DISK SHOP MISERY
新入荷
再入荷
RECOMMEND
セール商品
すべての商品を見る
IMPORT
PUNK/OI
HARD CORE/CRUST
OLD/NEW SCHOOL
EMOTIONAL
CHAOTIC
MELODIC/POP PUNK
ROCKA/PSYCHOBILLY
ALTERNATIVE/ROCK etc
SKA/REGGAE
GARAGE
DOMESTIC
PUNK/OI
OLD/NEW SCHOOL
HARD CORE/CRUST
MELODIC/POP PUNK
SKA/PSYCHOBILLY
ROCK/ALTERNATIVE
EMOTIONAL
GARAGE
CLUB MUSIC
TシャツGOODS
DISC SHOP MISERY
電話 082-241-0782
FAX 082-241-0782
広島県広島市中区袋町2-7 プレイグラウンドビル2F
BLOODSUCKER recordsの商品は
これまでどおり消費税はいただきません
アーティスト頭文字検索(serach by Initial)
数字 日本語
トータル件数:837件前の20件241-260次の20件

全件数は(total records)837です。 全ページ数は(pages)42です

すべてのカテゴリを表示しています

↓すべての商品カテゴリの中から検索します
  でメディアが  のものを
写真 買物カゴ アーティスト名 アルバム名 値段 メディア コメント
THE RUSTEDVERKLIGHETEN926円7EP・ OVERTHROW RECORDS 3年振りのニューリリースは津山のパンクバンドTHE RUSTEDの4曲入りニューシングル!! 自主リリースのCDに続く待望の新作にして初のアナログ盤レコードリリース!! ジャケットもGOODな雰囲気ですね!! 店頭流通分は400枚!!
〜レーベルインフォメーション〜 Umea Punkが放った哀愁の血統、今ここに!! 岡山県は津山市を拠点に活動を展開し、惜しまれつつ解散したTHE SICKを母体とし、2012年、突如Demo CD-Rを引っ提げ出現。その後、盟友VOX POPULIリリースの津山V.A『Get Back Our Future』に参加、2015年には初の単独リリースとなる『Fran Den Morka Halan』CDを経て、遂にこの2016年、初のヴァイナルとなる『VERKLIGHETEN』EPをOVERTHROW RECORDSより電撃リリース!! THE VICIOUS、MASSHYSTERI、INVASIONENといった00年代中盤〜後半に於いて世界規模での強い影響力を誇ったスウェーデンはUmea(ウーメオ) Punkへの忠誠とも言える血統を携え、ex.MASSHYSTERIのRobertのソロプロジェクト、HURULAは勿論の事、ALLVARET、VANNA INGET、TERRIBLE FEELINGS、ROTTEN MINDといった現行Umea Punkフォロワー、更にはこの6月に本国を急襲するGENERACION SUICIDAといったバンドとも強く深く共振。Umea Punkから授かった熱く震えるフレーズを正確無比なるホロスコープで捉え狙い撃ち、稲妻一閃が如く我々の琴線を激しく揺らす彼ら哀愁のキラーチューンスナイパーTHE RUSTED!! この2016年、OVERTHROW RECORDSが新機軸にして総力を挙げてリリースのTHE RUSTED/VERKLIGHETEN EP!
THE HAVENOT'S // THE BOREDSPLIT1200円CD+7EP・THE HAVENOT'S(横浜)とTHE BORED(宮崎)が4年間の交流を持ち、密かに進行してきたSPLIT音源のプロジェクトが完成!!
