DISK SHOP MISERY
新入荷
再入荷
RECOMMEND
セール商品
すべての商品を見る
IMPORT
PUNK/OI
HARD CORE/CRUST
OLD/NEW SCHOOL
EMOTIONAL
CHAOTIC
MELODIC/POP PUNK
ROCKA/PSYCHOBILLY
ALTERNATIVE/ROCK etc
SKA/REGGAE
GARAGE
DOMESTIC
PUNK/OI
OLD/NEW SCHOOL
HARD CORE/CRUST
MELODIC/POP PUNK
SKA/PSYCHOBILLY
ROCK/ALTERNATIVE
EMOTIONAL
GARAGE
CLUB MUSIC
TシャツGOODS
DISC SHOP MISERY
電話 082-241-0782
FAX 082-241-0782
広島県広島市中区袋町2-7 プレイグラウンドビル2F
BLOODSUCKER recordsの商品は
これまでどおり消費税はいただきません
アーティスト頭文字検索(serach by Initial)
数字 日本語
トータル件数:19013件前の20件1221-1240次の20件

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483 484 485 486 487 488 489 490 491 492 493 494 495 496 497 498 499 500 501 502 503 504 505 506 507 508 509 510 511 512 513 514 515 516 517 518 519 520 521 522 523 524 525 526 527 528 529 530 531 532 533 534 535 536 537 538 539 540 541 542 543 544 545 546 547 548 549 550 551 552 553 554 555 556 557 558 559 560 561 562 563 564 565 566 567 568 569 570 571 572 573 574 575 576 577 578 579 580 581 582 583 584 585 586 587 588 589 590 591 592 593 594 595 596 597 598 599 600 601 602 603 604 605 606 607 608 609 610 611 612 613 614 615 616 617 618 619 620 621 622 623 624 625 626 627 628 629 630 631 632 633 634 635 636 637 638 639 640 641 642 643 644 645 646 647 648 649 650 651 652 653 654 655 656 657 658 659 660 661 662 663 664 665 666 667 668 669 670 671 672 673 674 675 676 677 678 679 680 681 682 683 684 685 686 687 688 689 690 691 692 693 694 695 696 697 698 699 700 701 702 703 704 705 706 707 708 709 710 711 712 713 714 715 716 717 718 719 720 721 722 723 724 725 726 727 728 729 730 731 732 733 734 735 736 737 738 739 740 741 742 743 744 745 746 747 748 749 750 751 752 753 754 755 756 757 758 759 760 761 762 763 764 765 766 767 768 769 770 771 772 773 774 775 776 777 778 779 780 781 782 783 784 785 786 787 788 789 790 791 792 793 794 795 796 797 798 799 800 801 802 803 804 805 806 807 808 809 810 811 812 813 814 815 816 817 818 819 820 821 822 823 824 825 826 827 828 829 830 831 832 833 834 835 836 837 838 839 840 841 842 843 844 845 846 847 848 849 850 851 852 853 854 855 856 857 858 859 860 861 862 863 864 865 866 867 868 869 870 871 872 873 874 875 876 877 878 879 880 881 882 883 884 885 886 887 888 889 890 891 892 893 894 895 896 897 898 899 900 901 902 903 904 905 906 907 908 909 910 911 912 913 914 915 916 917 918 919 920 921 922 923 924 925 926 927 928 929 930 931 932 933 934 935 936 937 938 939 940 941 942 943 944 945 946 947 948 949 950 951

全件数は(total records)19013です。 全ページ数は(pages)951です

すべてのカテゴリを表示しています

↓すべての商品カテゴリの中から検索します
  でメディアが  のものを
写真 買物カゴ アーティスト名 アルバム名 値段 メディア コメント
NONONOLive fast
※SOLD OUT※売切れました※
800円7EP※在庫切れです※
・昨年の秋に復活を遂げた茨城産ハードコアバンド"NONONO"。
今年1月に自主CDをリリースし瞬く間にソールドアウトさせたのも記憶に新しい。現在は活動拠点を東京に移し、ほぼ毎週ライブを行なっている。そんな合間この初夏にレコーディングまでやりのけてしまった。技術のスキルアップには目もくれず、活動も曲調も速くなるばかり。結果今作は7インチシングル8曲入り45回転という仕上がりに。しかしながらこの短期間にコレだけの内容を作ってしまう事に驚いている。NödslaktやThe Comesを引き合いに出さなくとも、彼女(彼)等のハードコアパンクは確立した。45回転の黒い円盤から生き急ぐハードコアパンクを是非体感して欲しい。
(レーベルインフォメーションより抜粋)
レコ発:11/17 鶯谷What's up
open19:00 start19:30
前売り1500(1d込)/当日 2000(1d込)
出演:NONONO/ STAGNATION / THE TITS / PLANARIA DJ:オレッち / 一本筋トオル
LisaloomeR / / 2yaGo / / ニューロマンティックスADLUT SLASH (3Way Split)1000円CD※在庫切れです※
・東京、そして四日市の手練れの面々が2012年以降に活動を始めた新バンド、LisaloomeR、2yaGo、ニューロマンティックスによる3way split CD!
punkをベースに独自解釈を続ける姿はまさにADLUT SLASH!!
■LisaloomeR:2012年札幌で同郷だったギターのカオリとドラムのマサキ(ex THUGS 、UG MAN)を中心に東京で結成。2013年に同郷の先輩、ギターのシャドウ(ex Mensu 魔術の庭)が加入。その後メンバーチェンジを繰り返し、2017年シンセベースの多実子(夜の蝶)を迎え現在に至る。サウンドはPUNK/NEW WAVEをベースにその時々でメンバーの気になった物を取りれている。
■2yaGo:メンバーそれぞれ音楽趣味は噛み合わないけど、ライブとなったら一味違う! 酔いどれ気分で暴走し、破茶滅茶な中でもグルーヴ探検!ロマンチストのいない街で3年の月日が、ロマンチスターに!(意味不)
■ニューロマンティックス:Ds+Vo 吉村由加(ex-DMBQ, CATSUOMATICDEATH/ 現-METALCHICKS, noodles)とG+Vo 天野功(ex- nails of hawaiian, speak for myself)による2ピースロックバンド。ギターのループ音を取り入れたガレージロックを基本に2ピースならではのジャンク&フリースタイルを目指す。結成2016年。都内ライブハウスを中心に活動中!
