DISK SHOP MISERY
新入荷
再入荷
RECOMMEND
セール商品
すべての商品を見る
IMPORT
PUNK/OI
HARD CORE/CRUST
OLD/NEW SCHOOL
EMOTIONAL
CHAOTIC
MELODIC/POP PUNK
ROCKA/PSYCHOBILLY
ALTERNATIVE/ROCK etc
SKA/REGGAE
GARAGE
DOMESTIC
PUNK/OI
OLD/NEW SCHOOL
HARD CORE/CRUST
MELODIC/POP PUNK
SKA/PSYCHOBILLY
ROCK/ALTERNATIVE
EMOTIONAL
GARAGE
CLUB MUSIC
TシャツGOODS
DISC SHOP MISERY
電話 082-241-0782
FAX 082-241-0782
広島県広島市中区袋町2-7 プレイグラウンドビル2F
BLOODSUCKER recordsの商品は
これまでどおり消費税はいただきません
HOME About US


//新着情報! //

DISK SHOP MISERY に入荷したてのアイテムです!

トータル件数: 563件   1-25  次の25件
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23 

全件数は(total records)563です。 全ページ数は(pages)23です

写真
買物カゴ
アーティスト名

アルバム名

値段 メディア コメント
2020/03/31 : TシャツGOODS
BollocksNo.048
1000円
BOOK
■表紙/対談
森重樹一(ZIGGY)× NICKEY(NICKEY & THE WARRIORS)
■インタビュー
ガガガSP/LEARNERS/HAWAIIAN6
THE STREET BEATS/突然少年
FOUR GET ME A NOTS/SWING KIDS
SANDIEST/HAT TRICKERS/Theピーズ
ANNIE DROPS/ザ・スターリン/SANDIEST
FREAKY MACHINE/忘れてモーテルズ
■企画/レポート
SAKAI MEETIMG 2020
Murphy's Law ツアー・レポート
■連載
叛逆者解体新書/ROCKER'S TATTOO
アツシ(ニューロティカ)『居酒屋あっちゃんロック迷鑑』/The Arms of PLAYERS 他にもパンクな企画が満載!!
2020/03/31 : PUNK/OI
FIRESTARTERDEMOLITION TAPES
2000円
CD
現在まで残したリリースの内容がどれも素晴らしく、日本はもとより海外のコアなPUNKファンからも根強く支持され続けているFIRESTARTER。
2000年の1stアルバム、7インチリリース以前にレコーディングされ、当時からカセットテープ、CDRでファンの間で広まっていった98年デモ音源。その音源からの曲をマスターから補正を施し遂に正式リリース!
スピーディで粗いPUNK ROCK度の高い初期サウンド!
更に99年デモ、そして幻となった3rdアルバムのデモ音源を収録した全21曲のボリュームで登場の必聴盤!!
2020/03/25 : HARD CORE/CRUST
DECEIVING SOCIETYCRUSTER 16MINUTES SHOCK
2000円
CD
・1990年後期、三重のパンクシーンが凄まじい盛り上がりをみせた中、結成されたバンドの1つがこのDECEIVING SOCIETYだ。Crust warから発売されたLPも記憶に残っている人も居るだろう。当時突如として現れ、飛ぶ鳥を落とす勢いで活動し日本、そして全世界のクラスティーズ達を一気に虜にした。目撃した人は時代と共に現場には少なくなってきたがLP以前にあまり出回る事もなく発売されていた"CRUSTER 16MINUTES SHOCK" DEMO がこの度メンバーだったVo/KAZUKIとDr/DAIGOによる自主レーベルによりCD再発される事になった!しかも未発表曲を数曲含むライブ音源と共に!
 DEMOは練習スタジオによる所謂ラジカセによる一発ガチャ録り音源でそのままでも粗々しいNOISE SOUNDなのだが、NOISE ROOMでのマスタリングが施され、さらに粗々しさを増し正にCHAINSAW NOISE CRUSHER CRUSTサウンドになり、切り刻まれること必死だ。
 ライブ音源の方はと言うと彼らの地元 伊勢クエスチョンで2001年 CONTRAST ATTITUDE企画に出演した際の音源で彼らのLP発売以降、活動停止寸前の貴重なライブ音源だ。幾つかの未発表曲が収録されているがスタジオレコーディングはされずに解散に至ったのが悔やまれるほどの素晴らしい楽曲だ。破壊的な他を圧倒する当時の生々しさが伝わってくる音源なのは間違いないだろう。発狂寸前、いや発狂必死の全20曲!