ラモーンズ/ジョニーサンダース/ザ・リプレイスメンツ/ザ・ローリングストーンズ他、トラディショナルなミュージックに影響受けながらも、2016年型のロックンロール・ミュージックをプレイする両バンド。クオリティー高い楽曲がリスナーの支持を集めている。8ビートミュージックこそ、ロックをロールさせた原点。ストレートなほど、明確に表現するのは難しい。そんなロックンロール・ミュージックを2016年SPLITというフォーマット へ新曲(各バンド2曲)をコンパイル。完成度の高い作品を称賛したメンバーの希望により、CDと7インチレコードが同時封入されたリ スナー驚愕の仕様限定500枚。4月29日からリリース・ツアー『Don't Kiss and Tell Tour 2016』を行う。
THA BLUE HERB STRAIGHT YEARS1600円12EP・2007年発売の3rd Album 『LIFE STORY』以来2年ぶりとなった「Straight Years」超限定プレス12インチ。 『LIFE STORY』以後、LIVE行脚の果てしない修練の日々を『AUTUMN BRIGHTNESS TOUR '08』と、DVD 『STRAIGHT DAYS』で一段落をつけたその後、5月2日のLIVE『演武』10周年へ気持ちが向きだした時期にこの曲は創られた。1997年にレーベルを立ち上げて 12年、そして『演武』から10年。『演武』DVD再発の仕事の中で、その未熟だが、未熟が故の力強さを備えた10年前の自分の姿からは多くのインスピレーションが得られ、これまでの道のりを振り返り自然とリリックは書かれたという。輝ける日々、がむしゃらに突っ走ってきて、そのまま現在を駆け抜、未来へ向かっていくって曲だ。さらに12"には、O.N.Oのアルバム「SIGNALOG」から2曲のインストィルメンタルを収録!
THA BLUE HERB TOTAL4000円3LP・自分等の場所を手に入れること、そのためだけに音楽を鳴らしてきた我々THA BLUE HERBが、事実手に入れ、前作「LIFE STORY」で曲がり角を大きく前向きに踏み出してからすでに5年。2010年10月北海道北見で、拍手に包まれながらオーディエンスと別れ、ペンとMPC、それぞれ携え、ゼロからまた1曲ずつ創ってきた。
折しも列島は未曾有の国難に見舞われ、正義と悪、正義の中の正義と悪、悪の中の正義と悪....。迷える多くの新たな価値観が現出し、日本人は右往左往の強風の中にいる。「待っていたって何も始まりはしない、さっさと出て行こうぜ!」そう急かす曲達を打ち、鍛え、整え、並ばせ、1枚のアルバムを創ってきた。鳴らしたい音は山ほどあったが、足すべき音も引くべき音もない。言いたいことは山ほどあったが、隙間はあっても置くべき言葉はない。ゲストはなし。ILL-BOSSTINOとO.N.O、MCとビートメイカー、1対1、たった2人だけの(たった2人だからこその)整然静謐な音宇宙。やっとここまで辿り着きました。
5月9日、THA BLUE HERB第4段階目の入口が開きます。その先のことはまだ誰も知らない。共に創っていければ幸いです。(THA BLUE HERB RECORDINGS)