ANTAGONISTA MILLION STEPSANTI HATE EP1500円CD・ 札幌 ANTAGONISTA PUNKROCK ORCHESTRA 改め ANTAGONISTA MILLION STEPSの新作CDが到着!!
ジャカルタのマージナル ボブ、マイクによる版画によるジャ ケデザインもさることながらトライバルハードコアサウンドに ヘイトクライムへの怒りを叩きこむ全5曲入りは破戒力充分! !
怒りを忘れた人々へ贈る必聴盤!!
SKITKLASSGREATEST sHITS2000円CD・ジャケットが色違いとなって2ndプレス分入荷しました!
気付いたらそこにあった、そこにいた。長く関係の続く事柄や対人の始まりは大抵そんなものではないだろうか。SKITKLASSはちょうどそんな感じだった。なんだか話題になってるなと思っている内に矢継ぎ早にテープや7インチをリリース。いつしかこの業界にいる皆がその存在を認識するようになった。しかしその始まりを知る人間はほぼ皆無だと思う。そしてその神秘性も相まってか、作品全てが法外な値段でオークションに掛けられた。
そんな中、興味本位で唯一彼らと交信が可能なTWITTERでコンタクトしてみた。予想に反してレスポンスは非常に良い。平坦な文章ではあるがやり取りを重ねる内に疎通が取れ、彼らの作った音楽を適正な値段で世に届ける為に協力する事になった。まさかやり取りを最後までTWITTERのメッセージで行う事になるとは思ってはいなかったが、彼らの本気を理解する一側面となった。
その道程で送られてきたジャケットデザイン。そこに表記された「I'M WATCHING YOU IN THE CAGE」の一文は作品をリリースする私自身にも向けられたコメントだと気付いて鳥肌が立った。このセンスってなかなか出せるもんじゃない。70年代、80年代のアイコンとなったバンドのみが放つ事が出来た"あの"感じだ。そしてCDにパッケージしても彼らの音楽は色褪せる事は無いと確信した上でこの作品をリリース出来る。
革命が起きる、1分もあれば充分だ。
■1st 7inch EP "KAOS OCH FORSTORELSE"
01.BLODIG FLAGGOR NATIONELLA(falsk fred)
02.SKITKLASS
03.SLAKT OCH PLUNDRA
04.VI SKIT-PUNK
■2nd 7inch EP "THE RULER OF THE FUCKIN’ASSHOLES"
05.INTRO
06.EXCLUSIONISM SHIT
07.SOFIE IS PUNK
08.SOCIAL SYSTEM
09.THE RULER OF THE FUCKIN’ASSHOLES
10.OUTRO
■1st CASSETTE "VI SKIT PUNK"
11.SEX, ALKOHOL OCH PUNK
12.VI SKIT-PUNK
13.SLAKT OCH PLUNDRA
14.SKITKLASS
15.BLODIG FLAGGOR NATIONELLA
■2nd CASSETTE "KAOS OCH FORSTORELSE"
16.KAOS OCH FORSTORELSE
17.ANTI AUKTORITAR
18.SEX, ALKOHOL OCH PUNK
■3rd CASSETTE "SKIT ISTALLET FOR MUSIK"
19.BLODIG FLAGGOR NATIONELLA
20.SKITKLASS
21.SLAKT OCH PLUNDRA
22.VI SKIT-PUNK
BRONxxx // SCHEISSE MINNELLISWAMP BOWL SESSIONS(SPLIT)1500円7EP・BRONxxx(大阪)とSCHEISSE MINNELLI(ドイツ)の日独スプリット7インチがカリフォルニアのスケートパンクレーベルBEANIES RECORDSよりリリース!ジャケットは国内外問わず数多くのジャケットや 様々なアートワークを手掛けるレジェンドYOSSIE氏。
BRONxxxは。スケートボードが出来ないスケートパンクバンド。ハードコア期のBEASTIE BOYSやILL REPUTEからニューウェーブなPOP GROUPやWIREなどを昇華し、楽しくキャッチーな味付けで現代にアップデートしています。全5曲収録(イントロとアウトロを除く)
SCHEISSE MINNELLIはドイツ・フランクフルトをベースに2003年より活動しているアメリカ人2名とドイツ人2名による米独混合スケートパンクバンド。その活動は精力的で ツアーは ヨーロッパ、アメリカ、東南アジアと多岐に渡り、音源リリースもスプリットやアルバム含め数多い。一聴するといわゆるスケートロックな楽曲ですが、リフやアレンジが非常に練られておりRKLを思い起こさせる様な匠の技が随所にキラリと光ります。
RKL、REPROACH、POISON IDEAなどのファンには好まれる事、間違いなしの2曲収録。
V.A.4 HEAD CRASH!! 22315円CD・1987年にTHE RUDEBOYSのTAMAI(Vo/Ba)の呼び掛けにより当時の関西ビートパンク・シーンをリードする4バンド(THE RUDEBOYS、GARLIC BOYS、MAD GANG、NEWEST MODEL)収録の『4 HEAD CRASH!!』が発売された。
それから約30年の時を経て関西のビートパンクを牽引する4バンドが再び集結し『4 HEAD CRASH! 2』として蘇る!
White Reggae、New Wave、Alternativeなど様々なSoundを吸収、The Sound we controlを掲げたOi PUNK ROCK BAND『THE INDEX』、MOGA THE \5としてPIZZA OF DEATH RECORDSに所属活動していたエスカルゴを中心に、1988年から現在も不動のメンバーで活動し続けるメロディック パワーポップバンド『DOUBLE BOGYS』、1981年に結成、ブリティッシュビートを核に現在に至るまで数々のLIVE、リリースを精力的に行い、本作の仕掛け人でもあるTAMAI率いる『THE RUDEBOYS』、2017年MAD GANGの西川を母体に元GARLICBOYS、元RUDEBOYSのメンバーで結成された『THE BEATGANG』の4バンド全12曲を収録!