 FINAL NOISE ATTACK。それはGLOOM、そして彼らの為にあった言葉だったのかもしれない。(CONTRAST ATTITUDE/WHY Records GORI)
限定500枚、紙ジャケット仕様。
2020/03/25 : PUNK/OI
SANDIESTGO×READY STEADY×GO
1819円
CD
・"SANDIEST" 待望の4曲入りニューシングルがDVD付きでリリース!!
1996年に滋賀で結成。70’s~80’s PUNK~NEO MODSをはじめ60’s~70’sブリティッシュビー卜やR&B、90’sオルタナティブ等の影響を受けながら、UKス夕ンスの色合いに溢れたバンドとして、作品ごとに楽曲作りを進化・深化させて行く。これまでに自らの設立したレーベルsick recordsからは5作の7inchシングルと1作のLIVEアルバム、disk UNION/DIW PHALANX RECORDSからは3作のフルアルバムをリリース。 2002年には横浜で行われたイギリス発祥の世界的PUNKフェス《HOLIDAYS IN THE SUN》に出演。THE ADICTSやCOCKNEY REJECTS、THE BUSINESS、THE EXPLOITEDなどと共演。翌年2003年には渡英し、さらに大規模な同イベントにも出演を果たすと同時に『Northing Up England !!』と題したイギリス国内のツアーを敢行。 2009年に惜しくも解散するも2017年には再びメンバーを新たに奇跡の復活!約16年ぶりとなるシングル「DON'T ASK WHY」をリリース。翌2018年にはBOOTSTOMP RECORDSより盟友THE SOLUTIONとのスプリットアルバム「OLD PALS ACT」…そして待望のニューシングル! [CD]
1. WHERE DID IT GO?
2. SHOOT ME DOWN
3. LEAN ON ME
4. GO×READY STEADY×GO
[DVD]
1. WHERE DID IT GO?
2. GO×READY STEADY×GO
2020/03/25 : SKA/PSYCHOBILLY
SWING KIDS The Kids Are Back In Town
2273円
CD
・※先着ステッカー付きます!
新生THE SWING KIDS、新メンバーとして横山 勇太(ウッドベース)、下里 彰宏(ドラム)が加入しての新作ミニアルバム!
アメリカンPOPS、オールディーズ、メロディック・パンク、スカ、パンカビリーなど様々な音を吸収、融合した、唯一無二の「THE SWING KIDSオリジナル・サウンド」の新たなる第2章がここにある。
LEARNERSの松田"CHABE"岳二が3曲に渡り、様々な楽器でゲスト参加、そしてCRACKSのUMA(ギター)も1曲ゲスト参加。
70年代イギリス・パンクMENACEの超名曲「G.L.C.」のカヴァーを含む全7曲。
ジャケット・アートワークは前作と同じく、DESCENDENTS、ALLの作品も手掛けるCHRIS SHARYによる書き下ろし!!
様々な音模様が染み込まれ、より洗練された新たなるTHE SWING KIDSが垣間見える渾身の作品!!
2020/03/25 : HARD CORE/CRUST
THE ICONOCLASTDomination Or Destruction
2500円
CD
・言わずと知れた80年代USのアナーコ・ハードコア、そしてピース・パンク・シーンの代表バンド、THE ICONOCLASTのディスコグラフィーCDが遂にリリース。
性急で緊張感溢れる演奏や、妖艶な雰囲気のアルペジオパートなどで織り成される音楽的な素晴らしさは勿論の事ながら、パンク、ハードコアの音楽を通じてアニマルライツや反核、反権力などの運動に積極的に取り組む姿勢は大きく評価を受け、絶大なる影響力を示してきました。
その影響力とは裏腹に、彼らの活動の軌跡の全てを追うのは現代においてなかなか難しく、2019年にUK/LONDONのSEALED RECORDSよりリリースされたディスコグラフィーLPに狂喜乱舞した方も多い事でしょう。今作はそのCD版になります。
自主リリースのカセットテープ音源、唯一の7インチシングルにコンピ提供曲を含めた全12曲収録で、リマスタリングによって音質が見違える程に向上。ダンボール素材のボックス仕様ジャケットに12ページのブックレット付という超豪華仕様です。(レーベルインフォより)
収録曲:1.After The Massacre 2.The End 3.Death Race 4.Bodies, Bones And Skulls 5.Battlefields 6.Things Of Beauty 7.Not Me 8.Domination Or Destruction 9.Prisoners Of Existence 10.Battlefields / Things Of Beauty 11.In These Times... 12.Battlefields (Nightmare)
2020/03/23 : PUNK/OI
夜桜極蔵 & キャプテンサンダーボルト問答無用
500円
CD
CD付きステッカー!!