THA BLUE HERB(ザ・ブルーハーブ):ラッパーILL-BOSSTINO、トラックメイカーO.N.O、ライヴDJ DJ DYE の3 人からなる一個小隊。1997年札幌で結成。以後も札幌を拠点に自ら運営するレーベルからリリースを重ねてきた。'98 年に1st ALBUM「STILLING, STILL DREAMING」、2002年に2nd ALBUM「SELL OUR SOUL」を、'07年に3rd ALBUM「LIFE STORY」を発表。'04年には映画「HEAT」のサウンドトラッ クを手がけた他、シングル曲、メンバーそれぞれの 客 演及びソロ作品も多数。映像作品としては、ホーム北海道以外での最初のライブ「演武」、結成以来8 年間の道のりを凝縮した「THAT'S THE WAY HOPE GOES」、'08年秋に敢行されたツアーの模様を収録した「STRAIGHT DAYS」、そして活動第3 期('07年~'10年)におけるライヴの最終完成型を求める最後の日々を収めた作品「PHASE 3.9」を発表している。HIP HOP の精神性を堅持しながらも楽曲においては多種多様な音楽の要素を取り入れ、同時にあらゆるジャンルのアーティストと交流を持つ。巨大フェスから真夜中のク ラブまで、47 都道府県に渡り繰り広げられたライヴでは、1MC1DJ の極限に挑む音と言葉のぶつかり合いから発する情熱が、各地の音楽好きを解放している。
TOM AND BOOT BOYS// MUTANT ITCHS/T(Split)1000円7EP・2015年秋、アメリカ西海岸を一緒に周ったTOM AND BOOT BOYS、MUTANT ITCHとのスプリットがこれだ!!プレスあがるまで7ヶ月待ったぜ、そこのお父さん!さて、TOM AND BOOT BOYSはいつものツンノメリ全力疾走でひたすら突っ走る若者に向けた応援歌で始まり、1996年にリリースした1ST 7"に入ってる1,2 SONGの収録しなおし。アレンジはまったくしていない。対するアメリカからのMUTANT ITCH。日本の80年代初期ノイズコア、日本の90年代ノイズコアに多大なる影響を感じつつ(GAIとか所謂九州ノイズコア)ボーカルにかけ過ぎじゃね?と思うリバーブをかけてたり。なかなか似てるようで似てないこの盟友のレコードをぜひ堪能あれ。ジャケットはシルクスクリーンプリントですな!(レーベルインフォより)
500枚限定・日本流通は250枚
収録曲:
SIDE A: TOM AND BOOT BOYS 1. YOU NEVER GIVE UP FOR YOUR LIFE 2. 1,2 SONG
SIDE B: MUTANT ITCH 1. CHAOS IN MY MIND 2. PUSSYCAT
TIED KNOTSthe end of the rainbow2000円CD・AND BELIEVE、EASEL、4thDifference、 loroなどのバンド経歴を持つメンバーにより2011年に結成された「TIED KNOTS」 。 あくまでもパンク、ハードコアを土台としつつ、その血脈 を受け継ぐメロディック・ハードコアや、所謂90's EMO、 オルタナまでも飲み込んだサウンドを展開 。さらに特筆すべきなのは、日本人の感傷と熱情に塗れた言葉群が楽曲と完全に一体化した唯一無二の日本語詞 !! 東京を中心に活動する“オンリーワン・ジャパニーズ・エモーティヴ・ ポスト・ハードコア”バンド!
TOMMYS FIRE TATOO STUDIOPARKA5555円WEAR・広島ハードコア「GOOGOLPLEX」のベースとしても知られ、2009年に惜しくもこの世を去った“ニューウェイヴ”TATTOO ARTIST、HIDEROW氏の作品の展示会で会場限定販売されたパーカーが少量入荷!!
XS / S
THE COMES NO SIDE (SHM-CD EDITION)2700円CD・ 80年代ハードコア四天王カムズの1st Album[NO SIDE]がSHM- CD&W紙ジャケット仕様で発売!!本作は初期ハードコア・パンクを代表する無敵のグレイト・アルバム!!
ボーナストラック3曲(from VA:OUT SIDER)も、もちろん収録です!!行川和彦氏による解説付き!