収録バンド / 収録曲 ■THE INDEX:1. 迷宮の十字路 2. STRANGERS 3. Which Brings Luck? ■DOUBLE BOGYS:4. FLIP SIDE 5. I'm not you are 6. I'LL NEVER KILL YOU ■THE RUDEBOYS:7. BRIGHT LIGHT IN THE CITY 8. 遥かなる道 9. FORCE ■THE BEAT GANG:10. PLEASE BACK TO ME 11. 七つの梅へ 12. MAGIC SUN
FORWARDFUTURE TROOPS2300円CD・日本が世界に誇るBURNING SPIRITS HARDCOREの代名詞「FORWARD」が放つ最新作アルバム!
2018年11月に敢行される25本に及ぶタイトなUSツアー用に制作された10曲収録のLPと2曲収録のEPが一つとなり、日本盤12曲収録CDとしてリリース!
結成より22年の歳月を経て表現方法が更に広がり、2018年型のBURNING SPIRITS HARDCOREを提示。
メンバーそれぞれの個性が引き立たされながらも、一個小隊としての繋がりは一層強固なものとして全ての核となっている。 その音像に乗る辛辣なメッセージは現代社会の歪みがそうさせたものであろう。
これがHARDCORE PUNKがHARDCORE PUNKである為の正しい形であるのだと痛感させられる。
そしてこの作品が生み出された混沌とした平成の終わりが、前向きな一歩を踏み出す契機になる事を心から願うばかりだ。
収録曲:01.Apathy Kills People 02.A.C.A.B 03.Must Be Mad 04.Hatred Union 05.Nasty Justice 06.True Freedom 07.Piece Of Peace 08.Mother Fucker Japan 09.Our World Our Own 10.Tokyo Olympic 11.In The Chaos 12.Future Troops
FUCKERきなこ オン ザ ライス1500円CD※現在在庫切れです※
・ 1000%日常より紡ぎ出されたリアル・パンチラインの数々、そして共生への希望を乗せた全11曲!
ゲストミュージシャンに鮎子、レコーディングエンジニアに旧友、荒金康祐を迎え、自身のキャリアを総括するオリジナルローファイサウンドを完成させている。映画『MOTHER FUCKER』のスピンオフとも言える生活感全開の問題作!!ここに誕生!!!
【収録曲】
1. ポリスステーション・ブギ
2. サイコキラー77歳
3. きなこ オン ザ ライス
4. 更生&ハイ
5. FUCKER イン トイレット
6. 変わり者の家
7. スカム維持
8. FUCKERの誕生日
9. ベターライフ
10. 鮎子とFUCKERのムーンライト・ソナタ
11. 共生社会を実現させる歌 (ライブ)
【FUCKER profile】
20数年に渡り、日本のアンダーグラウンド・シーンを切り拓き続けてきているレーベル、Less Than TV。そのレーベル・オーナーとして、数々の素晴らしいバンドたちを送り出してきただけではなく、自らもU.G MANやGOD’S GUTS、we are the world、younGSounds、idea of a joke等のバンドで活躍してきた男、谷ぐち順。フォーク・シンガー"FUCKER"となって数年、自らの私生活をさらけ出しながら、日々の喜怒哀楽を時にファニーに、時にシリアスに、そしてハードコア・パンクスとしてのラディカルさと、ポリティカルなメッセージを込めて歌う姿は、唯一無二以外の何者でも無い。
現在はDEATHROのサポートメンバーやLimited Express (has gone?)でも活動。
SUICIDAL TENDENCIESSTILL CYCO PUNK AFTER ALL THESE YEARS3900円LP※在庫切れです※
・結成から35年以上を経た現在でも勢力的に活動を続ける「SUICIDAL TENDENCIES」 Dave Lombardo(元Slayer)加入後の2016年アルバムリリース後、2017年には新木場Studio Coast、2018 年4月には幕張メッセのVans Warped Tour Japan 2018等、第一線で勢力的に活動している彼等のニューアルバム!! 本作はフロント・マンMike "Cyco Miko" Muirが1995年にリリースした1stソロアルバム『Lost My Brain! (Once Again)』をリメイク。Mike Muirのルーツであり元々の音楽的影響であるPUNK/HARDCOREを煎じ詰めた1枚。 「Dave LombardoがSuicidal Tendenciesにいる今、Suicidal Tendenciesのレトロではないモダンなサイコ・パンク・レコードとして、このアルバムはリリースされなくてはならない。何年もの間、俺はこのアルバムの曲が好きだった。おそらく、30才であった当時より、今のほうが俺はこのアルバムの曲が好きだ。そして皮肉なことに、 Suicidal Tendenciesの作品ではなかったアルバムが俺をよりSuicidal Tendenciesにした」とMike Muirは語る。 尚、2018年7月にJeff Poganが脱退、今後のライヴは2017年に解散したThe Dillinger Escape Planのギタリスト、Ben Weinmanが参加することとなった。
WORLDWORLD2000円CD※在庫切れです※
・90年代大阪グラインドシーン(GRIND OSAKA)を中心に存在を示し、今なお語り継がれるノイズグラインドバンド"WORLD"初の音源編集盤!
代表的なリリース作である"Why Who What"(1st solo EP /1995)、"Why Nobody Understand"(Split EP w/YesMeansYes /1997)、"SPACE"(2nd solo EP /1998)、"NEW WORLD"(Split EP w/Cripple Bastards /1999)の他、"DEMO 1995"(cassette / 1995) そして"Snarl Out 7" Compilation"(EP/1997)、"V.A.19.1.17.5.46"(Cassette/1995)、"V.A.PAINKILLER PRESENTS 2000 OSAKA WAR"(CD/2000)参加トラックを収録。
原浩一氏による全曲リマスタリング、メンバー監修の16頁ブックレット封入。デビューから20年を越え未だフォロワーの発生すら許さない特異かつ孤高のパンク・バンドの悪意の結晶、今ここに甦る!
