DISK SHOP MISERY
新入荷
再入荷
RECOMMEND
セール商品
すべての商品を見る
IMPORT
PUNK/OI
HARD CORE/CRUST
OLD/NEW SCHOOL
EMOTIONAL
CHAOTIC
MELODIC/POP PUNK
ROCKA/PSYCHOBILLY
ALTERNATIVE/ROCK etc
SKA/REGGAE
GARAGE
DOMESTIC
PUNK/OI
OLD/NEW SCHOOL
HARD CORE/CRUST
MELODIC/POP PUNK
SKA/PSYCHOBILLY
ROCK/ALTERNATIVE
EMOTIONAL
GARAGE
CLUB MUSIC
TシャツGOODS
DISC SHOP MISERY
電話 082-241-0782
FAX 082-241-0782
広島県広島市中区袋町2-7 プレイグラウンドビル2F
BLOODSUCKER recordsの商品は
これまでどおり消費税はいただきません
HOME About US


//新着情報! //

DISK SHOP MISERY に入荷したてのアイテムです!

トータル件数: 226件   1-25  次の25件
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10 

全件数は(total records)226です。 全ページ数は(pages)10です

写真
買物カゴ
アーティスト名

アルバム名

値段 メディア コメント
2022/06/25 : TシャツGOODS
EL ZINE vol.55
600円
BOOK
A4/表紙カラー・本文モノクロ/表紙含め全50ページ
[内容]
●RAW DISTRACTIONS vs POGO77 RECORDS
(7月1日にニュー・シングルをリリースする予定の東京ロウ・パンク・バンド、RAW DISTRACTIONS。そのリリース元であるPOGO77 RECORDSの今村さんに、メンバー全員への直撃取材を敢行してもらいました)

●THATCHER’S SNATCH
(オーストラリア/メルボルンのパンクスとスキンズによるUK82パンク・バンド、THATCHER’S SNATCHへのインタヴュー)

●Yeap from HARDCORE VICTIM
(THATCHER’S SNATCHのシングルもリリースしているメルボルンのパンク・レーベル、HARDCORE VICTIMのオーナーであるYeapへのインタヴュー)

●NEMESIS RECORDSが語る初期のTHE OFFSPRING
(1989年にTHE OFFSPRINGのファースト・アルバムをリリースしたNEMESIS RECORDS。そのオーナーだったBig Frank Harrisonが語る初期のTHE OFFSPRINGについてby Negative Insight)

●GODFREE HO
(結成20周年を迎え、ファースト・アルバムをリリースした死国は高知のパワーヴァイオレンス・バンド、GODFREE HOへのインタヴューby井上/DAN-DOH RECORDS)

●Umea Punk City
(ex.AC4〜現ACID BLOODのKarlによる、スウェーデンUmeaの現地情報コラム)

●DISTRESS
(前号の『ハードコア・ロシア』特集に掲載する予定だった、ロシア/サンクトペテルブルクのヴェテランD-Beatバンド、DISTRESSへのインタヴュー)

●HILDOID
(年内に音源集がリリースされる予定の、2000年代後半の仙台で活動したハードコア・パンク・バンド、HILDOIDへのインタヴューby武山/MOTHPERDICIO TAPES)

●VIOLENT PIGZ

(今年、新作7インチをリリースした大阪拠点のアメリカン・ハードコア・パンク・バンド、VIOLENT PIGZへのインタヴューby Shooter/the GEROS)

●Tomas Bulanek
(スロヴァキアの首都ブラチスラヴァで活動するメタル・クラスト・バンドのBETONと、女性ヴォーカル・ハードコア・バンドの2 MANKY HOOKERS AND A RACIST DWARFの2バンドでギタリストを務めている、Tomas Bulanekへのインタヴュー)

●9991
(都内で活動する女性ヴォーカル・ニューヨーク・スタイル・ハードコア・バンド、9991へのインタヴューbyツトム/悲観レーベル)

●DSM-5
(スウェーデンで活動する3人組ハードコア・パンク・バンド、DSM-5へのインタヴューby Tetsuya/MILITARY SHADOW)

●Anti-Art Book Review
(アートブックの書評by Yoshi Yubai)

●Incredibly Strange Photography
(vol.32にてインタヴューを掲載した、広島県福山市出身の写真家Yoshi Yubaiによる写真連載)

●LASHING SPEED DEMONS: NO WAVE
(1980年前後のニューヨークで盛り上がりを見せたNO WAVEムーヴメントの特集by大越よしはる)