ソングリスト
1. NO SIDE
2. CASE
3. PUBLIC CIRCLE
4. WA-KA-ME
5. さらけだせ
6. 究極
7. バカコケ
8. 人間狩り
9. PANIC
10. 工場
11. MEIUM
12. 金
13. I LOVE YOU
14. DEAD BODY
THE DISCOCKS//THE LAST SURVIVORS//LIFE//TOM AND BOOT BOYSVA / OLD PUNKS激闘市街戦1000円7EP※SOLD OUT※在庫切れです※
・20年前から共に活動してきたこの4バンド(THE DISCOCKS/THE LAST SURVIVORS/LIFE/TOM AND BOOT BOYS)を7"VAに収録したPOGO78番目の タイトル。お互い異なるPUNKを演ってるが、縁もゆかりもかなり深い間柄。THE DISCOCKSは彼らに思い出深い1994年のタイトルを付け、THE LAST SURVIVORSは全く変わらないラッサバ全壊のRAW HARDCORE PUNKっぷり、そしてLIFE、50秒の超ショートに凝縮された流石の楽曲、最後にTOM AND BOOT BOYSはいつもながらのくだらない曲だ。盟友揃う 7"VAをぜひ!(レーベルインフォより抜粋)
4ページインナー付き・限定500枚
収録曲:A1 : THE DISCOCKS / 1994  A2 : THE LAST SURVIVORS / AFTERIMAGE B1 : LIFE / HARMONY  B2 : TOM AND BOOT BOYS / I LIKE GIRLS
TORSOSONO PRONTA A MORIRE2100円LP・2013年結成、USベイエリアの「PUNCH」イタリアはミラノの「HOLY」のメンバーが在籍する女性Vo.VEGAN SxE ハードコア「TORSO」1stフルアルバム! 疾走感溢れる強力レイジングハードコアサウンド!
TOE TAG SAME TITLE2300円LP・シアトル発!Vo.のBlaineを含めex-ACCUSEDのメンバーが3人在籍するスプラッター・ハードコアパンク4人組!
2008年にWORLD OF LIESとのSPLIT CDとしてリリースされた音源のTOE TAGサイドのみを片面LPとしてポーランドのBEHIND THE MOUNTAINよりリリース!! 10曲入り。
THE SHADOWagain1500円CD・「誰にも、負けるな!!」と叫んでいた男が、再び(again)若き日の衝動を胸に叫びだす! 解き放つ時が来た、心の銃を撃ちまくれ!!!
1995年結成。 2015年は結成20周年となり、幾度かのメンバーチェンジはあったものの地元仙台だけでの 活動だけではなく関東や関西でも活動の幅を増やしている。 現在までに6枚の作品をリリースし、前作「THAT`S HOW WE ROLL」では バンド初のツインギターとなり、今作品は5人編成後の第2弾のアルバムとなる。東日本大震災を乗り越え、5年目の節目となる2016年3月には高円寺高円寺CLUB MISSION'Sにて 初のワンマンライヴも決定。
収録曲:1, 光朝 2, MIND CONTROL 3, 決意 4, I take action 5, SURVIVE 6, アゲイン 7, BIBLE 8, ONE NIGHT 9, GIFT 10, 酒 ロック
THE END (遠藤ミチロウ)0 (ZERO)2000円CD・遠藤ミチロウが最後のバンドとして結成した "THE END"
最初に向かった先は "0"、そこにはドアーズの音楽があった。ミチロウの音楽的原体験の一つでもあるドアーズの楽曲を手練れのメンバーとともにこの二十一世紀に蘇らせることを試みた、初音源となるミニアルバムが完成。
自身の終着点を見据えながらもアグレッシブに原点回帰してみせたミチロウが提示するのは、かつて通過したフォーク、パンク、ニューウェーブ、それら全てを内包した、現代のサイケデリック・ ミュージック!
収録曲:1. Break On Through 2. Hello, I Love You 3. Light My Fire 4. Alabama Song 5. The End 
Two Leadあぁ、素晴らしきかなこの世界1800円CD※在庫切れです※
・「Two Lead」1stアルバムがSKA IN THE WORLDよりリリース!
スカミュージックを基調とし、日本語詞をメインにさまざまなジャンルの音楽を取り入れつつも既存スタイルにとらわれないサウンドを展開。FUJI ROCK FESTIVAL’15「ROOKIE A GO-GO」、スカパラ主催の「トーキョースカジャンボリーVol.5」、その他さまざまなフェスに参加、人気上昇中!
