 05.罠
ACUTE Who Want War - Discography 1986-1989 (Diehard splatter vinyl )5390円2LPCD●※Diehard splatter vinyl (black and red on white) ltd.150※
85年結成、90年代初期まで活動していた 80’s 札幌シティ・ハードコア・バンド "ACUTE"のディスコグラフィーがF.O.A.D.よりリリース!!
札幌ハードコア・コンピレーション・カセットテープ"Nothing Action,Nothing Have"(SLANG、SATANIC HELL SLAUGHTER、F.U.P.、ACUTE 収録)への参加音源を含む1986年〜1989年の全音源44曲をリマスター収録の2枚組LP+ボーナス未発表音源CD付!
ゲートフォールドジャケット、フライヤー、レア写真、歌詞、オリジナルアートワーク等々たっぷり掲載のブックレット2冊(全24ページ)、帯付き仕様。
EYESCREAMTHE END - COMPLETE DISCOGRAPHY(Diehard smokey vinyl )※SOLD OUT※3850円LP※SOLD OUT※売切れました※
※Diehard smokey vinyl (clear green mixed with black) ltd.150※
2018年の結成から2019年のラストライブまで、非常に短い活動期間で大きな注目を集めつつも解散となった仙台の至宝"EYESCREAM”の、BREAK THE RECORDSからCDリリースされたディスコグラフィーCDがF.O.A.D.よりアナログ盤LP化!!
ほぼ無名状態でリリースされた1stカセットテープが口コミレベルから大きく全国、そして世界へと波及。80年代ハードコアのテイストをふんだんに含んだサウンドは逆にこの時代に鮮烈なインパクトを与えた。強烈なメッセージを剥き出しの感情で叫ぶボーカルも凄まじく、話題性に違わぬ実力を見せ付けた。 単独音源としてはカセットテープ2本、そしてNO NO NO、経血との3WAYスプリットをリリースしているが全て現在は入手困難で高騰状態。今作はそれらの音源全てと惜しくも解散ライブとなってしまった2019年8月11日、西横浜EL PUENTEでのライブ音源をほぼ全曲収録したコンプリートディスコグラフィー全29曲!歌詞、写真等々掲載の12"x12" 4 ページのインサート、帯付き仕様。
ASBESTOSLOUD NOISE INFECTION(Diehard marble vinyl )3850円LP●※Diehard marble vinyl (dark red) ltd.150※
結成35年を迎える東京クラスト・ハードコア『ASBESTOS』
BLACK KONFLIKよりCDリリースされた2022年アルバムがF.O.A.D.よりアナログ盤LP化!!!!
ダーティーでメタリックなCRUST HARDCOREサウンドは健在!
インサート、帯付き仕様!
トータル件数:2712件1-25次の25件