●PUNK LIVES!!
(ポーランドのハードコア・バンドOHYDAのMikeによる、アメリカのHOAXとドイツのPIG//CONTROLのライヴ・フォト・レポート)
2022/06/25 : HARD CORE/CRUST
OOPSDEMO CD
1500円
CD
・大阪を拠点に活動、各種音源に続き2021年1月にバンド初のレコードフォーマットとなる7"EPをリリースしたOOPS(ウープス)。
その7"EPリリース後ヨコタミナミが新たなボーカリストとして加入、すぐさま楽曲制作に取りかかり新曲4曲/再録1曲をサブスクオンリーにて公開、 今回さらに新曲2曲を録音/追加、全7曲入りCDとして2022年6月mouseからリリース!
ファスト&タイトなハードコアの躍動、広大なキャンパスをフリーに彩っていくようなオルタナティブロック、リズムの渦を歯切れよくステップするヨコタミナミのボーカル。
ここまでの道のりの延長線上にありながら、前作リリース時に予期されていたこれからとは同一線上になく、現編成のパーソナリティで生まれるべくして生まれた、2022年OOPSの"初心"全7曲収録。
国内現行のPOST PUNK/ALTERNATIVE然としたバンドや、海外ではTHRILLING LIVING、FEEL IT RECORDS、LUMPY RECORDSあたりから リリースされるバンドをチェックしている方にも一度再生してもらいたい内容です。
■OOPS are :(Vo) ヨコタ ミナミ(Gt) 川添 健太朗(Ba) ジャガー(Dr) チヒロ
■Recording Engineer :ippei suda (LM STUDIO)
■Jacket Art Work :INKADDICTION
■Logo Design :MOYA
■Layout Design :HISSAN (SK8NIKS / HDW)
■"YESDES" MV Directed :hamaji (INFECTION FILMS)
2022/06/25 : HARD CORE/CRUST
ザ・スターリン (THE STALIN)STOP JAP NAKED
5000円
LP+7EP
・ザ・スターリン「STOP JAP」40執念記念!
「STOP JAP」のマルチ・テープからニュー・ミックスし、レコ倫によって修正された歌詞を復活させた無修正版CD「STOP JAP NAKED」(2007)を初のアナログ化!
レコ倫の規制が入らなければ、1982年6/25に発売されるはずだったレコードを40年後の2022年6/25に発売する試み!もちろん赤いカラーレコードで!
付録は、ソノシート「肉」ではなく、LIGHT MY FIRE、ネバー・マインド・ザ・ボロッカス、NO FUN、YOUの4曲入りEP!

LP
A1. ロマンチスト
A2. STOP JAP
A3. 極楽トンボ
A4. 玉ネギ畑
A5. ソーセージの目玉
A6. 下水道のペテン師
A7. アレルギーα
A8. 欲情
A9. MONEY
B1. STOP GIRL
B2. 爆裂(バースト)ヘッド
B3. MISER
B4. 負け犬
B5. アレルギーβ
B6. ワルシャワの幻想

EP
A1. LIGHT MY FIRE
A2. ネバー・マインド・ザ・ボロッカス
B1. NO FUN
B2. YOU

プーチン率いるロシア軍がウクライナを侵略だ!
ザ・スターリンの命名の元となった悪名高きファシスト、ヨシフ・スターリンの再来といわれるウラジミール・プーチン!
スターリンvsプーチンで地球まるごとぶっ飛ばせ!まさに地上最低の内ゲバ勃発!

2022.7.16(土) 新宿アンチノック
開場18:30 開演19:00
チケット前売り3,000円、当日3,500円
出演 ザ・スターリンG(爺)、ザ・プーチン
掟ポルシェ、いぬん堂、HAYAKAWA Cob-Hey!!(Kirihito)、金子アツシ、タバタミツル、 ツージーQ、西村雄介、横山玲、イヌイジュン