※ステッカー2種類(画像上、画像下)の2枚セット!! おまけで8曲入りCD付き!!(CDのジャケットは画像上のデザインになります。)
2020年 パンク界のアウトサイダー。なんて事を言ったら聞こえが良いが、つまりはパンク界のはみ出し者、ゴミ溜め、変態、落ちこぼれ、吐き気がするほどロマンチックだぜ! 遠藤みちろうよ永遠に!なんて事じゃなくて、パンク界の面汚し、鼻つまみ者、そこまで言う事ないじゃないかこの野郎! てな感じの、ま、とにかく説明不要なパンクでアウトにサイダーしまくってる4人。まさかの4人が合体してしまったバンド。夜桜極蔵 & キャプテンサンダーボルト。G.オノチン、B.カツタ、Dr.モーが数年前から神出鬼没にポツポツと遊びはじめて、ライブやったりしておったこの馬鹿げたバンドが、何をとち狂ったか、アルバム作りやがった! ステッカーのオマケでCD?!で、値段500円?! 昭和のインディーパンクのソノシート乗りのやっつけぶり。もうダメやめてよホンマにアジャパー令和に向かって昭和でGOGO! 夜桜極蔵 & キャプテンサンダーボルト! パンクロックを愛する君達へ、問答無用のアルバムだ! 文句は一つも受け付けない! (インフォメーションより)

CD 収録曲
1.プリティーおっちゃん
(建築現場の先輩に捧げる)
2.トミー癌
(広い心で聞いてください)
3.ヘルナンバーヘイト
 (ヘイトの意味はわかりません)
4.あれれ?
(バカにしてるわけじゃありません)
5.新型キャデラック
 (ルースターズに捧げる)
2020/03/22 : HARD CORE/CRUST
illyaMicrocosmos
3月23日発売!
2500円
LP+CD
・東京を拠点に精力的に活動を続けるハードコアパンクバンド「illya」の2018年にCAPTURED RECORDSよりリリースされた1stアルバムが、2nd 7EPをリリースしたSPHCよりリマスタリング及びジャケットを刷新してLPバージョンでリリース!
1st 7EPにて披露したジャパニーズハードコアに泣きのメロディを導入したギターソロを融合させたスタイルが、新たなギタリストとしてConfused MindのYutakiと元DISDOMESTIC VIOLENCEのTomo-Crowsが加入し5人編成になった事により2nd 7EPにて開花。本作ではアルバム全篇に亘る疾走感とメタリックさを兼ねたリフと物悲しいメロディを奏でるギターの中を焦燥感あふれるYokoyamaのボーカルが切り裂く、王道にしてillyaならではの独自の世界を完成させたジャパニーズハードコアサウンドが聴く者の心と魂を揺さぶる事必至!
※こちらの国内流通分黒盤には限定でリマスターバージョンのCDが付きます。
2020/03/20 : OLD/NEW SCHOOL
COLD HARD TRUTH INTIMIDATION
1780円
CD
・UKブルータル・ビートダウン・ハードコアCOLD HARD TRUTHの2020年3rdアルバム!極悪ハードコア/ビートダウンハードコア〜UK/EUROビートダウンハードコアを飲み込んだ重量級のヘヴィネス!圧倒的ブルータリティーそして圧巻の完成度!ゲストボーカルにはSPLITKNUCKLEやSURGE OF FURYのメンバーが参加。
2020/03/20 : PUNK/OI
PUBLIC TOYS Maniac
926円
CD
・姫路の最古株パンクス・コウメイ率いるPUBLIC TOYS初音源!
'84年に結成、'89年に一度解散、長い活動停止期間を経て数年前より活動を再開後、地元・姫路のみならず岡山・神戸・大阪でも精力的に活動している彼ら、和製Vibratorsとも言うべき、センスの良い楽曲を聴かせます。
その他、Under Tones、頭脳警察などの影響も感じさせ(ライブでは時々、上記バンドのカバーも披露)、派手さよりもいぶし銀の存在感を発揮している。'84年当時からのレパートリーである2曲、ジャックス「いい娘だね」カバーを含む全4曲を収録。
収録曲:1. Maniac boy 2. Let's Fallout Generation 3. いい娘だね (by Jacks) 4. ニワトリ
2020/03/20 : MELODIC/POP PUNK
SHIVVERSSHIVVERS
1780円
CD
・USミルウォーキー産80's POWERPOPバンド"SHIVVERS"の2014年に発掘された80年代初頭の幻の音源が待望の初リイシュー&初CD化! 未だPOWER POPファンを虜にし続ける幻の音源!