収録曲:1. あぁ、素晴らしきかなこの世界 2. 日常の日々 3. いかれたbaby  4. please forget me 5. 私は幸せになんてなれないの 6. Oxygen 7. Live It Up 8. 心の灯
TERROR SQUAD//SWARRRM The Fierce Trinity1200円7EP・(7インチレコード+MP3ダウンロードクーポン)
神戸CHAOTIC GRIND帝王「SWARRRM」、東京METAL ANARCHY「TERROR SQUAD」によるSplit EP "The Fierce Trinity" 遂に完成!TERROR SQUADはヒリヒリするような焦燥感を以て孤独の中を疾駆する待望の新曲"Born Defector"。対するSWARRRMは阿鼻叫喚Grind地獄絵図の中に人間の闇を描き出す"影" "絆"。両バンド計三曲を収録。Hardcore, Thrash, Grind, Metal, プログレ、全てを呑み込み孤高の領域に到達した両バンドが牙を剝き襲いかかる獰猛なる三位一体の壮絶音塊!ジャケットは大阪のTATOOアーティスト、呼鳴手氏が手掛け、目に見えない音の世界観を具現化している。MP3ダウンロードコード付き!
収録曲:
TERROR SQUAD side
1,Born Defector
SWARRRM side
1,影
2,絆
TOM AND BOOT BOYSLATEST FUCKIN'COLLECTION VOL.20151556円CD・POGO77の主宰のイマムラ氏率いるOi/DRUNK ATTACK HARDCORE「TOM AND BOOTBOYS」の2004年〜2014年にリリースされた音源が完全コンプリートでのCDリリース! 
すでに入手困難なTOM AND BOOTBOYSコレクション19曲に未発表のTOO DRUNK TO PLAY(2015年録音バージョン)をプラスした全20曲収録!!
収録作品解説+付録情報掲載冊子付き!
収録曲:
BOYCOTT (from free CD)
KILL YOUR BOSS(from free TAPE)
MASS STUPID(from free TAPE)
Oi!BOY Oi!GIRL(4th 7")
KILL YOUR BOSS(4th 7")
I HATE FAMILY(4th 7")
I DON'T NEED SOCIETY(4th 7")
CHAOS PUNKS(4th 7")
News At 10 (VA/SPIKIE PUNKS NEVER DIE!!)
DO THEY OWE US A LIVING? (VA/SPIKIE PUNKS NEVER DIE!!)
BACK ON THE FUCK AGAIN (SPLIT WITH ROUGH STUFF)
Oi! (SPLIT WITH ROUGH STUFF)
Oi!(5th 7")
STUPID AND NAKED PUNKS ARE RUNNING IN MY HOUSE(5th 7")
I HATE SUIT MEN(5th 7")
I DON'T WANNA SPEND MY FUCKIN'MONEY FOR YOUR FUCKIN'CUNT(5th 7")
FUCK OFF AND DIE(5th 7")
I AM OK. YOU ARE FUCK.(5th 7")
SUCK MY FUCKIN'DICK BASTARD(from free TAPE)

未リリース TOO DRUNK TO PLAY(2015年録音バージョン)
tha BOSSIN THE NAME OF HIPHOP(通常盤)3000円CD・THA BLUE HERBのMC:tha BOSSが遂にソロアルバムをリリース!! 1stアルバムから17年間の旅を総括し、ここから新たな世界へと向かう為に自身の キャリアを決定づけるべく、総力を注ぎ完成されたアルバム。タイトルはズバリ直球「IN THE NAME OF HIPHOP」。
※アルバム未収録の新曲1曲(Beats by Mr.BEATS aka DJ CELORY)を収録した特典CD付き。