*コロナ禍に関する諸官庁の勝手な都合で時間の変更、中止の可能性あり。 その場合は ザ・スターリン公式ツイッターなどSNS上およびこの公式サイトで告知いたします。
*感染防止のため以下各項へのご協力をお願いいたします。お守りいただけない場合は入場をお断り、また途中退場をお願いする場合があります。
・入場時の体温測定 ・入場時ほかの手指の消毒 ・常時サージカルマスク以上のマスク着用(アベノマスク不可) ・指定場所を超えることはできません。
2022/06/24 : SKA/REGGAE
ALPHA & OMEGA TREE OF LIFE VOL.2
3300円
LP
【RECORD STORE DAY 2022.4.23】
1996年に『ALPHA & OMEGA』がセルフリリースした伝説のアルバムが、未発表曲を追加してVol.1、Vol.2の2枚に分けてのオフィシャル再発!
UKのサウンドシステム文化を築いたベースミュージックのルーツと言える名曲の数々!
収録曲:
A1. Sacred Realm A2. City Of Dub A3. Twelve Fruits A4. Dub Tribulations
B1. Come Down Moses B2. Unity Is A Must B3. Jah Hear Me B4. Ancient Dub
2022/06/24 : SKA/REGGAE
ALPHA & OMEGA TREE OF LIFE VOL.1
3300円
LP
【RECORD STORE DAY 2022.4.23】
・1996年に『ALPHA & OMEGA』がセルフリリースした伝説のアルバムが、未発表曲を追加してVol.1、Vol.2の2枚に分けてオフィシャル再発!
UKのサウンドシステム文化を築いたベースミュージックのルーツと言える名曲の数々!
収録曲:
A1. Jerusalem A2. Africa Ethiopia A3. Promised Land A4. Night And Day
B1. Great Tribulation B2. Stepping Up B3. Tree Of Life B4. Holy Mountain
2022/06/24 : SKA/PSYCHOBILLY
HAKASE-SUNSPANISH HARLEM
1980円
7EP
・A面はHAKASE-SUN 6年ぶりのアルバム「Let It Shine ! Let It Shine !! Let It Shine !!!」より、リズム&ブルースの巨匠BEN E. KINGの名唱で有名なPhil Spector作曲の「Spanish Harlem」のインストカヴァー。
AA面は女性レゲエシンガーそして日本の女性ロックバンドの先駆けである元ゼルダのSAYOKOを母に持つARIWAを起用した「Ambitious Love」。作曲に加えてHAKASE-SUNがフィッシュマンズ以来27年ぶりに作詞を手がけ、古いアメリカのロード・ムービーさながらのレイドバック感覚溢れる、究極の精神的エクスタシーに満ちたラブソング。
収録曲:
A.HAKASE-SUN - Spanish Harlem
AA.ARIWA & HAKASE-SUN - Ambitious Love
2022/06/24 : SKA/REGGAE
KING TUBBY MEETS THE ROCKERS UPTOWN
2860円
LP
・ジャマイカの天才キング・タビーとオーガスタス・パブロによる、76年発表の定番にして最強の歴史的ダブ・アルバム!
収録曲:
A1. Keep On Dubbing
A2. Stop Them Jah
A3. Young Generation Dub
A4. Each One Dub
A5. 555 Dub Street
A6. Brace's Tower Dub
B1. King Tubby Meets Rockers Uptown
B2. Corner Crew Dub
B3. Say So
B4. Skanking Dub
B5. Frozen Dub
B6. Satta Dub
2022/06/24 : SKA/REGGAE
V.A. ROCK STEADY COOL
2530円
LP
・KINGSTON SOUNDSによる珠玉のロックステディー・コンピレーション!
1966年、記録的猛暑に見舞われたジャマイカから生み出されたロックステディー。このスローなビートを広めるためにBUNNY LEE、JOE GIBBS、SONIA POTTINGER、DERRICK HARRIOTTなど新世代のプロデューサーが生まれ、COXONE DODD、PRINCE BUSTER、DUKE REIDといったビッグ・プロデューサーに対抗。
ロックステディーの黄金期をコンパイルした1枚!
収録曲:
1. The Rudies - Train To Vietnam
2. Derrick and Patsy - Hey Boy - Hey Girl
3. Alton Ellis - Bye Bye Love
4. The Imperials - Young Love
5. Bunny and Bunny - On The Town
6. Junior Smith - Searching
7. The Soul Flames - Mini Really Fit Dem
8. Alton Ellis - La La Means I Love You
9. Rico - Blue Socks
10. Fitz & The Coozers - Cover Me
11. Bobby Kalphat - Rhythm & Soul
12. The Rudies - Engine 59