ENDONBoy Meets Girl2000円CD・BLACK TERRORという新たな共振振動を起こしたBLACK SMOKERとDJ NOBUがキュレーションするNEWプロジェクト第1弾はエクストリーム・ミュージックの決定的な更新を目論む東京のクインテット、ENDON! アートワークは河村康輔氏!
過去に数多試みられた転化・拡張・融合とは異なる方法論を用い、粒子に粉砕されたロックの聖骸=ノイズを陶酔的衝動の下に結晶化・リヴァイヴァル(再臨)させ、喇叭を吹かんと目論む東京のクインテットENDON。その新たな研究報告書は2017年次の報告以上に簡潔な単語の組み合わせで記されているが、文脈が文字通り脈動しているとすれば心拍の計測には非常な困難が伴う。原初のブルーズを敬愛する宮部幸宜のギターは名手を隠さず、愛甲太郎、那倉悦生のエレクトロニクス、サンプルワークはケネス・アンガーや晩年のデレク・ジャーマンを思わせる。横田慎のドラムに至っては、軽やかなイーヴンキックをも聴かせてしまう。総じて表面的には(Link Wray、MC5、HAWKWIND、THE DAMNEDからANTI CIMEX、BLACK FLAG、NURSE WITH WOUND、 John Carpenterまで内包した、現時点においての)トラッドですらあると言えよう。そこへ、ヴォーカライゼーションの行き過ぎた抽象化でENDONという計画の意味性を担ってきた那倉太一の声が、言語の獲得によって 事態をさらにややこしくしている。もはやロックバンドの“フォーム”ではなく、ロックバンドそのものが実体化されてしまう。それはある種ENDONにとってのアイデンティティ・クライシスだろう。同時に、誰しもの琴線に触れる可能性でもある。だがENDONはスティル・サイコだ。この不穏なサウンド・ノワールは決して貴方のために書かれてはいないが、情報量でクロックアップした気になっている貴方のハート印の脳を確実にオーヴァーロードさせる。新人類よ永遠なれ、と呟く日へのカウントを進めるに違いない。(久保田千史)
■ENDONを今、聴き終えて、私は陶酔してハッピーである。ENDONの新譜を聴く栄誉、それはノイズ、グラ インド、フリー、スラッジ、ブラスト・ビート、コミック・ジャズ、インダストリアルまで往来するフュー ジョンである。時として私は90年代に居るかの様に思えたが、同じトラックの中に全てがある!全く持って イカレたスピーカー・シュレッダーだ!!!そしてヤング・ゴッズの1st LP以来の最高の教会の鐘の音だ! !!それは東洋文明の衰退である。ーラッセル・ハズウェルー
SUICIDAL TENDENCIESSTILL CYCO PUNK AFTER ALL THESE YEARS (国内仕様盤CD)2100円CD・結成から35年以上を経た現在でも勢力的に活動を続ける「SUICIDAL TENDENCIES」
Dave Lombardo(元Slayer)加入後の2016年アルバムリリース後、2017年には新木場Studio Coast、2018 年4月には幕張メッセのVans Warped Tour Japan 2018等、第一線で勢力的に活動している彼等のニューアルバム!!
本作はフロント・マンMike "Cyco Miko" Muirが1995年にリリースした1stソロアルバム『Lost My Brain! (Once Again)』をリメイク。Mike Muirのルーツであり元々の音楽的影響であるPUNK/HARDCOREを煎じ詰めた1枚。
「Dave LombardoがSuicidal Tendenciesにいる今、Suicidal Tendenciesのレトロではないモダンなサイコ・パンク・レコードとして、このアルバムはリリースされなくてはならない。何年もの間、俺はこのアルバムの曲が好きだった。おそらく、30才であった当時より、今のほうが俺はこのアルバムの曲が好きだ。そして皮肉なことに、 Suicidal Tendenciesの作品ではなかったアルバムが俺をよりSuicidal Tendenciesにした」とMike Muirは語る。
尚、2018年7月にJeff Poganが脱退、今後のライヴは2017年に解散したThe Dillinger Escape Planのギタリスト、Ben Weinmanが参加することとなった。
国内盤仕様帯付き
THE REDEMPTIONALL TOGETHER / BRAVE NEW WORLD926円CD・今年2018年10周年を迎える、KEMURIのベーシストTSUDA君率いる「THE REDEMPTION」の会場限定販売CD「ALL TOGETHER / BRAVE NEW WORLD」を、バンドのご厚意でMISERY店舗で販売させてもらいます!
レゲエ、ダブ色のみならず70's UK PUNKやNWの空気感も取り込んだTHE REDEMPTIONならではの最高SKAサウンド!!
2015年発表のこの作品はLIVEでもおなじみのナンバー2曲と、DUB MIXバージョンを収録の全4曲!!