「BORDERS」のクレジットが物語っている通り、これまで日本中の 音楽家達から招かれる事はあってもTBHRからリリースされる自分の作品で自分以外のラッパー、そしてO.N.O以外のビートメイ カーを招く事はありませんでした。その姿勢に変化の兆しが現れたのが昨年暮れにリリースされた般若とgrooveman Spotを招いて制作された「NEW YEARS DAY」です。既にその時点でアルバムの青写真は視界に入っており、事実、構想は固まりつつありました。その構想とは3つ。
1つ目。THA BLUE HERBという大きな表看板を外し、自分自身のみを担保として、たった1度の人生、田舎での生い立ちから札幌に出てくるまでの物語、そこでHIPHOPに 出会うまでと出会ってから、そして現在44歳からの上下の視点、相方O.N.Oと2人で1つとも言えたTHA BLUE HERBでの表現から、よりパーソナルな部分にまで踏み込んだアルバムを創ってみたい。 2つ目。これはラッパーなら誰もが憧れる夢のようなもの。つまりNAS の「illmatic」のように、当代随一のビートメイカー達、知り得る全員に仕事を頼み、その全てに言葉を乗せてみたい。そしてこ れまで現場で出会ってきた敬愛するラッパー達とバース(歌詞)を分け合ってみたい。これらの夢は金を積んだら誰でも出来そうだが、実 は全く違う。17年間吐き続けてきた言葉の持つ信用こそがオファーの要である、その信用をも試してみたい。
3つ目。それはTHA BLUE HERBとして、札幌から日本中へ自分等の信じるHIPHOPを鳴らしてきた道中、常に自分達の対極として、自分達とは異なる価値や思想、未来を指向して いる存在として位置づけていた所謂"日本のHIPHOP"に真正面からエントリーして、それも遠く離れた街からの一方的な投げかけな どではなく、あくまでこの国のHIPHOPの中央に位置し続け得る、ある種確固たる正統性を持ったHIPHOPアルバムを1枚遺したい。
これらの構想を実現するために、17年間の邂逅を辿り、ビートメイ カー、ラッパーを訪ねていった。それは自分が純粋にファンであると認める人、いつかの夜に自分を地元に招いてくれた人、そうしてやっ て来た自分の前に地元代表としてステージに立っていた人、共にある街に招かれステージを分け合った人、朝方のカウンターで酒を酌み交 わした人、デモCDを携え遠くから訪ねてきてくれた人、何年も前にビートを受け取っていた人、長年知ってはいたけれどすれ違っていた 人、互いの美学でぶつかり合った人、かつては敵対する陣営にいた人、自分が確かに傷つけた人... 1人1人、これまでこの国で自分の腕1本で生きてきた職人に、礼を尽く し、自分の構想とそのためにそれぞれにやってほしい仕事の内容を伝え、向き合いながらの作業は6ヶ月に及んだ。頭の中にあったイメー ジは全て彼等のビートに、バースに移し終えた。今、こうして完成した楽曲達を前にして、これまでの17年間を問う。達者な口以外は何 も持たない自分が、HIPHOPを知り、学び、自分のスタイルを身につけ、時には争いも辞さないノリで生きてきた自分が、これ程まで に多くの強者達と1枚のアルバムを創るに到った"理由"を問う。 全てHIPHOPの名のもとに起こった事だ。
「IN THE NAME OF HIPHOP」...HIPHOPがなければ、間違いなく、今日の自分はない。HIPHOPがあったから自分として生きてこれた。生きにくい時代も良くな るヴィジョンを持ち続けてこれた。持ちこたえてこれた。自分を知ってもらえた。破局を免れ、仲直り出来た。正々堂々こうして、ここ で、言いたい事を発表する機会を得て、それに価値を見出してくれる人に出会え、一緒にモノを創る苦難と喜びを分け合い、歳を取る事も 忘れ今日まで生きてこれた。
証拠はこの一品。tha BOSS、ソロアルバム「IN THE NAME OF HIPHOP」。
tha BOSS [THA BLUE HERB]