13. Derrick Morgan - Music Be The Food Of Love
14. Fredrick Bell - Ready Steady Cool
2022/06/24 : ROCK/ALTERNATIVE
スチャとネバヤンネバやんとスチャやん
2420円
7EP
・デビュー30周年を迎えた『スチャダラパー』と、2014年の結成時から高い音楽性と共に活動を続ける『never young beach』による突然変異体"スチャとネバヤン"の2021年5月にリリースされた配信シングルがアナログ化。
Side-Aはネバヤンの涼しげなアンサンブルに、ANIとBoseのたらればな掛け合いが融合した通称:遅いほう「ネバやんとスチャやん」
Side-Bはスチャダラパーらしいアレンジの効いたバンドサウンドにのせた軽快なラップと、安部勇磨による抜け感のあるサビの対比が絶妙な通称:早いほう「スチャやんとネバやん」を収録。
2022/06/21 : SKA/PSYCHOBILLY
OLEDICKFOGGY x LEARNERSRendez-Vous
6月22日発売!
1500円
CD
・OLEDICKFOGGY、LEARNERSによるランデブーなSPLIT CD!
両バンドが新曲各1曲による全2曲収録!そして2曲とも伊藤雄和(OLEDICKFOGGY)&紗羅マリー(LEARNERS)のツイン・ヴォーカルによるデュエットという、まさにタイトル通リのランデブーでドッキングなスプリット作品!!
※先着バッヂつきます!
2022/06/20 : HARD CORE/CRUST
information overload unitsecond information
800円
CDR
・STAGNATIONやCのフロントマンAzusa(Voice/Shout)と、関西パンクシーンで活動してきたNakagawa Wataru(Noise/Junk)によるユニット"information overload unit"!! 昨年HARDCORE SURVIVESからリリースされた1st EPに続く2作目となる "second information"CDRを自主リリース!! 1トラック約8分収録!!
STAGNATION、CのAzusaとSTATUSZEROにより建設された地下の巨大人体実験室information overload unitのセカンド作。
発狂した被験者の絶叫を思わせる金切り音、突如鳴り出す不気味な低音、異常な圧迫感、神経を逆撫でるカビ臭くザラついた質感のなかで金属的騒音に取り憑かれた2人の情念が渦を巻く断末魔の死亡遊戯を1トラックに収録!
Text from 佐野淳 a.k.a. SCUMZONE
2022/06/17 : HARD CORE/CRUST
BRAIN ANGUISH //ABRAZOSsplit EP
1430円
7EP
・UKはSouthamptonを拠点に活動する現行ANARCHO HARDCORE PUNK3人組グループABRAZOSと,ex-SEDITION, SCATHA, DISAFFECTメンバー在籍スコットランド産現行2人組ANARCHO PUNKグループBRAIN ANGUISHによる2021年SPLIT EP!
CRASSを引用したジャケットが印象的なEPですがABRAZOSはHack Job, The Shorts, Whole In The Head, Pilger, Armoured Flu Unitといったグループのメンバーによって結成、動物愛護等をテーマにしたショートカット&ストレートな伝統的UK ANARCHO HARDCORE PUNK ATTACK全5曲!
対するBRAIN ANGUISHは前述のメンバー2名にドラムマーシーンを取り入れたミッドテンポ&ヘヴィーANARCHO PUNKサウンドでやはりこのヴォーカルが入るとSEDITIONを思い出さずにはいられない、反セクシズムと体制に対する怒りが爆発する全2曲!
2022/06/17 : HARD CORE/CRUST
KRUELTY // TERMINAL NATIONSPLIT "THE RUINATION OF IMPERIALISM"
1500円
CD
・USアーカンソー州より鈍器のような重音をかき鳴らすヘヴィーヒッターTerminal Nationと、日本は東京より暗黒の極みへと邁進を続けるデスメタリックハードコアKRUELTYの極上スプリットが実現! オリジナルはUS名門20 Buck Spinが仕切り、こちらはKRUELTYメンバー運営のDead Sky Recordingsによる国内盤である。 両者ともに隙のない名曲を用意しているが、Terminal Nationは前作1stフルレングスで見せたデスメタル路線を踏襲しつつも初期のパンキッシュな面を併せ持つ楽曲となっている。まさに”デスパンク”を自称するにふさわしい仕上がりである。ミキシングに、過去Gatecreeperなどのレコーディングを手掛けたRyan Bramを起用。モダンかつRAWさも失わない絶妙な仕上がりに。 KRUELTYは1stフルレングス以降の流れに沿いつつも、より大胆に展開しよりアグレッシブに攻める2曲を用意。突っ走るDビートから急転直下のビートダウンまで、あらゆるエクストリームミュージックを取り込みつつもしっかりと彼ら流にまとめた形だ。ミキシングにはこれまで同様Taylor Youngを起用した。 スプリットとしての完成度を高めるために、マスタリングは全曲まとめてUSハードコア/メタルシーン第一線のBrad Boatrightに依頼。世界レベルで戦うにふさわしいプロダクションとなった。全5曲入り。通常ジュエルケース仕様。 (インフォメーションより)