Female Vocalモノの中でも最高峰と評されながら音源の入手が難しいこともあり半ば伝説的なバンドへと昇華されていた彼ら。本作オリジナルも高騰していただけに嬉しい再発。再リマスタリングが施され音質も向上。珠玉の名盤。
2020/03/20 : PUNK/OI
SLEAFORD MODS KEY MARKETS (RED&WHITE SPLATTER VINYL)
2380円
LP
※在庫切れです※
※限定カラー・ヴァイナル※ 混乱の時代を迎えるイギリスで、今熱狂的な支持を集める熟練PUNKデュオ。
極限まで削ぎ落とされたミニマルな骨太サウンドと労働者階級を代弁する強烈なポエトリー・リーディングで無二の存在感を放つ"BRONX IN A SIX"をはじめ、エクスペリメンタルな要素も感じさせる"RUPERT TROUSERS"等全12曲収録。
2020/03/20 : PUNK/OI
SLEAFORD MODS KEY MARKETS
1580円
CD
・混乱の時代を迎えるイギリスで、今熱狂的な支持を集める熟練PUNKデュオ。
極限まで削ぎ落とされたミニマルな骨太サウンドと労働者階級を代弁する強烈なポエトリー・リーディングで無二の存在感を放つ"BRONX IN A SIX"をはじめ、エクスペリメンタルな要素も感じさせる"RUPERT TROUSERS"等全12曲収録。
2020/03/20 : HARD CORE/CRUST
VIOLENT PARTYSINGLES COLLECTION
2000円
CD
・USポートランド産ノイズコア〜ロウパンク・バンドVIOLENT PARTYの、4枚のEPとスプリットEP、2019年最新LPレコーディング時のアウトテイクをまとめた編集盤CD!
UK82系ロウ・ハードコア期から独特のフリーキー・ノイズコアへと進化してきた現在までを網羅した全14曲。
Tracks 1-2 from「End Of Existence」EP
Tracks 3-4 from「Death Dance」EP
Tracks 5-6 from「Chaos Destroy / Violent Party」SPLIT EP
Tracks 7-10 from「Ex Libris」EP
Tracks 11-12 from「Sinusoidal Limitations」EP
Tracks 13-14 are unreleased outtakes from「Signals From Outer Space」LP recording sessions
2020/03/18 : ROCK/ALTERNATIVE
GEZANTribe Called Discord ~Documentary Of Gezan~
3500円
DVD
・2019年公開の「GEZAN」ドキュメンタリー映画「Tribe Called Discord 」がDVDがリリース決定! 44分に及ぶ特典映像も収録!!
出会った意味を知りたい
アメリカツアーで直面した圧倒的な現実。僕らは葛藤という名の部族。
差別と葛藤。ツアー先で彼らが見たものは、マヒトゥ・ザ・ピーポーの感情を揺さぶり続け、そうして生まれたメッセージは音と重なり、GEZANを突き動かしていった。 自分たちなりのクラウドファンディングで資金を集め、アメリカツアーとスティーブ・アルビニによるアルバムのレコーディングを敢行したGEZAN。彼らの盟友である映像作家“でるお”こと神谷亮佑はそこに帯同する。アメリカの地ではどこへ行っても彼らは歓迎を受け、表向きにはパンク・アンダーグラウンドシーンの世界的な連帯を感じさせた。しかし、そこには先祖の時代から大きく横たわっている根深い人種差別、拭い去れない憎しみが存在する事を彼らは知ることになる。遠い彼の地で受けた感覚と感情の変化を背負い帰国した彼らだが、その情動は消えるはずも無く、彼らに覆い被さるのだった・・・。そんな中、アメリカでの映像の編集に向き会っていた“でるお”は極限の状態にまで追い詰められ失踪する。そして、彼らが主催するイベント<全感覚祭>の開催はもう目前に迫っていた・・・。
<特典映像>
●WESTCOAST TOUR ボディビルディングプロジェクト未収録映像
●2019.8.31 ライブ映像2本収録
●Recording with Steve Albini -a Making of "Silence will Speak"