tha BOSSIN THE NAME OF HIPHOP(限定盤)4000円2CD・THA BLUE HERBのMC:tha BOSSが遂にソロアルバムをリリース!! 1stアルバムから17年間の旅を総括し、ここから新たな世界へと向かう為に自身の キャリアを決定づけるべく、総力を注ぎ完成されたアルバム。タイトルはズバリ直球「IN THE NAME OF HIPHOP」。
※初回生産限定盤は本編+インスト盤2枚組仕様。
※アルバム未収録の新曲1曲(Beats by Mr.BEATS aka DJ CELORY)を収録した特典CD付き。
「BORDERS」のクレジットが物語っている通り、これまで日本中の 音楽家達から招かれる事はあってもTBHRからリリースされる自分の作品で自分以外のラッパー、そしてO.N.O以外のビートメイ カーを招く事はありませんでした。その姿勢に変化の兆しが現れたのが昨年暮れにリリースされた般若とgrooveman Spotを招いて制作された「NEW YEARS DAY」です。既にその時点でアルバムの青写真は視界に入っており、事実、構想は固まりつつありました。その構想とは3つ。
1つ目。THA BLUE HERBという大きな表看板を外し、自分自身のみを担保として、たった1度の人生、田舎での生い立ちから札幌に出てくるまでの物語、そこでHIPHOPに 出会うまでと出会ってから、そして現在44歳からの上下の視点、相方O.N.Oと2人で1つとも言えたTHA BLUE HERBでの表現から、よりパーソナルな部分にまで踏み込んだアルバムを創ってみたい。 2つ目。これはラッパーなら誰もが憧れる夢のようなもの。つまりNAS の「illmatic」のように、当代随一のビートメイカー達、知り得る全員に仕事を頼み、その全てに言葉を乗せてみたい。そしてこ れまで現場で出会ってきた敬愛するラッパー達とバース(歌詞)を分け合ってみたい。これらの夢は金を積んだら誰でも出来そうだが、実 は全く違う。17年間吐き続けてきた言葉の持つ信用こそがオファーの要である、その信用をも試してみたい。
3つ目。それはTHA BLUE HERBとして、札幌から日本中へ自分等の信じるHIPHOPを鳴らしてきた道中、常に自分達の対極として、自分達とは異なる価値や思想、未来を指向して いる存在として位置づけていた所謂"日本のHIPHOP"に真正面からエントリーして、それも遠く離れた街からの一方的な投げかけな どではなく、あくまでこの国のHIPHOPの中央に位置し続け得る、ある種確固たる正統性を持ったHIPHOPアルバムを1枚遺したい。
これらの構想を実現するために、17年間の邂逅を辿り、ビートメイ カー、ラッパーを訪ねていった。それは自分が純粋にファンであると認める人、いつかの夜に自分を地元に招いてくれた人、そうしてやっ て来た自分の前に地元代表としてステージに立っていた人、共にある街に招かれステージを分け合った人、朝方のカウンターで酒を酌み交 わした人、デモCDを携え遠くから訪ねてきてくれた人、何年も前にビートを受け取っていた人、長年知ってはいたけれどすれ違っていた 人、互いの美学でぶつかり合った人、かつては敵対する陣営にいた人、自分が確かに傷つけた人... 1人1人、これまでこの国で自分の腕1本で生きてきた職人に、礼を尽く し、自分の構想とそのためにそれぞれにやってほしい仕事の内容を伝え、向き合いながらの作業は6ヶ月に及んだ。頭の中にあったイメー ジは全て彼等のビートに、バースに移し終えた。今、こうして完成した楽曲達を前にして、これまでの17年間を問う。達者な口以外は何 も持たない自分が、HIPHOPを知り、学び、自分のスタイルを身につけ、時には争いも辞さないノリで生きてきた自分が、これ程まで に多くの強者達と1枚のアルバムを創るに到った"理由"を問う。 全てHIPHOPの名のもとに起こった事だ。
「IN THE NAME OF HIPHOP」...HIPHOPがなければ、間違いなく、今日の自分はない。HIPHOPがあったから自分として生きてこれた。生きにくい時代も良くな るヴィジョンを持ち続けてこれた。持ちこたえてこれた。自分を知ってもらえた。破局を免れ、仲直り出来た。正々堂々こうして、ここで、言いたい事を発表する機会を得て、それに価値を見出してくれる人に出会え、一緒にモノを創る苦難と喜びを分け合い、歳を取る事も 忘れ今日まで生きてこれた。