TRACK LIST
1. CURATORS OF BRUTALITY (TERMINAL NATION)
2. SACRIFICIAL CAPITAL (TERMINAL NATIOT)
3. EMBALMED CRUCIFIX (TERMINAL NATION)
4. SUPPRESSION (KRUELTY)
5. UNDER YOUR PRESSURE (KRUELTY)
2022/06/17 : HARD CORE/CRUST
SEDITIONDISCOGRAPHY CIRCA 1989 / 1992(2LP)
6270円
2LP
・伝説と化したケルティック・レイジング・スラッシュ・ハードコア "SEDITION"の1989年から1992年までに発表したFIRST Demo / Dealing With Cliches E.P / Disaffect Split E.P / Pink Turds In Space Split L.P / Earthbeat L.Pを網羅したディスコグラフィー2枚組LP。36ページブックレット(16cm X 16cm)
収録曲:
SIDE ONE:
(First Demo; 1989)
01. T.V. Sickness
02. Disgrace
03. Abuse
04. Why Fur?
(Dealing With Cliches E.P; 1989)
05. ...Or Dealing With Death!
06. Criminals Of War
07. The Chase Is On
08. Justified Violence
09. Violation
10. Life?
(Disaffect Split E.P; 1992)
11. Why Fur?
12. Police Story
13. Narrow-minded Bigot
14. The Parish of Dunkeld
SIDE TWO:
(Pink Turds In Space Split L.P; 1990)
15. Consumer Brainwash
16. Suffocation
17. Authority
18. Cease To Exist
19. Nobody
20. Deja Vu?
21. No Poll Tax!
22. Homophobia
23. Friday
24. Love
25. Judge And Be Damned!
26. Swine
27. Holy Corruption
28. Understand Me!
SIDE THREE:
(Earthbeat L.P; 1992)
29. Earthbeat 
30. Tribal Transition
31. Gaia
32. Deconsume 
33. Lungs Of The Earth
34. Ecologic
35. Logical Isolation
36. Ride On
SIDE FOUR:
37. Trail of tears
38. Aphorism
39. Who's The Savege?
40. Sex-Biased Roles
41. The Key To Co-Existence
42. New Breed - Bad Seed!
43. Death Chants
44. Freedom Is An Attitude 
2022/06/17 : TシャツGOODS
THE ART DEMON ( a.k.a TKKR THE ART DEMON )IMAGINATION OF THE DARKNESS
2500円
BOOK
・大阪 HARDCORE BAND Technocracy、Midnight Resurrector、V.A AMEBIX JAPAN や ACOSTIX のLP 等、多くのジャケットやフライヤーなどのアートワークを多く手掛ける THE ART DEMON ( a.k.a TKKR THE ART DEMON ) の集大成的作品集を自主リリース! 2004 年ころより 2022 年まで、コロナ禍で制作された新作を含む全 58 ページ 限定 250 部!!