収録曲:1. ALL TOGETHER 2. BRAVE NEW WORLD 3. ALL TOGETHER DUB (HAJIME MIX) 4. BRAVE NEW WORLD DUB (HAJIME MIX)
SEDITION EARTH BEAT LP Tee(WHITE)※SOLD OUT※4500円Tシャツ※SOLD OUT※
■COLOR : WHITE x BLACK
■MATERIAL : COTTON 100%
= SIZE SPEC ( cm ) / BODY : United Athle 5001-01 = 
○ S : 着丈 65 / 身幅 49 / 肩幅 42 / 袖丈 19※在庫切れです※
○ M : 着丈 69 / 身幅 52 / 肩幅 46 / 袖丈 20※在庫切れです※
○ L : 着丈 73 / 身幅 55 / 肩幅 50 / 袖丈 22※在庫切れです※
○ X : 着丈 77 / 身幅 58 / 肩幅 54 / 袖丈 24※在庫切れです※
○XXL: 着丈 81 / 身幅 63 / 肩幅 57 / 袖丈 25※在庫切れです※
○XXXL: 着丈 84 / 身幅 68 / 肩幅 60 / 袖丈 26※在庫切れです※
★ ライナーノーツ / TEXT by BUNTA ( PUNK TRIBE ) ★
2019年1月にJapanツアーを予定しているSedtion(スコットランド)の来日記念" Sedition x Punk Tribe " コラボレーション企画の第二弾。
1993年にFlat Earth Records(UK)よりリリースされたEarth Beat LPのジャケットの表裏のデザイン。
このレコードは初回プレス1000枚は麻袋にシルクスクリーンでプリントした仕様、それ以降の3500枚は紙ジャケットでFlat EarthRecords(UK)と Nabate Record(Belgin)による共同リリース。
歌詞とアートワークが掲載された36ページブックレットが付いていました。
当時SeditionのメンバーはGlasgowを拠点にハウスシェアしたり近所に住みヨーロッパへツアーへ一緒に行ったり大きな家族のように共同生活をしており、その中にアーティストの友達が数人居てアートワークを提供しました。
このデザインはDominic Reganが描いたもので、現在彼は30年ほどカートゥーンアーティストとして国際的に活動しています。
第一弾でも同デザインのロングスリーブTシャツとプルオーバーパーカーをリリースしましたが、今回はプリントが前回より大きいレコードジャケットサイズになり、Sedition x Punk Tribeのタグが襟元に付けられています。

Seditionの音楽を初めて聞いた時の衝撃を今でも覚えている。
あれは大須にあったパンクショップ ”Great Rock’n’Roll Swindle”が旧ELLのビルの二階にあった頃、 Takeshi(ex, CFDL)君が現地でヨーロッパの小さなレーベルの音源などを買い付け直輸入して店頭で販売していた。
そんなある日、当時連んでいたマッコイさんとスウィンドルに行き商品を物色していたら、 民族的なリズムとノイジーなハードコアサウンドに荒々しく絶叫するボーカル。
それまで聞いたことのないハードコアスタイルに衝撃を受けた自分は、すぐさま店員さんに誰なのかを尋ねた。
SeditionというスコットランドのケルトコアのバンドでSplit LP with Pink Turds In The Spaceだよと教えてもらった。
その日以来のSeditionのファンという事なので25年くらい彼らを追っかけているような感じだ。
Sedition解散後にボーカルのAngusとギターのBillyはScathaというバンドを結成し、よりヘビーなケルトコアを表現していた。
その頃、AngusはCaledon B.C.というTシャツレーベルを運営していて名古屋ではAnswer Recordsで販売されていた。
彼らが表現してきたバンド、アートワークやメッセージなどはPunk Tribeを始めるにあたり最も触発された物の一つであり、 今回のSeditionとの共同リリースも今まで自分が信じ続けてきたPunk Tribeでの活動の結果として、これに勝るものはない素晴らしい出来事である。
昨年地元の古くからの仲間 Reality CrisisがUKツアーをする事になり、通訳として同行する事になった。
しかもSeditionとBratakusの3バンドで3公演(London, Bradford & Shefield)。
現地で初めて対面した彼らはすごく親しみやすく、持参したPunk Tribe製のSeditionグッズもとても気に入って貰えた。
3公演を大盛況で終え、3バンドで次回は日本での再会を約束して別れた。
◾️Sedition Brakakus Japan tour 2019 with Reality Crisis◾️
12th Jan Sat @ Earthdom Tokyo
13th Jan Sun @ El Pulente Yokohama
14th Jan Mon @ Red Dragon Nagoya
SEDITION EARTH BEAT LP Tee(KAHKI) ※在庫切れです※4500円Tシャツ※在庫切れです※
※ご注文の際には「コメント欄」にてご希望サイズをご指定くださいませ。
■COLOR :KAHKI x BLACK
■MATERIAL : COTTON 100%
SIZE SPEC ( cm ) / BODY : United Athle 5001-01 = 
○S : 着丈 65 / 身幅 49 / 肩幅 42 / 袖丈 19※在庫切れです※
○M : 着丈 69 / 身幅 52 / 肩幅 46 / 袖丈 20※在庫切れです※
○L : 着丈 73 / 身幅 55 / 肩幅 50 / 袖丈 22※在庫切れです※
○XL : 着丈 77 / 身幅 58 / 肩幅 54 / 袖丈 24※在庫切れです※
○XXL: 着丈 81 / 身幅 63 / 肩幅 57 / 袖丈 25※在庫切れです※
○XXXL : 着丈 84 / 身幅 68 / 肩幅 60 / 袖丈 26※在庫切れです※

★ ライナーノーツ / TEXT by BUNTA ( PUNK TRIBE ) ★
2019年1月にJapanツアーを予定しているSedtion(スコットランド)の来日記念" Sedition x Punk Tribe " コラボレーション企画の第二弾。
1993年にFlat Earth Records(UK)よりリリースされたEarth Beat LPのジャケットの表裏のデザイン。
このレコードは初回プレス1000枚は麻袋にシルクスクリーンでプリントした仕様、それ以降の3500枚は紙ジャケットでFlat EarthRecords(UK)と Nabate Record(Belgin)による共同リリース。
歌詞とアートワークが掲載された36ページブックレットが付いていました。
当時SeditionのメンバーはGlasgowを拠点にハウスシェアしたり近所に住みヨーロッパへツアーへ一緒に行ったり大きな家族のように共同生活をしており、その中にアーティストの友達が数人居てアートワークを提供しました。
このデザインはDominic Reganが描いたもので、現在彼は30年ほどカートゥーンアーティストとして国際的に活動しています。
第一弾でも同デザインのロングスリーブTシャツとプルオーバーパーカーをリリースしましたが、今回はプリントが前回より大きいレコードジャケットサイズになり、Sedition x Punk Tribeのタグが襟元に付けられています。