証拠はこの一品。tha BOSS、ソロアルバム「IN THE NAME OF HIPHOP」。
tha BOSS [THA BLUE HERB]
TEXAS IS THE REASONDO YOU KNOW WHO YOU ARE?2680円2LP・最重要90's EMOバンド"TEXAS IS THE REASON"! 現存のEMO/POST HARDCORE/POST ROCK/INDIE ROCKバンドへ絶大な影響を与えた1996年発表の唯一のアルバムに初音源化の1997年の2曲、SPLIT曲、95年デビュー曲をプラス、全曲リマスタリングしたゲートフォールド2枚組アナログ盤!!ダウンロードコード付きの限定カラーVINYL。 
収録曲:
A1. Johnny On The Spot
A2. The Magic Bullet Theory
A3. Nickel Wound
A4. There's No Way I Can Talk Myself Out Of This One Tonight (The 1.1.Drinking Song)
B1. Something To Forget (Version II)
B2. Do You Know Who You Are?
B3. Back And To The Left
B4. The Day's Refrain
C1. A Jack With One Eye
C2. Every Little Girls Dream
C3. When Rock 'N' Roll Was Just A Baby
C4. Blue Boy
D1. Something To Forget (Version I)
D2. If It's Here When We Get Back It's Ours
D3. Dressing Cold
D4. Antique
TOTAL PONKOTSU SYSTEMPONKODELIC SYNDICATE1000円CD・PUNK〜HCシーンから産まれた突然変異のREGGAE/DUBバンド「TOTAL PONKOTSU SYSTEM 」の新譜!メンバーが増員され益々進化を続ける彼等の現在が詰まった一枚!
「ごんぶとベースが身体の中をかき混ぜ、煽る叫びが響き冴える。 モジュレーションの魔力を飲み干し、地下室からの残響に酔いしれる。 イエーーーイ!コレがポンコツ!PUNK-A-REGGAE!タイトなリズムで踊り倒せ! 」〜HIGE / THE DEAD PAN SPEAKERS〜
2008年結成。 商店街の皆さま〜ライブハウスのハードコアパンクス〜クラブピープル〜お子さま〜お年寄りまで全方位対応型のパーティバンドを目指す Vo、Gr×2、Ba、Dr、Key、Sax の7人組。
レゲエ/ダブ的なアプローチを中心にしながらも、雑多な音楽性でジャンルを問わず様々なバンドと共演中。 混沌とした中にもファニーな雰囲気のある楽曲(メンバーの根っこの部分であるパンク/ハードコアの匂いも見え隠れ)観るものを笑顔にするハッピーなステージング、深いところに行きつつもレゲエのイメージや決まりごとにけっして縛られていないところが彼等の魅力です! 本作はメンバーチェンジ、増員後の初作品。 新メンバーにはパンクバンドの The Weekender、センダラーズ、パンク ザ うんこ、SHOT GUN PLAYBOYZでギターを弾く「きん君」をボーカル(煽り役)に迎え、 新たなキーボードには単身での 「濁朗」名義でのノイズ演奏、数々のセッション活動の他、サイケデリックなドゥームバンド 「ゾシーク」、 フリーキーでダンサブルな変態ポップ/ロックバンド「クリッペンリポン」のメンバーでもありサウンドエンジニアもこなす奇才「Darklaw」を迎えた後の初の音源。 また今回の作品には昨年末に行った JAH EXCRETION氏 とのセッションライブ時の楽曲も収録されています。
トータル件数:837件前の20件241-260次の20件