[主演] マヒトゥ・ザ・ピーポー / イーグル・タカ / カルロス・尾崎 / 石原ロスカル
[監督] 神谷亮佑
[音楽] マヒトゥ・ザ・ピーポー
[Producer] カンパニー松尾
[出演] 青葉市子/ テニスコーツ / 原田郁子 / THE NOVEMBERS / 行松陽介 / UC EAST / imai / 踊ってばかりの国 / HIMO / 呂布カルマ / やっほー / 他
2020/03/17 : HARD CORE/CRUST
F.U.P.noise and chaos
2500円
LP
・88年に結成し91年に解散、レコードリリースはMCRからのVA 『Sappor City Hardcore』7"Flexiのみだった札幌オブスキュアハードコアパンク。
2019年マレーシアBLACK KONFLIKから31曲入りディスコグラフ ィーCDがリリースされましたが(レーベルソールドアウト)、 NYCのBITTER LAKE RECORDINGSより、16曲入りのアナログ編集 盤LPもマスタリングされリリース。400枚プレス。
タイトル『NOISE AND CHAOS』に偽りなしな、GAIZIN、G-GAS 、NAPALMあたりと同じ黒くバイオレントな匂いに満ち満ちた スピード・ノイズパンク。
2020/03/15 : PUNK/OI
the GODLive Concert 2019
2000円
CD
・80年代初頭から活動し、数多くの伝説を残す名古屋のスリージィなロックンロール・バンド「the GOD」の、 2019.9.15高円寺SHOWBOATでのLIVEを収録した全9曲CD発売!! 「the GODライブ音源リリース。結成37年、初のライブ音源です。海賊版に飽きたら!byNON」

1. DODEMOIIZE
2. I space smile
3. RUOTE99
4. RASEN KAIDANN NO BLUES
5. 赤裸々RIDE ON ME
6. CRYING TIME OVER
7. Bulu Buru
8. TAIWAN KEIYU
9. JOHSHIKI

アーティスト紹介
NON(V)
RYOJIO(G&V)
NAKAMURA KIYOSHI(D)
HAGAL(B)
KAZ-KIN-CHAN(G)
2020/03/14 : HARD CORE/CRUST
ACCIDENTEs/t LP
1546円
LP
・哀愁感と疾走感あるメロディックハードコアパンク"ACCIDENTE"2011年発表の1stアルバム!
あまり流通されていなかったVINYLがメンバーの意向により再発決定!
透き通ったような声の女性ボーカル、詩的でもありシステムの不条理を訴える歌詞に胸をうたれる。
メンバーもお気に入りバンドにPOST REGIMENT, ASSASSINATORS, MASSHYSTERI等も挙げてるけどもっとメロディックなハードコア。
普段メロディがありすぎる音楽を聞かない人も、メロディがある音楽を好んで聞く人も巻き込む聴き逃し厳禁サウンドです!!
2020/03/14 : HARD CORE/CRUST
ACCIDENTEAmistad Y Rebelion LP
1546円
LP
・哀愁感と疾走感あるメロディックハードコアパンク"ACCIDENTE"2014年発表の2ndアルバム!
あまり流通されていなかったVINYLがメンバーの意向により再発決定!

透き通ったような声の女性ボーカル、詩的でもありシステムの不条理を訴える歌詞に胸をうたれる。
メンバーもお気に入りバンドにPOST REGIMENT, ASSASSINATORS, MASSHYSTERI等も挙げてるけどもっとメロディックなハードコア。
普段メロディがありすぎる音楽を聞かない人も、メロディがある音楽を好んで聞く人も巻き込む聴き逃し厳禁サウンドです!!
2020/03/14 : MELODIC/POP PUNK
DAIEI SPRAYBehind The Wall
1800円
CD
・2004年青森にて結成、2008年に東京に拠点を移し活動する「DAIEI SPRAY」の現在着地点、永き制作期間にて完成されたフルアルバムがDEBAUCH MOODとバンド主催SAKANADE RECORDSの共同リリースにてドロップ!