Seditionの音楽を初めて聞いた時の衝撃を今でも覚えている。
あれは大須にあったパンクショップ ”Great Rock’n’Roll Swindle”が旧ELLのビルの二階にあった頃、 Takeshi(ex, CFDL)君が現地でヨーロッパの小さなレーベルの音源などを買い付け直輸入して店頭で販売していた。
そんなある日、当時連んでいたマッコイさんとスウィンドルに行き商品を物色していたら、 民族的なリズムとノイジーなハードコアサウンドに荒々しく絶叫するボーカル。
それまで聞いたことのないハードコアスタイルに衝撃を受けた自分は、すぐさま店員さんに誰なのかを尋ねた。
SeditionというスコットランドのケルトコアのバンドでSplit LP with Pink Turds In The Spaceだよと教えてもらった。
その日以来のSeditionのファンという事なので25年くらい彼らを追っかけているような感じだ。
Sedition解散後にボーカルのAngusとギターのBillyはScathaというバンドを結成し、よりヘビーなケルトコアを表現していた。
その頃、AngusはCaledon B.C.というTシャツレーベルを運営していて名古屋ではAnswer Recordsで販売されていた。
彼らが表現してきたバンド、アートワークやメッセージなどはPunk Tribeを始めるにあたり最も触発された物の一つであり、 今回のSeditionとの共同リリースも今まで自分が信じ続けてきたPunk Tribeでの活動の結果として、これに勝るものはない素晴らしい出来事である。
昨年地元の古くからの仲間 Reality CrisisがUKツアーをする事になり、通訳として同行する事になった。
しかもSeditionとBratakusの3バンドで3公演(London, Bradford & Shefield)。
現地で初めて対面した彼らはすごく親しみやすく、持参したPunk Tribe製のSeditionグッズもとても気に入って貰えた。
3公演を大盛況で終え、3バンドで次回は日本での再会を約束して別れた。
◾️Sedition Brakakus Japan tour 2019 with Reality Crisis◾️
12th Jan Sat @ Earthdom Tokyo
13th Jan Sun @ El Pulente Yokohama
14th Jan Mon @ Red Dragon Nagoya
SEDITION EARTH BEAT LP Tee(BLACK)4500円Tシャツ※SOLD OUT※
■COLOR : BLACK x WHITE
■MATERIAL : COTTON 100%
= SIZE SPEC ( cm ) / BODY : United Athle 5001-01 = 
○ S : 着丈 65 / 身幅 49 / 肩幅 42 / 袖丈 19※在庫切れです※
○ M : 着丈 69 / 身幅 52 / 肩幅 46 / 袖丈 20※在庫切れです※
○ L : 着丈 73 / 身幅 55 / 肩幅 50 / 袖丈 22※在庫切れです※
○ XL : 着丈 77 / 身幅 58 / 肩幅 54 / 袖丈 24※在庫切れです※
○ XXL : 着丈 81 / 身幅 63 / 肩幅 57 / 袖丈 25※在庫切れです※
○ XXXL : 着丈 84 / 身幅 68 / 肩幅 60 / 袖丈 26※在庫切れです※

★ ライナーノーツ / TEXT by BUNTA ( PUNK TRIBE ) ★
2019年1月にJapanツアーを予定しているSedtion(スコットランド)の来日記念" Sedition x Punk Tribe " コラボレーション企画の第二弾。
1993年にFlat Earth Records(UK)よりリリースされたEarth Beat LPのジャケットの表裏のデザイン。
このレコードは初回プレス1000枚は麻袋にシルクスクリーンでプリントした仕様、それ以降の3500枚は紙ジャケットでFlat EarthRecords(UK)と Nabate Record(Belgin)による共同リリース。
歌詞とアートワークが掲載された36ページブックレットが付いていました。
当時SeditionのメンバーはGlasgowを拠点にハウスシェアしたり近所に住みヨーロッパへツアーへ一緒に行ったり大きな家族のように共同生活をしており、その中にアーティストの友達が数人居てアートワークを提供しました。
このデザインはDominic Reganが描いたもので、現在彼は30年ほどカートゥーンアーティストとして国際的に活動しています。
第一弾でも同デザインのロングスリーブTシャツとプルオーバーパーカーをリリースしましたが、今回はプリントが前回より大きいレコードジャケットサイズになり、Sedition x Punk Tribeのタグが襟元に付けられています。

Seditionの音楽を初めて聞いた時の衝撃を今でも覚えている。
あれは大須にあったパンクショップ ”Great Rock’n’Roll Swindle”が旧ELLのビルの二階にあった頃、 Takeshi(ex, CFDL)君が現地でヨーロッパの小さなレーベルの音源などを買い付け直輸入して店頭で販売していた。
そんなある日、当時連んでいたマッコイさんとスウィンドルに行き商品を物色していたら、 民族的なリズムとノイジーなハードコアサウンドに荒々しく絶叫するボーカル。
それまで聞いたことのないハードコアスタイルに衝撃を受けた自分は、すぐさま店員さんに誰なのかを尋ねた。
SeditionというスコットランドのケルトコアのバンドでSplit LP with Pink Turds In The Spaceだよと教えてもらった。
その日以来のSeditionのファンという事なので25年くらい彼らを追っかけているような感じだ。
Sedition解散後にボーカルのAngusとギターのBillyはScathaというバンドを結成し、よりヘビーなケルトコアを表現していた。
その頃、AngusはCaledon B.C.というTシャツレーベルを運営していて名古屋ではAnswer Recordsで販売されていた。
彼らが表現してきたバンド、アートワークやメッセージなどはPunk Tribeを始めるにあたり最も触発された物の一つであり、 今回のSeditionとの共同リリースも今まで自分が信じ続けてきたPunk Tribeでの活動の結果として、これに勝るものはない素晴らしい出来事である。
昨年地元の古くからの仲間 Reality CrisisがUKツアーをする事になり、通訳として同行する事になった。
しかもSeditionとBratakusの3バンドで3公演(London, Bradford & Shefield)。
現地で初めて対面した彼らはすごく親しみやすく、持参したPunk Tribe製のSeditionグッズもとても気に入って貰えた。
3公演を大盛況で終え、3バンドで次回は日本での再会を約束して別れた。
◾️Sedition Brakakus Japan tour 2019 with Reality Crisis◾️
12th Jan Sat @ Earthdom Tokyo
13th Jan Sun @ El Pulente Yokohama
14th Jan Mon @ Red Dragon Nagoya
岡林信康森羅十二象4500 円2LP※在庫切れです※
・岡林信康 デビュー50周年記念アルバム 『森羅十二象』2枚組限定アナログ盤!