PROFILE:
SMASH YOUR FACE、FIRST ALERT、RAZORS EDGE などの音源用の写真などを撮っているフォトグラファーだったが、一時期ロンドンに身を潜める。その頃から絵を描き始め、「自由戦士」関係や山口大介氏関係 (Technocracy/Midnight Resurrector) の作品を多く手がける。近年、スケートボーダーの JAHI と共に スケートボードとアートと音楽の Zine、ZENTERPRISE MAGAZINE の制作を続けている。映像も手がけるなどマルチクリエーターである。
2022/06/10 : ROCK/ALTERNATIVE
BorisHeavy Rocks
1650円
7EP
・Boris30周年記念シングルシリーズ!代表的なアルバム6タイトルから2曲づつの7インチを隔月で6月、8月、10月で3連続リリース!
第1弾はアルバム『Heavy Rocks』からの代表曲2曲を7インチシングルカット!今回の新規カッティングにあたって、TDマスターまで遡ってリマスタリング。
『Heavy Rocks』2002年リリース。2000年に入り、バンドの表記を大文字BORISと小文字borisでの使い分けが始まった。大文字名義では「ロックの中心に向かっていく作品」、小文字名義では「ロックの中心から拡散していく作品」という位置付けとし、『Heavy Rocks』は大文字BORISとしての最初の作品である。2011年にも同名タイトルのアルバムがある為、通称『オレンジHeavy Rocks』と呼ばれる。
小文字boris名義で先に2000年にリリースされた『flood』は、実は『Heavy Rocks』と同時進行で制作が進められており、当初のプランでは2作同時にリリースするはずであった。
一つの作品にまとめるのではなく、対比する2作品として発表するスタイル、バンドとその音楽の像をより立体的に表すというリリーススタイルは既にこの時期に確立され、2021年の『NO』から今年リリースの『W』に至る一連の流れの原点とも言える。
『Heavy Rocks』には親交のあるカリフォルニアのバンドACID KINGのLori他、当時日本国内で行なっていた自主企画「Fangsanalsatan」でジャンルを越えた共演を重ね、Borisが同志と呼べるプレイヤーにゲスト参加してもらっている。MAD3のEddie、AbnormalsのKomiのキャラクターが加わり「ロックの中心」を強く感じさせつつ、崩壊寸前まで楽曲を侵食するMerzbowやMasonnaの音響が「ロックの外側」へと連れ出そうとする。
大文字BORIS名義ながら、実はアンビバレントな現象が『Heavy Rocks』の中で起こっているのも、現在のBorisの在り様に通じるものがある。
このアルバムは当時日本国内CDのみのリリース、後のアナログ・プレス工場の火災によるスタンパーの消失により実質廃盤状態である。世界中のリスナーからはBorisのカルト・クラッシックスとして再発が熱望され続けているアルバムだ。
今回シングルカットされた「Heavy Friends」と「Korosu」は20年に渡りライブでも頻繁に演奏される代表曲と言える二曲。
収録曲:Side A : Heavy Friends / Side B : Korosu
2022/06/10 : ROCK/ALTERNATIVE
BorisPINK
1650円
7EP
・Boris30周年記念シングルシリーズ!代表的なアルバム6タイトルから2曲づつの7インチを隔月で6月、8月、10月で3連続リリース!
第2弾はアルバム『PINK』からの代表曲2曲を7インチシングルカット!今回の新規カッティングにあたって、TDマスターまで遡ってリマスタリング。
『PINK』は2006年にリリースされたアルバム。2002年に『Heavy Rocks』を発表後、大文字名義で『あくまのうた』('03)をリリース、以降小文字名義で『boris at last -feedbacker-』('03)、『目をそらした瞬間 -the things which solomon over looked-』('04)、『マブタノウラ』(’05)と実験的な作品を連続リリース。この時期に独自のレコーディングの手法を確立、蓄積し『PINK』は完全セルフレコーディングによる初の作品、そして3年ぶりの大文字名義のフルアルバムとなった。
『PINK』はアメリカDoom Metalの殿堂Southern Lordからリリース、Pitchfolkなどのメディアから高評価を受け、世界各地からの公演オファーやメディアへの露出も急増し、Borisのブレイクスルーを成し遂げた起爆となったアルバムであり、代表作としてロックの歴史に刻まれた作品と言える。以降、2020年のコロナ禍になるまで毎年定期的に、長期にわたる海外ツアーを継続。コスモポリタン・バンドとしての活動の起点となった。当時、国内盤アナログは2枚組のステンシル型特殊ボックス仕様(ltd.500)でリリースされ、CDバージョンではダイ・カット&特殊加工されたインサートをプラスティックジャケットで挟み込むという前代未聞のアートワークでのリリース。フィジカルの表現にも当時からこだわりの姿勢が爆発している。
今回シングルカットされたのは、アルバムタイトル曲の「PINK」と「スクリーンの女」。
「PINK」はライブでは欠かせないアンセムの一つであり、このイントロが鳴っただけで会場フロアにモッシュピットが出現するほど。「スクリーンの女」もサブスクリプションのランキングでは常に上位をキープする曲。
収録曲:Side A : PINK / Side B : スクリーンの女 ーWoman on the Screenー
2022/06/10 : HARD CORE/CRUST
kamomekamome // SWARRRMSPLIT
3300円
12EP
tracklist:
A: kamomekamome
1. 使い魔たち
2. 海を忘れたくて
B: SWARRRM
1. 超えて
2. サガシダスマデ