幾許のバンドがその存在に思い焦がれるHüsker Dü、Naked Raygun、Dag Nastyからの「影響」「音楽的過程」を昇華し80年代後期〜90年代初頭までのPost/Emotional Hardcore Punk、Alternative Rockへ移行する前段階に存在したUS Hardcore Punk/Punkバンド群の味わい・突然変異性を「日本的解釈」(とはいってもかなり濃い個性でまとめられた)にて今に凝固させた「壁」的音源となっている。
収録曲、何故か謎のVoodoo教現地録音の切り抜きから口火は切られ、一気にうねり叩きつけられる楽曲は立て続けに連続。以前よりもアダルト的な落ち着きと爆発力が共存する各楽曲は「独特の渋み」と奇妙な「愛嬌」すら在り、大胆なアレンジ〜コーラスの入れ込みに至るまで絶妙な意図を持ち進む。各メンバーの持ち合わせる灰汁を魅力的に光らせる見せ場がそれぞれ用意され、一筋縄では終わらせない展開の作りから、パワーバンド然としたロッキンなナンバー、持ち前の疾走トラックや情報量多きリリックを衝撃的に編み込む挑戦、メロウ且つ枯れたソングスなど含めバリエーション多くアルバムは構築されている。
当然にバンドとして根をはるVerbal Assault、American Standard、Swizよろしくな基本要素はより中間期7 SecondsやHonor Roleの展開性に近くグルグルとうねらせ、一般的なUSバンドへの解釈とは別軸の形を感じ取る探求と拘りは非常に興味深く響く。Lemonheads、Cinecyde 、Moving Targets等の弦楽器感覚はPUNKとしてのR&R要素も重点として置かれながら誇示され、「作曲」としての根幹に燻され枯れた感情性と切なさも注ぎ込まれていく。
各メンバー、随所に切り込む各弦楽器隊が引率するアレンジ力は成せられるべき技として大々的に披露され、毎回自由度を思わせるお馴染みのGt痛快感は今作でも当然最高に健在し、研究度の高いキラーさの入り込み方はやはり彼の表現ならでは。PUNKファン観点からHARD ROCKの要所をピックアップするかのセンス含め本当に感服させられる。Baの充実感も筆舌に尽し難く、展開を舐め回すようにある種グラマラス且つ畳み掛ける楽曲のテンションを引き上げる極めて音楽的なプレイは、実際の演奏する画を思い浮かべられるほどに曲の存在を際立て、バンドに立体感を与える。特に楽曲の流れを作り出しているのは彼のベース奏法に他ならない。上記2名の強烈な個性をまとめ上げる骨として、確実に安定感と細やかな攻めを随所随所で演出する土台としてのDrの力は非常に大きい。それはバンドの厚みある楽曲を実現する為の柱として、全てを整合させる大きな役割を示している。一打一打にバンドを乗せる輝きあるドラミングだという印象が強い。
そして重要中の重要、バンドの核であるVoの全体的なバリエーションを独自な歌唱として紐づける存在感は、とにかく語感と韻を強すぎず滑らかに踏み込む手法にて、この東の終わりの土地に存在するバンドとしての独創性に拍車をかけていく。
場面場面で上ずる箇所や情熱的に増強させる喉は歌詞と合わせ聴くことにより脳汁が出るような面白さがあり、タフ且つある意味詩人的に様々な観点の内容意味を含み進むその白昼夢感は、唾棄すべき権力側(人から与えられた権威を傘に似非国粋主義ごっこを楽しむブルジョワの屑共、一方的な意識統一の夢想に酔った屑共、罪悪感の放棄と矜持を履き違える屑共、金の亡者)白痴共に対する批判性さえも含まれるように読める。かと思えばポジティブな心象の表現などが入り混じるなど、リリックがとぐろを巻くような面白さは非常に今作の肝となっている。その文字列詰まり追う事で認識できる喜びが用意されている感触は、地続きな歌謡感的塩梅の手段に則りながらも「明らかに違う何か」として響かせる日本のオルタナティブバンドとしての一つの形となり披露される。(くどいが歌詞読みながら聴くことを推奨)
このバンドが今までに愛して愛して愛し抜いた当時の音楽達は、その産まれた経緯を踏襲され、「情報量の多すぎる追求作」と「独自の自由度」が入り混じる怒涛の新作を制作する上でのヒントとなった。時代の波や流行の変化とは別軸に行き、信じる音楽を演り続けるライブバンドの底意地は温故知新の枠よりも一段階上のメロディックなパンクロックを形作る。パンク天国への階段がいくつかあるとするならば、今作はその内の数段にあたる音源だと思える筈だ。
■DAIEI SPRAY:青森にて結成。2008年頃に拠点を東京に移してからの活動は長きに渡り、現メンバー体制はVo.YAGI、Gt.KYOSUKE、Ba.ONODERA、Dr.SAITO3の4名となる。(KYOSUKEは青森期からDAWNのGtでもあり[現在活動休止中]、ONODERAは現SODOM、DEATHROでのGt。SAITO3はREDNECKS、FIFTHWHEEL etc..のDrでもある...)その濃い布陣にて怒涛のライブは重ねられ、「正統派バンド」としての魅力を誇示。満を持してリリースされた前作名盤『ISN'T BRAZING(10")』のヒットから多くの支持母体は獲得され、熱量溢れるヒーロー感すらも伴うように我々の眼前にバンドの存在は燃え上がった。その活動は充実の直近3年間の出来事であり、その後もバンドの深化は止まらず、新たな楽曲濃厚度を求め肥大した創作意欲は「作曲」として音源制作に舵を切られ今に至る。
2020/03/14 : MELODIC/POP PUNK
DAIEI SPRAYBehind The Wall
2400円
LP+CD
・2004年青森にて結成、2008年に東京に拠点を移し活動する「DAIEI SPRAY」の現在着地点、永き制作期間にて完成されたフルアルバムがDEBAUCH MOODとバンド主催SAKANADE RECORDSの共同リリースにてドロップ!