1968年に「山谷ブルース」でデビューした岡林信康。
自作自演の弾き語りスタイルで“フォークの神様”と呼ばれ脚光を浴び、その後ははっぴいえんどとロックに挑み、都会から離れた山村での生活を通して生まれた演歌風作品が美空ひばりに取り上げられるなど、以降も歌謡ポップス、テクノ、エンヤトットと様々なジャンルに挑み続けた。
2018年デビュー50周年記念に相応しいベストな内容のセルフ・カバー・アルバムをリリース!
山下洋輔、矢野顕子、坂崎幸之助、サンボマスター、京都フィルハーモニー室内合奏団といったジャンルを超越した様々な分野の豪華ゲストを迎え、その50年の歩みを振り返る全12曲。
収録曲:
(Disc 1)1虹の舟唄 (京都フィルハーモニー室内合奏団) 2ミッドナイト・トレイン (京都フィルハーモニー室内合奏団) 3モンゴル草原 (京都フィルハーモニー室内合奏団) 426ばんめの秋 (坂崎幸之助) 5さよならひとつ (坂崎幸之助) 6チューリップのアップリケ (矢野顕子) 7君に捧げるラブ・ソング (矢野顕子)
(Disc 2)1今日をこえて (サンボマスター) 2それで自由になったのかい (サンボマスター) 3自由への長い旅(山下洋輔 坂井紅介 本田珠也 類家心平) 4山谷ブルース(山下洋輔 坂井紅介 本田珠也) 5山辺に向いて(山下洋輔 坂井紅介 本田珠也)
BollocksNo.0391000円BOOK■表紙・対談:
yasuo.s(雷矢)× 細美武士(the HIATUS / MONOEYES / ELLEGARDEN / the LOW-ATUS)
■インタヴュー:
亜無亜危異
locofrank
NICKEY & THE WARRIORS
KOZZY MACK
THE RUMJACKS
THE DISASTER POINTS
THE 69YOBSTERS
MUTANT MONSTER
JENNY WOO
ANTAGONISTA
MILLION STEPS
舞士
STEP LIGHTLY / THRH
Luv-Enders
NEVER AGAIN
ABNORMALS
BRASTERS
SHIMA
■企画/レポート:
P.i.Lライブレポート
ニューロティカ "Way to 2000" Zepp Tokyo直前インタビュー
THE CHINA WIFE MOTORS USツアーレポート
PUNK LIVES! FESTIVAL 2018ライブレポート
V/A『NORTH ISLAND STOMP』
■カラー連載:
叛逆者解体新書 〜J-OHNO(THE RYDERS)〜
WE ARE HAPPY FAMILY 〜KO(SLANG)〜
石坂マサヨ(ロリータ18号)の『突撃!!! 隣のパンク飯!!!』
アツシ(ニューロティカ)『居酒屋あっちゃんロック迷鑑』
The Arms of PLAYERS 〜SHINJIN(ANGER FLARES)〜
■連載:
景山潤一郎(THE PRISONER)の『君よ!キョロキョロするなよ!』
ISHIYA(FORWARD)の『俺を生かす力~ハードコアアンダーワールド~』
ONOCHING(JET BOYS/オナニーマシーン)『クレイ爺ダイアリー』
ゾニー(KING BROTHERS)の『最後は爆破オチ』
SET YOU FREE MEETiNG
桂歌蔵『江戸ヴィシャス
柳家睦の『運命なんかに負けてたまるか!』
夜桜極蔵の『パンクで死ね!!』
丹波鉄心の爆音劇場
DISC REVIEW
KAPPUNK & DISORDERLY
詩人三代目魚武濱田成夫詩連載
■グラビア:
JOHNNY MARR
UNICORN
eastern youth
THE BIRTHDAY
OLEDICKFOGGY
柳家睦とラットボーンズ
BRAHMAN
SPIKE
怒髪天
bloodthirsty butchers
THE STREET BEATS
DISORDERVIVA EL SQUATO CD1852円CD・「2018年10月、再び日本を襲来!」
”DISORDER”前回の2015年日本ツアーから英国に帰国後に録音した最新アルバム「VIVA EL SQUATO」!
更に、日本にはほとんど出回っていないであろう既存名曲を同時期にツアー時のメンバーで再録音した「HUMAN CARGO」アルバムと「Euthanasia #2」コンピレーション参加曲をボーナストラックとしてリマスター収録!
ボーナストラックを超越したボリュームのある内容となり、最新アルバム含め今回のツアーでも演奏されるであろう。
全てのアートワークや文字をDISORDERたふ(TAF)と打合わせ、PCのフォント使用を中止し、すべて手描きを採用したアートワークも大注目!
これまでの作品にはなかった、全編たふ=DISORDERの世界観をサウンドと共に強烈にアプローチ!
「日本特別編集盤」として、満を期して完成!
帯・歌詞付・日本製・限定500枚。
‐DISORDER JAPAN TOUR 2018‐
KAPPUNK & STRONG MIND JAPAN Presents
10/6(土) 新大久保アースダム(Kappunk)
10/7(日) 新宿LOFT、新宿アシベホール(Kappunk)
10/8(月・祝) 新宿LOFT、新宿アシベホール(Kappunk)
10/10(水) 名古屋レッドドラゴン
10/11(木) 神戸KINGSX
10/12(金) 高知CHAOTIC NOISE
10/13(土) 広島スパイダー
10/14(日) 福岡キースフラック
THOUGHT CONTROL POP ALLERGY CD1852円CD・「これがノイズコアだ!難聴必至のイギリス・ブリストル〜九州直系ノイズコア!」
その活動歴は長く、オリジナルメンバーのDAISUKEに現在は「C」「STAGNATION」「THE TITS」のメンバーがバックを支える。
2015年DISORDER日本ツアーの東京編、超限定で無料配布した「LIFE DISORDER(ISTERISMO、PISTOL JOKE CHAOS CHANNES、STAGATION、THOUGHT CONTROLのDISORDERカバー。」コンピレーション)」CDに参加(現在廃盤)。
ノイズコアの先駆者であるSTAGNATIONアズサがメンバーで参加し、ダイスケのヴォーカルも荒れ狂いバックもノイズまみれ。
これまでにも増して、強烈な「FULL VOLUME NOISE」を展開。
現在の非常に良い状態で録音された、初の単独アルバムが遂に完成!