・この2バンドによるスプリットが実現するなんて誰が想像できただろうか...! 日本国内ハードコアシーンにおいて特異な存在感を放ち続けるkamomekamomeとSWARRRM、その2強がぶつかりあう至高のスプリット作が2022年に完成。それぞれが到達した極地から鳴らされる演奏は張り詰めた緊張感とエネルギーに満ち、聴くものを圧倒し、時に突き放し、そして奮い立たせる。今年一の注目作になることは間違いない。  2013年に発表された『BEDSIDE DONORS』以来となる、実に9年ぶりの新曲リリースとなるkamomekamomeをリスナーも待ちわびていただろう。これまでリリースを重ねてきたアルバムも傑作揃いであったし、最新アルバムである『BEDSIDE DONORS』まで自身の到達した高みを何度も塗り替えてきた。ハードコアパンクを土台にしつつも、殺傷性の高いメタルリフの刻みとプログレッシブかつ叙情的な楽曲展開、他の追従を許さない鉄壁なリズム/アンサンブルでの演奏に、ボーカル向の言葉、メロディ、叫び、そしてベース/コーラス中瀬の絶叫、それぞれががっちりと融合したkamomekamome独特のスタイルは本作でも健在。2022年の今、この先に何を表現するのか... 収録される新曲に期待を寄せるのは当然だろう。だが、はっきり言っておきたいのは、このスプリットが至高であるということだ。「使い魔たち」「海を忘れたくて」、収録されるのはわずか2曲だが、両曲とも過去の名曲達と双璧を成す、むしろその先へ一気に突き抜けたかのような強烈なインパクトとスケール感を持つ楽曲に、その創造力の凄みに、あなたは言葉を失くすだろう。
 対するSWARRRMの新曲も凄い。常に自身を更新しながら音楽を創造し続け、作品発表のペースは落ちないどころかむしろ加速しているという国内シーンでも稀有な存在であり、カオス&グラインドの思想の下、膨大なアイデアを試行し続けた末、激情的グラインドコアを近年さらに昇華させているSWARRRM。ハードコアパンクの激しさ、刹那的な哀愁を滲ませるサウンド、ボーカリストのフィジカル、グラインドコアの中で日本語で表現される歌...それらも当然バンドの魅力だが、それだけでなく作品毎に確実にリスナーに驚きを与える変化や刺激があること、「常に最新作が最高傑作である」という創造力の豊かさこそがこのバンドのシグネイチャーである。2021年には『ゆめをみたの』という傑作アルバムを生み出したばかりであるが、本作に収録される「超えて」「サガシダスマデ」の2曲は、その『ゆめをみたの』からも逸脱を感じさせるザラついたサウンドの生々しさ、強烈な個性同士の衝突が火花を散らす緊張感があり、それは彼らの破壊と創造が今も現在進行形であることの証左でもある。日本国内だけに留まらず海外にも多くのリスナーを持つSWARRRMだが、その理由は彼らが誰にも追従せず、流行にも目をくれず、自身の表現の先を突き詰めているからに他ならない。その普遍的価値こそこの時代に相応しいものなのだと確信させてくれるだろう。
 本作のフォーマットは45回転の12inchレコード、限定800枚でのプレス、デジタルデータでのダウンロードコード付という仕様でのリリース。ジャケット、インナーのアートワークデザインは向達郎氏が担当。kamomekamomeとSWARRRM、今、この2バンドがスプリットをリリースすることの意味を感じてもらいたい。
2022/06/09 : HARD CORE/CRUST
FATAL VISIONZEITGEIST (LP/DIEHARD SEABLUE GREEN VINYL)
3190円
LP
※限定100枚 DIEHARD SEABLUE GREEN VINYL!!
INSANITY DEFENSE、SATANS CHEERLEADERSのJeff Earingが在籍していたニューヨーク州ロングアイランドの80'sハードコアバンド「FATAL VISION」の1983年にレコーディングされた音源がイタリアFOADよりリリース!
歌詞、ライナーノーツのスキャンを含むインサート付き。全12曲を収録。
2022/06/09 : HARD CORE/CRUST
INSANITY DEFENSEASYLUM - COMPLETE RECORDINGS 1983-1985 (LP/DIEHARD SEABLUE GREEN VINYL)
3190円
LP
※限定100枚 DIEHARD SEABLUE GREEN VINYL!!
・ニューヨーク州ロングアイランドの80sハードコアバンド「INSANITY DEFENSE」の1983-1985年にかけて発表された作品を収めた音源集LPがイタリアFOADよりリリース! 初期NYHCの不朽の名作とも言われている1983年作デモカセット「Insanity Defense」、ダークさとキャッチーさが絶妙なバランスの1985年作アルバム「Pilgrim State」を収録。スピーディ&パワフルなメタリック・ハードコアが静寂を破壊!!写真、フライヤー、歌詞、アートワークが掲載された16Pブックレット付きです!
2022/06/09 : HARD CORE/CRUST
PIG CHILDRENTHE TORMENT CONTINUES... 1983-1986
3190円
LP+CD
※限定250枚 SOLID BLACK VINYL!!
・カリフォルニア・オレンジカウンティー出身の80sハードコアバンド「PIG CHILDREN」のディスコグラフィーLPがイタリアFOADよりリリース!