幾許のバンドがその存在に思い焦がれるHüsker Dü、Naked Raygun、Dag Nastyからの「影響」「音楽的過程」を昇華し80年代後期〜90年代初頭までのPost/Emotional Hardcore Punk、Alternative Rockへ移行する前段階に存在したUS Hardcore Punk/Punkバンド群の味わい・突然変異性を「日本的解釈」(とはいってもかなり濃い個性でまとめられた)にて今に凝固させた「壁」的音源となっている。
収録曲、何故か謎のVoodoo教現地録音の切り抜きから口火は切られ、一気にうねり叩きつけられる楽曲は立て続けに連続。以前よりもアダルト的な落ち着きと爆発力が共存する各楽曲は「独特の渋み」と奇妙な「愛嬌」すら在り、大胆なアレンジ〜コーラスの入れ込みに至るまで絶妙な意図を持ち進む。各メンバーの持ち合わせる灰汁を魅力的に光らせる見せ場がそれぞれ用意され、一筋縄では終わらせない展開の作りから、パワーバンド然としたロッキンなナンバー、持ち前の疾走トラックや情報量多きリリックを衝撃的に編み込む挑戦、メロウ且つ枯れたソングスなど含めバリエーション多くアルバムは構築されている。
当然にバンドとして根をはるVerbal Assault、American Standard、Swizよろしくな基本要素はより中間期7 SecondsやHonor Roleの展開性に近くグルグルとうねらせ、一般的なUSバンドへの解釈とは別軸の形を感じ取る探求と拘りは非常に興味深く響く。Lemonheads、Cinecyde 、Moving Targets等の弦楽器感覚はPUNKとしてのR&R要素も重点として置かれながら誇示され、「作曲」としての根幹に燻され枯れた感情性と切なさも注ぎ込まれていく。
各メンバー、随所に切り込む各弦楽器隊が引率するアレンジ力は成せられるべき技として大々的に披露され、毎回自由度を思わせるお馴染みのGt痛快感は今作でも当然最高に健在し、研究度の高いキラーさの入り込み方はやはり彼の表現ならでは。PUNKファン観点からHARD ROCKの要所をピックアップするかのセンス含め本当に感服させられる。Baの充実感も筆舌に尽し難く、展開を舐め回すようにある種グラマラス且つ畳み掛ける楽曲のテンションを引き上げる極めて音楽的なプレイは、実際の演奏する画を思い浮かべられるほどに曲の存在を際立て、バンドに立体感を与える。特に楽曲の流れを作り出しているのは彼のベース奏法に他ならない。上記2名の強烈な個性をまとめ上げる骨として、確実に安定感と細やかな攻めを随所随所で演出する土台としてのDrの力は非常に大きい。それはバンドの厚みある楽曲を実現する為の柱として、全てを整合させる大きな役割を示している。一打一打にバンドを乗せる輝きあるドラミングだという印象が強い。
そして重要中の重要、バンドの核であるVoの全体的なバリエーションを独自な歌唱として紐づける存在感は、とにかく語感と韻を強すぎず滑らかに踏み込む手法にて、この東の終わりの土地に存在するバンドとしての独創性に拍車をかけていく。
場面場面で上ずる箇所や情熱的に増強させる喉は歌詞と合わせ聴くことにより脳汁が出るような面白さがあり、タフ且つある意味詩人的に様々な観点の内容意味を含み進むその白昼夢感は、唾棄すべき権力側(人から与えられた権威を傘に似非国粋主義ごっこを楽しむブルジョワの屑共、一方的な意識統一の夢想に酔った屑共、罪悪感の放棄と矜持を履き違える屑共、金の亡者)白痴共に対する批判性さえも含まれるように読める。かと思えばポジティブな心象の表現などが入り混じるなど、リリックがとぐろを巻くような面白さは非常に今作の肝となっている。その文字列詰まり追う事で認識できる喜びが用意されている感触は、地続きな歌謡感的塩梅の手段に則りながらも「明らかに違う何か」として響かせる日本のオルタナティブバンドとしての一つの形となり披露される。(くどいが歌詞読みながら聴くことを推奨)