9/22レコ発、そして今回もDISORDER JAPAN TOUR 2018の広島・福岡に出演が決定!
帯・歌詞付・日本製・限定300枚
2018.9/22(土) THOUGHT CONTROL レコ発 at 早稲田ZONE B
2018.10.13(土) -DISORDER JAPAN TOUR 2018- at 広島スパイダー DISORDER / THOUGHT CONTROL / ASPHALT /and MORE...
2018.10.14(日) -DISORDER JAPAN TOUR 2018- at 福岡キースフラック DISORDER / THOUGHT CONTROL /SOUL CRAFT /惡AI意 /End Of Pollution /KUOLEVA
トータル件数:19013件前の20件1221-1240次の20件

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 32 33 34 35 36 37 38 39 40 41 42 43 44 45 46 47 48 49 50 51 52 53 54 55 56 57 58 59 60 61 62 63 64 65 66 67 68 69 70 71 72 73 74 75 76 77 78 79 80 81 82 83 84 85 86 87 88 89 90 91 92 93 94 95 96 97 98 99 100 101 102 103 104 105 106 107 108 109 110 111 112 113 114 115 116 117 118 119 120 121 122 123 124 125 126 127 128 129 130 131 132 133 134 135 136 137 138 139 140 141 142 143 144 145 146 147 148 149 150 151 152 153 154 155 156 157 158 159 160 161 162 163 164 165 166 167 168 169 170 171 172 173 174 175 176 177 178 179 180 181 182 183 184 185 186 187 188 189 190 191 192 193 194 195 196 197 198 199 200 201 202 203 204 205 206 207 208 209 210 211 212 213 214 215 216 217 218 219 220 221 222 223 224 225 226 227 228 229 230 231 232 233 234 235 236 237 238 239 240 241 242 243 244 245 246 247 248 249 250 251 252 253 254 255 256 257 258 259 260 261 262 263 264 265 266 267 268 269 270 271 272 273 274 275 276 277 278 279 280 281 282 283 284 285 286 287 288 289 290 291 292 293 294 295 296 297 298 299 300 301 302 303 304 305 306 307 308 309 310 311 312 313 314 315 316 317 318 319 320 321 322 323 324 325 326 327 328 329 330 331 332 333 334 335 336 337 338 339 340 341 342 343 344 345 346 347 348 349 350 351 352 353 354 355 356 357 358 359 360 361 362 363 364 365 366 367 368 369 370 371 372 373 374 375 376 377 378 379 380 381 382 383 384 385 386 387 388 389 390 391 392 393 394 395 396 397 398 399 400 401 402 403 404 405 406 407 408 409 410 411 412 413 414 415 416 417 418 419 420 421 422 423 424 425 426 427 428 429 430 431 432 433 434 435 436 437 438 439 440 441 442 443 444 445 446 447 448 449 450 451 452 453 454 455 456 457 458 459 460 461 462 463 464 465 466 467 468 469 470 471 472 473 474 475 476 477 478 479 480 481 482 483 484 485 486 487 488 489 490 491 492 493 494 495 496 497 498 499 500 501 502 503 504 505 506 507 508 509 510 511 512 513 514 515 516 517 518 519 520 521 522 523 524 525 526 527 528 529 530 531 532 533 534 535 536 537 538 539 540 541 542 543 544 545 546 547 548 549 550 551 552 553 554 555 556 557 558 559 560 561 562 563 564 565 566 567 568 569 570 571 572 573 574 575 576 577 578 579 580 581 582 583 584 585 586 587 588 589 590 591 592 593 594 595 596 597 598 599 600 601 602 603 604 605 606 607 608 609 610 611 612 613 614 615 616 617 618 619 620 621 622 623 624 625 626 627 628 629 630 631 632 633 634 635 636 637 638 639 640 641 642 643 644 645 646 647 648 649 650 651 652 653 654 655 656 657 658 659 660 661 662 663 664 665 666 667 668 669 670 671 672 673 674 675 676 677 678 679 680 681 682 683 684 685 686 687 688 689 690 691 692 693 694 695 696 697 698 699 700 701 702 703 704 705 706 707 708 709 710 711 712 713 714 715 716 717 718 719 720 721 722 723 724 725 726 727 728 729 730 731 732 733 734 735 736 737 738 739 740 741 742 743 744 745 746 747 748 749 750 751 752 753 754 755 756 757 758 759 760 761 762 763 764 765 766 767 768 769 770 771 772 773 774 775 776 777 778 779 780 781 782 783 784 785 786 787 788 789 790 791 792 793 794 795 796 797 798 799 800 801 802 803 804 805 806 807 808 809 810 811 812 813 814 815 816 817 818 819 820 821 822 823 824 825 826 827 828 829 830 831 832 833 834 835 836 837 838 839 840 841 842 843 844 845 846 847 848 849 850 851 852 853 854 855 856 857 858 859 860 861 862 863 864 865 866 867 868 869 870 871 872 873 874 875 876 877 878 879 880 881 882 883 884 885 886 887 888 889 890 891 892 893 894 895 896 897 898 899 900 901 902 903 904 905 906 907 908 909 910 911 912 913 914 915 916 917 918 919 920 921 922 923 924 925 926 927 928 929 930 931 932 933 934 935 936 937 938 939 940 941 942 943 944 945 946 947 948 949 950 951