1983年作デモカセット「Pig Children」、1985年作EP「Blood For The State」を収録したLP。さらに、付属のCDにはカルフォルニア/ロングビーチのFenders Ballroomで行われたライブの音源を収録した全31曲。写真、レアなフライヤー、バンドのヒストリーが掲載されたフルカラーブックレット付きです!
2022/06/09 : HARD CORE/CRUST
RATOS DE PORAONECROPOLITICS
1980円
CD
・1981年結成以来、立ち止まることなく走り続けるブラジリアン・ハードコアバンド「RATOS DE PORAO」の前作から約8年ぶりとなる最新作2022年アルバムがイタリアFOADよりリリース!!
Jaoの狂気的なリフにGordoの爆音ボーカルが混然となって襲い掛かる南米ハードコアシーンにおいてトップを走り続ける彼らの真骨頂がここに!!全10曲収録。
2022/06/06 : PUNK/OI
CAJA DE RITMOSGRANDES EXITOS
1700円
CD
・西海岸ロサンゼルスを拠点に活動するPUNK ROCK/POST PUNK/NEW WAVEバンド『CAJA DE RITMOS』の20曲入りベスト的アルバムがDISCOS PELIGROSOSよりリリース!
(以下、レーベルインフォより)
POLISKITZO,AUSENCIA,FUTURA,LA EQUI等のメンバーによりCAJA DE RITMOSは結成された。
彼等の活動拠点であるアメリカ西海岸ロサンゼルスは多種多様なバンドが混在し、ひしめき合っている。 だがしかし、その中でも彼等の存在は一際異彩を放っている。
前述したバンド名から連想する音楽性は良い意味であなたの予想を裏切るだろう。
耽美的で琴線に触れるギターフレーズとキャッチーなボーカル、その間隙を縫ってうねるベース、そしてそれらを根底から力強く支えるドラムビート。
彼等のバンド名は80'S スパニッシュパンクの伝説的なバンドPARALISIS PERMANENTEの曲名から拝借しているが、ただの焼き直しではない事は明確である!
アートワークはバルセロナのハードコアパンクバンドLUMPENのメンバーであるMATEO CORREALとKSDWによる共作。
これまでデジタルのみでリリースされてきた音源にデモ音源を追加して初のフィジカルでのリリース!
GRANDE EXITOS(GREATEST HITS)と名付けられた今作はPUNK ROCK〜POST PUNK〜NEW WAVE等を愛する全ての人にお勧めします!
2022/06/06 : HARD CORE/CRUST
FECUNDATIONDecomposition Of Existence
1650円
CD
・2013年から活動する韓国産テクニカル・ブルータルデスメタル、FECUNDATION。
ギター講師を生業とするメンバーのChuck Jengaによるブルータルデスメタル + 速弾きソロの独特な楽曲スタイルで結成当時の「99% ピュアデスメタル、1% イングヴェイ・マルムスティーン」のスローガンも伊達ではない。
凝りに凝った手数の多いリフワークとブラストビートが複雑かつ流麗に融合した職人的な楽曲。SUFFOCATION、DYING FETUS、DEEDS OF FLESH、DESECRAVITYなどブルータル・テクニカルデスメタルファンには興奮のサウンド。
現在、Chuck JengaはESPとエンドース契約を結び、国産グラインドデスメタル、BUTCHER ABCのセカンドギターリストとしても活動。
2018年にロシアのCoyoteから限定500枚でリリースされたファーストフルアルバムに2016年の4曲EP音源、ライブを追加収録してのジャケ違い再発盤。
収録曲:
1 Abolishment Of Existence
2 Fetal Devourment
3 Chapter Of Detestation
4 Intestinal Diverticulum
5 Depravity And Abuse
6 Putrid Dead Flesh
7 A Perverted Appetite
8 Vomit Stench Around Her Lips
9 A Congenital Deformity
10 Hypermesis Gravidarium
11 Threathened Abortion
12 Embryotomy
13 Bonus Live Track
トラック 1-8 : Decomposition Of Existence 2018
トラック 9-12 : Congenital Deformity 2016
2022/06/06 : HARD CORE/CRUST
MEAT SHITS For Those About To Shit We Salute You
1650円
CD
・1989年から活動する元祖ポルノグラインド。
1992年にチェコ・スロヴァキアのDiscord Recordsからリリースされた274曲収録のフルアルバムがついに再発。
MEAT SHITSファンはもちろんANAL CUNT、SEVEN MINUTES OF NAUSEA、SORE THROAT、ゲロゲリゲゲゲ、CUNTSなどノイズコア、ノイズグラインド、グラインドコアファンに!! 限定500枚。
収録時間 : 274曲70分! (トラックは26)
トータル件数: 226件   1-25  次の25件
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10