このバンドが今までに愛して愛して愛し抜いた当時の音楽達は、その産まれた経緯を踏襲され、「情報量の多すぎる追求作」と「独自の自由度」が入り混じる怒涛の新作を制作する上でのヒントとなった。時代の波や流行の変化とは別軸に行き、信じる音楽を演り続けるライブバンドの底意地は温故知新の枠よりも一段階上のメロディックなパンクロックを形作る。パンク天国への階段がいくつかあるとするならば、今作はその内の数段にあたる音源だと思える筈だ。
■DAIEI SPRAY:青森にて結成。2008年頃に拠点を東京に移してからの活動は長きに渡り、現メンバー体制はVo.YAGI、Gt.KYOSUKE、Ba.ONODERA、Dr.SAITO3の4名となる。(KYOSUKEは青森期からDAWNのGtでもあり[現在活動休止中]、ONODERAは現SODOM、DEATHROでのGt。SAITO3はREDNECKS、FIFTHWHEEL etc..のDrでもある...)その濃い布陣にて怒涛のライブは重ねられ、「正統派バンド」としての魅力を誇示。満を持してリリースされた前作名盤『ISN'T BRAZING(10")』のヒットから多くの支持母体は獲得され、熱量溢れるヒーロー感すらも伴うように我々の眼前にバンドの存在は燃え上がった。その活動は充実の直近3年間の出来事であり、その後もバンドの深化は止まらず、新たな楽曲濃厚度を求め肥大した創作意欲は「作曲」として音源制作に舵を切られ今に至る。
2020/03/14 : SKA/PSYCHOBILLY
光風 & GREEN MASSIVE地下街の人びと
2800円
CD
・COOL WISE MENの浜田光風が率いるRoots, Rock, Reggae バンド、「光風 & Green Massive」 5年ぶりとなるニューアルバム!!︎
わずか4日間でレコーディングされた曲たちは、鬼才・内田直之氏の手によってミックスされ 音の弾丸と化す。
■光風&GREEN MASSIVE:COOL WISE MAN、lake、barbi等のメンバーで2007年結成のRoots Rock Reggaeバンド。ジャングリストYahman氏の首謀する"Champion Bass"にて初ライブ。 以降じわじわと根を張るように日本各地でライヴ活動を行いリアルなレベルミュージックを生みだし続けている。
■メンバー:Vo.Gt.Tp.浜田光風 / Vo.Per.苧麻 Pf. Key. Aco. 小西英理 / Ba. 青柳真順 / Dr. 柿沼和成
■ソングリスト: 1. 群衆 2. 我開放 3. 戦争の歌 4. mambo indio 5. 十六夜月 6. 5 cardiff crecent 7. 八月 8. 民衆レベル 9. Subterraneans Dub
2020/03/13 : TシャツGOODS
CROW (鴉)LAST CHAOS オフィシャル刺繍パッチ
910円
グッズ
・KARASU KILLER PATCH CUSTOM新作パッチ!
色: 黒 | 糸の色: 白 (Vegan Leather)
横9.3cm x 縦8.6cm
2020/03/13 : TシャツGOODS
CROW(鴉)血涙 オフィシャル刺繍パッチ
910円
グッズ
・KARASU KILLER PATCH CUSTOM新作パッチ!
色: 黒 | 糸の色: 白 (Vegan Leather)
横10.6cm x 縦9.7cm
2020/03/13 : TシャツGOODS
CROW(鴉)血涙 オフィシャル Tシャツ
2800円
Tシャツ
・ BODY: KARASU KILLER
●M 横 56cm 縦 72cm
●L 横 58cm 縦 74cm
トータル件数: 563件   1-25  次の25件
1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16  17  18  19  20  21  22  23